虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

アーノルド・ローベル(あーのるどろーべる)

アーノルド・ローベル(あーのるどろーべる)

1933年アメリカ ロサンゼルス生まれ。病気がちで不幸な少年時代を過ごし、高校卒業後ブルックリンの「プラット・インスティテュート」に入学。ここで本のイラストレーションを学びます。ポーランド生まれのアニタ・ローベルと出会って結婚。彼女も絵本作家で、ローベルが文、彼女が作画を担当した絵本『わたしの庭のバラの花』なども出版されています。「ふたりはともだち」でコルデコット賞次賞と全米図書賞、「ふたりはいっしょ」でニューベリー賞、「どうぶつものがたり」でコルデコット賞を受賞している20世紀アメリカを代表する絵本作家の一人です。他に「ふくろうくん」「おはなしばんざい」(以上文化出版局刊)など。1987年ニューヨークの病院で他界、リンカーンセンターで追悼の会が行われました。

関連する著者

アーノルド・ローベル(あーのるどろーべる)さんの作品ピックアップ

  • ふたりはともだち ふたりはともだち 作:アーノルド・ローベル
    訳:三木 卓
    出版社:文化出版局
    本体価格:¥950+税
    ISBN:9784579402472
    ローベルといったらまずはこの1冊!がまくんとかえるくんのお話です。中でも「おてがみ」は小学校の教科書にも採用されています。ふたりの飾らない、自然で素直なやりとり(子供ならでは)が面白く、その上にすっと心に染み込むほんのちょっとしたお互いへの思いやり。この加減が絶妙。大人になった今だからこそ、何度でも読み返したくなる名作です。
  • どろんこ こぶた どろんこ こぶた 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:岸田 衿子
    出版社:文化出版局
    本体価格:¥950+税
    ISBN:9784579402434
    こぶたくんはどろんこが大好きな訳だけど、その至福な時の表情を見ていると、ローベルって何でそんなに子供の心がわかるの?なんて思っちゃう。最初はそれがわからないおじさんとおばさんですが、ちゃんと愛されている事がわかる展開がいいですね。「ずずずーっ」と沈むこぶたくんの姿に誰もが笑ってしまいます。
  • ふくろうくん ふくろうくん 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:三木 卓
    出版社:文化出版局
    本体価格:¥950+税
    ISBN:9784579402557
    ふくろうくんの考える世界はいつだってちょっと詩的で哲学的。「ドアから冬が入って」着たり、友だちになったお月様に語り続けたり・・・。傑作は「なみだでいれたお茶」。この発想!渋いふくろうくんですが、実は無邪気な子供にしか考えつかない事ばかりだったりして。この絶妙なバランスがローベルの魅力ですね。
  • いろいろへんないろのはじまり いろいろへんないろのはじまり 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:まきたまつこ
    出版社:冨山房
    本体価格:¥1,600+税
    ISBN:9784572002051
    いろいろへんないろのはじまりの試し読みができます!
    ずっと昔、色というものはありませんでした・・・で始まるこのお話。その出だしだけで、ぐっと惹き付けられます。「青色のとき」「黄色のとき」とは一体どんな感じなのでしょう。お話の展開にじっと耳を傾けて、絵を見て納得する・・・お話会などで読んでもらえたら、子供達はとても嬉しいに違いない一冊です。
  • おはなし ばんざい おはなし ばんざい 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:三木 卓
    出版社:文化出版局
    本体価格:¥950+税
    ISBN:9784579400843
    いたちにつかまって、スープにされそうなねずみ。
    「まって!スープにはおはなしってものを入れないと美味しくならないよ。」さて、その4つのお話とは・・・。早速誰かに読んで聞かせてあげたくなる様なお話ばかり。「おはなし」って本当に面白い!改めて思わせてくれます。ねずみくんの運命やいかに。
  • きりぎりすくん きりぎりすくん 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:三木 卓
    出版社:文化出版局
    本体価格:¥950+税
    ISBN:9784579400904
    きりぎりすくんは旅に出ます。自分でみつけた道をずんずん歩いて行きます。すると、その道中でちょっと変わった人達に出会います。きりぎりすくんは驚きますが、みんなはそれぞれ自分の生き方を見つけている様子です。きりぎりすくんはそのまま今日も旅を続けていきます。子供の時間って、まさに「旅」そのものなのかもしれませんね。
  • どうぶつものがたり どうぶつものがたり 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:三木 卓
    出版社:文化出版局
    本体価格:¥1,600+税
    ISBN:9784579401239
    20のおはなしがそれぞれ色々な動物達を主人公にして語られています。それぞれの動物の特性を生かした、ちょっと偏屈、ユニークなキャラクターが沢山出てきます。最後のローベルおじさんの一言が、またピリッと効いています。読み応えのある絵本です。子供達には一日一話づつどうぞ・・・。
  • ぼくのおじさん ぼくのおじさん 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:三木 卓
    出版社:文化出版局
    本体価格:¥950+税
    ISBN:9784579400966
    お父さんとお母さんが旅行先で行方不明になっている間、ぼくを預かって元気づけてくれたのが「ぼくのおじさん」。ローベルのお話の中でも、情深く、温かくちょっと切ないお話です。親でも先生でもなく、「おじさん」という存在がまたいいのかもしれません。
  • どうぶつえんのピクニック どうぶつえんのピクニック 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:舟崎 克彦
    出版社:岩波書店
    本体価格:¥840+税
    ISBN:9784001151534
    風邪を引いた動物園の動物達。そんな動物達を元気つけよう貸し切りバスでピクニックに出かける飼育係のマスターさん。なんてチャーミングな思いつきなんでしょう。ところが遊園地で動物達はあまりの楽しさに夢中になって帰ろうとしません。そこでマスターさんの考えた策は・・・。とっても無邪気な絵本です。
  • いたずら王子バートラム いたずら王子バートラム 作・絵:アーノルド・ローベル
    訳:ゆもと かずみ
    出版社:偕成社
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784033278902
    ローベルの絵のキュートな魅力がたっぷり味わえる絵本です。バートラムは、とってもわるい王子さま。いたずらばかりしていたら、ある日とうとう、おこった魔女に竜にされてしまいました・・・。この悪い顔もまた可愛い!

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

61件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  次へ→  最後のページ

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

アーノルド・ローベル(あーのるどろーべる)さんの作品のみんなの声

  • 大笑い

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    がまくんとかえるくんの物語は ほのぼのしていていいですね。 子どもたちも「よていひょう」のときに、 「あさおきる」でけすときに、 指でけすように「ピ」と言いながらすると面白かったようで、大・・・続きを読む

  • 自分の生き方を見つけて

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    いつも同じきのこにとまる3びきのちょうちょには 「え〜、いつも一緒かよ」と突っ込みを入れていた小1。 そうじ好きのいえばえには、 なぜか親近感を持ってしまった私。 世の中、変わった人や・・・続きを読む

  • 弟目線

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    いっつもお兄ちゃんにやられている弟。 まるで我が家みたい。 でも、今は体格も違うけど、 中学生ぐらいになるとあまり変わらなくなるんですよね。 そのとき、どう仕返しされるか、 お兄ちゃんに「〇・・・続きを読む

  • おかみさんパワー!!

    いい加減でなまけもののお百姓さんとおかみさんのお話です。 私は自分がなまけものなので(笑)このお百姓さんの気持ちもちょっとわかるような。。。!?(いけませんね!!) 反面、こんな旦那さんは絶対に嫌・・・続きを読む

  • たくさん読んであげたい

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    アーノルド・ローベルは「がまくんとかえるくんシリーズ」で有名ですが、このお話はお薦めされていたので読みましたが、 それまで読んだことがなく、こういう素敵な童話を小さいころから もっと読んでおけばよ・・・続きを読む


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット