新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
野坂 悦子(のざかえつこ)

野坂 悦子(のざかえつこ)

1959年、東京都に生まれる。早稲田大学第一文学部英文学科卒業。オランダ、フランスでの滞在を経て、1989年『レナレナ』(ハリエット・ヴァン・レーク、2019年朔北社により復刊)で翻訳者デビュー。以降、オランダ語、英語、フランス語のすぐれた作品を翻訳する。2003年、『おじいちゃんわすれないよ』(金の星社)で、産経児童出版文化賞大賞を受賞。翻訳のみにとどまらず、オランダの文化を積極的に日本に紹介している。訳書に『フランダースの犬』(岩波書店)、『第八森の子どもたち』(福音館)他多数。紙芝居『やさしいまものバッパー』(童心社)などの創作もある。2001年、「紙芝居文化の会」の創立に加わり、海外統括委員もつとめるなど日本の文化としての紙芝居を海外に広める活動もつづけている。

お気に入りの作家に追加する

野坂悦子さんに関連する著者

野坂 悦子さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

132件見つかりました

表示

  • カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし
  • ぼくの!
  • どうして?
  • おおきくなったかな?
  • ぼくの ウサギ
  • リッキとおともだち
  • げんきをだしてウィリアム
  • リッキとにわとりのミア
  • バロチェとくまのスノウト
  • なにももたないくまの王さま
  • なんてかいてあるの?
  • 火にきをつけて、ドラゴンくん
  • ビーバのそらのたび せかいを ぐるっと いえめぐり
  • ねずみのマウリッツ
  • ようこそロイドホテルへ
  • とんがりぼうしのオシップ
  • 100時間の夜
  • 劇場ってどんなところ?
  • おしえて、レンブラントさん
  • あかい ほっぺた
  • 美術館ってどんなところ?
  • ケープドリ はつめいのまき
  • ケープドリとモンドリアンドリ
  • でも、わすれないよベンジャミン
  • いつまでも ずっと

132件見つかりました

野坂悦子さんの作品のみんなの声

  • びっくり!

    初めて読む作家さんです。絵はコマ割りで、なんともあじのある絵。そして、なによりレナレナの自由な行動にびっくり! すっかり大人になってしまった自分だと、「ぎゃ!」と思うような行動もあるのですが、好奇心旺・・・続きを読む

  • ナイショって、モヤモヤするね。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳、女の子1歳

    内緒にしてると、何だかモヤモヤして落ち着かないよね。ナイショが増える度におばけも増える。内緒にしてると、心のおばけがいっぱいになっちゃうんだろうなぁ。本当の事言えるとスッキリするよね!心あたりのあるお・・・続きを読む

  • ドキドキワクワク誕生日!

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    リッキのお誕生日の1日の様子が描かれています。 朝からドキドキワクワクする特別な日。子供の頃の誕生日って、1年がとても長く感じて、特別な1日ですよね。 パーティーの準備をして、友達たくさんよんで、・・・続きを読む

  • 想像力

    芸術の持つ力、想像力を強く印象づけられる作品。 少年・ライナスがオレンジを配達する先は、画家のモンドリアンだった。本当の名前を知らないままミスター・オレンジと呼んでいた。 時代は第二次世界・・・続きを読む

  • 表紙を見て、どんなに壮大な冒険物語かと思ったら、家の庭とその近所という狭い空間だけでのお話でした。子どもの想像力はどこまでも果てしなく、家の庭だけでこんなにも豊かな想像を繰り広げられるんだな〜と感心し・・・続きを読む


絵本が教えてくれる国際基準の性教育『女の子のからだえほん』

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット