なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

アルビン・トゥレッセルト(あるびんとぅれっせると)

アルビン・トゥレッセルト(あるびんとぅれっせると)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

10件見つかりました

表示

きりのなかのかくれんぼ

きりのなかのかくれんぼ

文:アルビン・トレッセルト  絵:ロジャー・デュボアザン  訳:片山 令子  出版社:復刊ドットコム  本体価格:¥1,800+税  
発行日:2016年11月  ISBN:9784835454276
とらとおじいさん

とらとおじいさん

作:アルビン・トレセルト  絵:アルバート・アキノ  出版社:大日本図書  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2011年02月  ISBN:9784477023793
  ためしよみ
海がやってきた

海がやってきた

作:アルビン・トレッセルト  絵:ロジャー・デュボアザン  訳:やましたはるお  出版社:BL出版  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2007年06月  ISBN:9784776402404
てぶくろ

てぶくろ

作:アルビン・トレッセルト  絵:ヤロスラーバ  訳:三木 卓  出版社:のら書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2005年11月  ISBN:9784931129443
きんいろのとき

きんいろのとき

作:アルビン・トレッセルト  絵:ロジャー・デュボアザン  訳:江國 香織  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥1,400+税  
発行日:1999年  ISBN:9784593503957
大きな木のおくりもの

大きな木のおくりもの

作:アルビン・トレッセルト  絵:H・ソレンセン  訳:中井 貴惠  出版社:あすなろ書房  本体価格:¥1,500+税  
発行日:1996年10月  ISBN:9784751514481
あまつぶぽとりすぷらっしゅ

あまつぶぽとりすぷらっしゅ

作:アルビン・トゥレッセルト  絵:L・ワイスガード  訳:渡辺 茂男  出版社:童話館出版  本体価格:¥1,250+税  
発行日:1996年06月  ISBN:9784924938571
せかいのはてってどこですか?

せかいのはてってどこですか?

作:アルビン・トゥレッセルト  絵:ロジャー・デュボアザン  訳:三木 卓  出版社:童話館出版  本体価格:¥1,400+税  
発行日:1995年  ISBN:9784924938403
しろいゆき あかるいゆき

しろいゆき あかるいゆき

作:アルビン・トレッセルト  絵:ロジャー・デュボアザン  訳:江國 香織  出版社:BL出版  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1995年  ISBN:9784892388446
とらと おじいさん

とらと おじいさん

作:A.トレセルト  絵:A.アキノ  訳:光吉 夏弥  出版社:大日本図書  本体価格:¥922+税  
発行日:1983年  ISBN:9784477167770

10件見つかりました

アルビン・トゥレッセルト(あるびんとぅれっせると)さんの作品のみんなの声

  • 自分たちの世界と外の世界

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    単色のページと色鮮やかなページが交互になっています。 色鮮やかなページが外の世界を表しているのでしょうか? アオガエルではないのですが、身近かでカエルを見かけることもあるので、親近感を感じながら読・・・続きを読む

  • 普遍的な美しさ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    コールデコット賞受賞作品とのことで 雪の季節にピッタリと思い、読んでみました。 少し長いのですが、言葉が詩のようで、 また郵便やさん、お百姓さん、お巡りさんたちが、 短編みたいに少しずつお・・・続きを読む

  • 一番のり

    男の子が、海に一番のりでやってきたのが嬉しくてそのことを何度も誇らしげに、自慢しているようでした。誰もいない海って寂しいような気がするのですが、男の子は海が大好きだから、海を一人占めできて嬉しいのでし・・・続きを読む

  • 助詞はむずかしい

     文章を書く時、助詞には気をつけなさいと教えられる。  この絵本のタイトルでいえば、「海が」の「が」は使い方としてはおかしいのではないか。  正しく書けば、「海に」ではないか。  しかし、この絵・・・続きを読む

  • 海を独り占め?

    朝早くに海辺を歩く少年のイメージかと思うのですが、それにしてはと違和感が多い絵本です。 砂浜から沖の船のシーンは飛躍しすぎ、朝早く砂浜にすでに大勢の人々が遊んでいるのは不自然です。 少年の想像から・・・続きを読む


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット