話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

村上 康成(むらかみやすなり)

村上 康成(むらかみやすなり)

1955年、岐阜県生まれ。創作絵本をはじめ、ワイルドライフアート、オリジナルグッズなどで独自の世界を展開する、自然派アーティスト。「ピンクとスノーじいさん」(徳間書店)、「プレゼント」(BL出版)、「ようこそ森へ」(徳間書店)で、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞、「ピンク!パール!」(徳間書店)で、ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌、「なつのいけ」(ひかりのくに)で日本絵本賞大賞、「999ひきのきょうだいのおひっこし」(ひさかたチャイルド)が2012ドイツ児童文学賞にノミネートなど国内外で高く評価されている。主な作品に「星空キャンプ」(講談社)、「さかなつりにいこう!」(理論社)、「石のきもち」「くじらのバース」(ひさかたチャイルド)、新刊「どろんこ!どろんこ!」(講談社)など多数ある。伊豆高原と石垣島に、村上康成絵本ギャラリーがある。

お気に入りの作家に追加する

村上康成さんの作品ピックアップ

  • ピンクとスノーじいさん ピンクとスノーじいさん 作:村上 康成
    出版社:徳間書店
    税込価格:¥1,430
    ISBN:9784198612450
    ヤマメのピンクが迎える初めての冬。それは、動物も魚もおなかをすかせる厳しい季節だった。ある日、イタチに襲われたピンクを助けようと、大イワナのスノーじいさんは…。暗くて寒い冬から、光あふれる春への場面展開が感動的な絵本です。
  • はるのやまはザワザワ はるのやまはザワザワ 作・絵:村上 康成
    出版社:徳間書店
    税込価格:¥1,540
    ISBN:9784198613051
    冬眠から目ざめた子グマのグルルが、かあさんといっしょにはちみつをさがしに出かけます。さあ、グルル、耳をすましてごらん。いろんな音が、聞こえてくるよ。春の山はいのちの音であふれているんだ! 心躍る季節のすばらしさを、リズミカルな言葉とはずむような絵で描いた絵本。
  • ようこそ森へ ようこそ森へ 作:村上 康成
    出版社:徳間書店
    税込価格:¥1,650
    ISBN:9784198613440
    ためしよみができます!
    カケスの住む森にやってきた家族。テントを張ってたき火をおこし、星を見ながらごはんを食べるんだ。ここは本当にいいところ…。キャンプ生活の楽しみをカケスの視点から描いた画期的な作品。森のすがすがしさが伝わってきます。
  • 星空キャンプ 星空キャンプ 作:村上 康成
    出版社:講談社
    税込価格:¥1,760
    ISBN:9784061322066
    キャンプにきた家族が自然の息吹にふれる時。初めてキャンプにきた少女と両親。鳥や、虫や、魚、そして森や、風や、水――自然とのふれあいを通して、たくさんの生命とともに生きている喜びを肌で感じます。
  • そらはさくらいろ そらはさくらいろ 作・絵:村上 康成
    出版社:ひかりのくに
    税込価格:¥1,320
    ISBN:9784564006739
    春うららに寝っころがるのは気持ちいい。でも空さんはいつも見てるだけ。そこで空さんは…!?。村上康成先生の超自信作な体感的絵本です。
  • 石のきもち 石のきもち 作・絵:村上 康成
    出版社:ひさかたチャイルド
    税込価格:¥1,430
    ISBN:9784893259127
    ぼくは森にずっといる石。森で起きるいろんなことをずっと長い間見てきた。ここはキツネやイタチ、クマじいさんもやってくる。ずっと昔には恐竜にかじられたこともあるんだよ。こうしてうれしいことも悲しいことも、ぼくの上を過ぎて いった。

村上 康成さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

210件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

表示

  • おおきくなるっていうことは
  • さつまのおいも
  • えんそくバス
  • かえってきたカエル
  • みんなともだち
  • ランドセルがやってきた
  • いのちのおはなし
  • よーいどん!
  • あけましておめでとう
  • あっぷっぷ
  • 999ひきのきょうだい
  • こんにちワニ
  • たなばたプールびらき
  • わがままいもうと
  • オタマジャクシのうんどうかい
  • クリスマス・オールスター
  • はくしゅぱちぱち
  • ピンク、ぺっこん
  • おにはうち!
  • かいじゅうのこんだて
  • おつきみうさぎ
  • おおきくなったらきみはなんになる?
  • そらはさくらいろ
  • おさる日記
  • こちょばこ こちょばこ

210件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

村上康成さんの作品のみんなの声

  • 深いお話でした

    とても興味深いお話でしたが、子どもには少し難しかったように感じました。 「目が大きいメダカでも、見えないことがある。否、目に見えることは限られたことでしかない。」 そのようなことを考えさせられるお・・・続きを読む

  • すごい。

    この本、とても素晴らしいと思いました。子供たちにぜひ見てもらいたい1冊です。すごい数の魚の絵にも圧倒されますが、どのページの絵も素敵で、内容も生態系の本当の姿を絵本を通じて教えてくれているので大人でも・・・続きを読む

  • こぐまのために生きよう

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    猟犬が来ていることを感じ、 逃げようとしても 美味しい食べ物があれば 本能で食べてしまうこぐまたち。 母ぐまのもどかしさがよくわかります。 自分が犠牲になり、猟犬をおびきよせる母ぐま。・・・続きを読む

  • 子どもが満喫!

    子どもが大好きなシリーズです。特に、今回の言葉遊びはルールがわかりやすかったこともあり、子どものお気に召したようでした。この絵本の言葉遊びを真似て、自分たちでも文章をつくってみたり、自分で絵本を読んだ・・・続きを読む

  • どうなっちゃうの?

    • 多夢さん
    • 60代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子23歳

    だちょうのおかあさんが、たまごを産みました。 ところが、たまごを置いてどこかに行ってしまいます。 雛がもうすぐ、産まれそうなのに… 「おかあさ〜ん、どこに行ったの〜?」 おかあさんが留守の・・・続きを読む


いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット