話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
野坂 悦子(のざかえつこ)

野坂 悦子(のざかえつこ)

1959年、東京都に生まれる。早稲田大学第一文学部英文学科卒業。オランダ、フランスでの滞在を経て、1989年『レナレナ』(ハリエット・ヴァン・レーク、2019年朔北社により復刊)で翻訳者デビュー。以降、オランダ語、英語、フランス語のすぐれた作品を翻訳する。2003年、『おじいちゃんわすれないよ』(金の星社)で、産経児童出版文化賞大賞を受賞。翻訳のみにとどまらず、オランダの文化を積極的に日本に紹介している。訳書に『フランダースの犬』(岩波書店)、『第八森の子どもたち』(福音館)他多数。紙芝居『やさしいまものバッパー』(童心社)などの創作もある。2001年、「紙芝居文化の会」の創立に加わり、海外統括委員もつとめるなど日本の文化としての紙芝居を海外に広める活動もつづけている。

お気に入りの作家に追加する

野坂悦子さんに関連する著者

野坂 悦子さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

130件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

表示

  • ぼくといっしょに
  • いじわるなないしょオバケ
  • おしえて、レンブラントさん
  • ペピーノ
  • 映画ってどうやってつくるの?
  • ミスターオレンジ
  • ちいさな かいじゅう モッタ
  • ずっとママといっしょがいいの!
  • おいで、アラスカ!
  • ほしをめざして
  • おたすけなみだとおじゃまなみだ
  • ちいさな あかちゃん、こんにちは!
  • おじいちゃんわすれないよ
  • すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン
  • とくべつないちにち
  • おむつをみせて!
  • ぼくとテスの秘密の七日間
  • パパ、おばけがいるよ。
  • シラユキさんとあみあみモンスター
  • ゆきだるまのスノーぼうや
  • どんなときも きみを
  • 10ぴきのいたずらねこ
  • だっこのえほん
  • たいせつなてがみ
  • ゾウのオラフの てんきのはなし

130件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

野坂悦子さんの作品のみんなの声

  • 想像力

    芸術の持つ力、想像力を強く印象づけられる作品。 少年・ライナスがオレンジを配達する先は、画家のモンドリアンだった。本当の名前を知らないままミスター・オレンジと呼んでいた。 時代は第二次世界・・・続きを読む

  • 表紙を見て、どんなに壮大な冒険物語かと思ったら、家の庭とその近所という狭い空間だけでのお話でした。子どもの想像力はどこまでも果てしなく、家の庭だけでこんなにも豊かな想像を繰り広げられるんだな〜と感心し・・・続きを読む

  • 身近な仮想空間を楽しむ

    なんと言っても、この絵本の魅力は、鳥瞰図のように空から見下ろした景色と、その中に冒険の仮想空間があって、夢を拡げてくれるところでしょうか。 自分の家の庭で、こんなに大冒険を空想できるなんて素晴らしい・・・続きを読む

  • 映画好き

    映画好きの小学生の息子と一緒に読みました。 映画を最初に作ったのは誰か。どうして絵が動いてみえるのか。映画作りのためのお金はどうやって集めるのか。などなど、映画にちなんだあれこれを楽しく説明してくれ・・・続きを読む

  • 本当の自分って何だろう

    サーカむねうス小屋で暮らすペピーノはクマになりきって生きてきました。 母親は恋人ができて消え、父親もいなくなって、一人サーカス小屋に残ったペピーノは、クマのぬいぐるみを着て、クマとして演技をして…。・・・続きを読む


堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット