新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
マリオン・デーン・バウアー(まりおんでーんばうあー)

マリオン・デーン・バウアー(まりおんでーんばうあー)

お気に入りの作家に追加する

マリオン・デーン・バウアーさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

4件見つかりました

表示

家出 ─12歳の夏

家出 ─12歳の夏

作:マリオン・デーン・バウアー  訳:平賀 悦子  絵:こさかしげる  出版社:文研出版  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1981年09月01日  ISBN:9784580814844
キツネのはじめてのふゆ

キツネのはじめてのふゆ

作:マリオン・デーン・バウアー  絵:リチャード・ジョーンズ  訳:横山 和江  出版社:鈴木出版  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2018年10月05日  ISBN:9784790253617
  ためしよみ
ながいながいよる

ながいながいよる

作:マリオン・デーン・バウアー  絵:テッド・ルウィン  訳:千葉 茂樹  出版社:岩波書店  本体価格:¥1,700+税  
発行日:2011年01月  ISBN:9784001112214
はるのおとがきこえるよ

はるのおとがきこえるよ

文:マリオン・デーン・バウアー  絵:ジョン・シェリー  訳:片山 令子  出版社:ブロンズ新社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2015年02月25日  ISBN:9784893095985

4件見つかりました

マリオン・デーン・バウアーさんの作品のみんなの声

  • 小鳥の声

    ながいながい夜が続く、冬の森で、太陽を待っている森の動物たち。ページをめくるたびにでてくる動物たちは、迫力があります。動物たちの怒りの声がきこえてきそう。月夜の森で歌う小鳥の姿は美しいなと思いました。・・・続きを読む

  • 春がくる

    長く厳しい冬は、動物たちにとっても寒くて厳しいものなのでしょうね。太陽の光が出てくるのを、だれもが心待ちにしていました。小鳥のさえずりで太陽が顔を出し、春になっていく様子は、ほんわかと温かい気持ちにさ・・・続きを読む

  • きつねは踊る

    表紙の可愛いキツネに惹かれて手に取りました。 生まれてはじめて冬を迎えるキツネ。 周りの動物たちは冬の準備に忙しそうなのに、何をすればいいのかわかりません。 「冬が来たら何をするの?」と森の仲間・・・続きを読む

  • ほんわかなお話

    初めての冬を迎えるキツネ。 何をしたらいいのかな・・・と考えながら、まわりを見ています。 すると森の仲間達が、いろいろとやることを教えてくれるけれど・・・ キツネが一生懸命自分のやることを考・・・続きを読む

  • 素敵

    「だいすきライオンさん」の絵が素敵だったので、同じリチャード・ジョーンズの絵と知り読んでみました。はじめての冬をむかえるきつね。どうやって冬をすごせばいいのか、いろんな動物に聞いていきます。動物の生態・・・続きを読む


今月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ストーブのふゆやすみ
    ストーブのふゆやすみの試し読みができます!
    ストーブのふゆやすみ
    作:村上 しいこ 絵:長谷川 義史 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    村上氏のテンポよい関西弁のお話を、長谷川氏のユーモア満載のイラストで描いた笑える一冊。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット