新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト

森忠明さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

森忠明さんの作品のみんなの声

  • 絵は美しいのですが

    とても美しい「安寿と厨子王」です。 ただ、文字が絵に埋もれてしまって、読みづらいことが致命的です。 読み聞かせだけでなく、一人読みにしても、文字を探すために本の角度を何度も変えました。 ところで・・・続きを読む

  • 子供のころに

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    まだ小学生のころに、私より下の子たちが劇をしていた覚えがあるので、もっと簡単な話かと思っていたら、なんと難しい話であることか・・・ ちょっと衝撃を受けました。 だまされて、親子が引き離され、ひどい・・・続きを読む

  • この物語の時代は…?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    出版元が面白いですね。 「京の絵本」刊行委員会というところが出しています。 後半の舞台が京都だったからでしょうか? 解説を読むとこのお話は、中世期末期頃に成立した物語だそうです。 上の子と「こ・・・続きを読む

  • 一度は読んで欲しい

    誰もがたぶん名前くらいは聞いたことのある本なので、買わなくても、ぜひ一度は読んで欲しいです。 安寿と厨子王の姉弟は、母と一緒に逃げ延びる途中、悪い人攫いにつかまり、母が二人を引き離さないで、と泣・・・続きを読む

  • やはり名作

    かの有名な「安寿と厨子王」の絵本です。 『京の絵本シリーズ』だけあって、絵も和風の雰囲気です。 ストーリーはわかっていても、 読む度に安寿と厨子王の様子は涙を誘い、 最後の母親の姿は胸を打・・・続きを読む


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット