季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ジルベルトの会(じるべるとのかい)

ジルベルトの会(じるべるとのかい)

お気に入りの作家に追加する

ジルベルトの会さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

アルフィとくらやみ

アルフィとくらやみ

作:サリー・マイルズ  絵:エロール・ル・カイン  訳:ジルベルトの会  出版社:評論社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2004年12月  ISBN:9784566008021

1件見つかりました

ジルベルトの会さんの作品のみんなの声

  • アルフィという男の子 夜中に目が覚めて くらやみと話をするのです おもしろいな〜 子どもの心理がうまくとらえられた絵本です 「もし、ぼくが明かりをつけて、 まわりが明るくなったら、 このくらやみ・・・続きを読む

  • 不思議な夜のお話

    男の子が、くらやみと会話をする…。 なんとも不思議なお話ですが、とてもシンプルな会話のやり取りで、わかりやすかったです。 暗闇の姿かたちが、少し不気味で、でもずっと見ているとなんだか愛らしく思えて・・・続きを読む

  • 暗闇とお話

    この絵本を読んだら、暗闇だって怖くなくなりそうですよね。 だって、「くらやみ」は友達を欲しがっているのですから・・・ 絵もとても素敵でした。 「くらやみ」の影がうっすら見えるのですが、子供は怖が・・・続きを読む

  • 暗闇

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    夜の暗闇を怖がるこどもは、珍しくないことでしょう。どうして夜になると暗闇が現れるのだろう?そんなことを疑問に感じるこどももいることでしょう。そういったこども目線で描かれた絵本です。暗闇と会話ができてし・・・続きを読む

  • 夜の不思議さ

    闇の何とはない不気味さ。 闇は朝になったらどこに行ってしまうんだろうという不思議さ。 アルフィは、怖さ半分不思議さ半分でなかなか眠れません。 暗闇と仲良くなって、安心して眠りたいのです。 素朴・・・続きを読む


2月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話
  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット