新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

はじめての文学 重松清

はじめての文学 重松清

  • 児童書
作: 重松 清
出版社: 文藝春秋

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,362

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784163598901

出版社からの紹介

さりげない家族の風景や、ささやかな出来事から、心に沁みる情景をつぎつぎと紡ぎだしてゆく重松清の絶妙な語り口を味わう短篇8篇

<収録作品>
卒業ホームラン/モッちん最後の一日/ウサギの日々/かたつむり疾走/カレーライス/タオル/あいつの年賀状/ライギョ 以上全8篇

ベストレビュー

文学作品としてお勧め

小学5年の教科書に『カレーライス』が掲載されており、気になったので読んでみました。

重松清さんのお話は、どちらかというと淡々とした文章なので、書かれていることがすっと頭に入りやすいかなと思います。
文章が落ち着いているように感じるので、とっつきにくく見える面もありますが、読むにつれ、描かれている主人公の心の動きが豊かなのが伝わってきます。

大人が書いた文章で、少し固いようにも思えるのに、少年の心がじんわりとしみてくる感じが素敵だなと思いました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

660円
990円
920円
3,080円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,760円
440円
4,400円
385円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

はじめての文学 重松清

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら