新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ヒサクニヒコ(ひさくにひこ)

ヒサクニヒコ(ひさくにひこ)

1944年東京生まれ。慶応義塾大学卒業。マンガやイラスト、絵本の執筆を多数手がける。1972年、第18回文春漫画賞を受賞。恐竜研究家としても知られ、日本から海外まで、各地の発掘現場や博物館をたずねている。公益財団東京動物園協会評議員を務めるなど、動物関係にも造詣が深い。主な著作に『恐竜研究室』(あかね書房)、『日本の恐竜』(ハッピーオウル社)、『どうぶつのあしがたずかん』(岩崎書店)などがある。神奈川県横浜市在住。

お気に入りの作家に追加する

ヒサクニヒコさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

42件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

ヒサクニヒコさんの作品のみんなの声

  • 人間ぽくていい

    とんちのお話ということで、興味を持ちました。 同じとんちを使うといっても、一休さんは、人のためにとんちを使うというイメージですが、こちらの吉四六さんは、もうちょっとずる賢い感じ。 でもそれが、人間・・・続きを読む

  • どんどん先が読みたくなる

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    おばけのはなし1,2に続いて読みました。絵本から幼年童話への移行期にぴったりの本だと思います。怖がるかなぁと少し心配になりつつも読み聞かせしたところ、1話1話が短くたくさんあり、ヒヤヒヤドキドキ?とす・・・続きを読む

  • おばけのはなし1に続いて・・・

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    おばけのはなし1に続いて読みました。絵本から幼年童話への移行期にぴったりの本だと思います。怖がるかなぁと少し心配になりつつも読み聞かせしたところ、1話1話が短くたくさんあり、ヒヤヒヤドキドキ?とするの・・・続きを読む

  • 一休さんのお話がたくさん。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    小学生の頃、夢中で読んだ一休さん。色々一休さんの本がありますが、こちらは正統派の一休さんという印象です。和尚さんを打ち負かす一休さんが爽快でした。4歳には少し難しく補足説明が必要なお話もありましたが、・・・続きを読む

  • 世代を超えて楽しめる本

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    絵本から幼年童話への移行期にぴったりの本だと思います。怖がるかなぁと少し心配になりつつも読み聞かせしたところ、1話1話が短くたくさんあり、ヒヤヒヤドキドキ?とするのもあっという間、面白さの方が増して、・・・続きを読む


4月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ぼくのかえりみち
    ぼくのかえりみち
    作・絵:ひがし ちから 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ある日の放課後、そら君は道にかかれた白線の上をたどって家に帰ることにしました。途中…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット