まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

hime59153さんの公開ページ

hime59153さんのプロフィール

ママ・40代・三重県、男の子7歳

hime59153さんの声

838件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自分の体と比較しているところが面白い  投稿日:2019/06/10
アリクイの口のなぞが、ついにとけた!
アリクイの口のなぞが、ついにとけた! 作: 山本 省三
絵: 喜多村 武

出版社: くもん出版
哺乳動物のあごの骨の話から始まり、同じ哺乳動物だけれど、オオアリクイは機能がこんなにも違う・・・との比較。
まず自分のあごが下だけ動かして食べている、というところに息子は驚き、実際に触りながら確かめていました。
舌を突き出すくだりでは、うーーーんと突き出してみたり(笑)
自分の体と比較しながら読み進めることが出来、本当に興味深く読むことが出来ました。

また、多くのことが解明されていると思われる現代においても、まだまだ謎が多く残されており、その謎にチャレンジする人がいるのだということが素晴らしく、子供達の好奇心を刺激するなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 綺麗な絵で分かりやすいです  投稿日:2019/06/10
あずき
あずき 作: 荒井 真紀
出版社: 福音館書店
小豆を使った食べ物の紹介や、小豆の育ち方が、繊細なタッチの挿絵で紹介されています。
もし自分で育てた時に、莢を割って中の豆の色を確認したりは勿体なくて出来ないので(笑)、小豆ってこんな風に育つのだなぁというのが分かり、なかなか面白いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う だんだんと形になるところが良かったです  投稿日:2019/06/07
ペレのあたらしいふく
ペレのあたらしいふく 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: 小野寺 百合子

出版社: 福音館書店
子供なのに自分の羊を持っていて、その毛で新しい服を作るためにあれこれと頑張る様子が描かれています。
淡々とした流れなのですが、羊の毛が糸になり、青くなり、布地になり・・・とだんだんと形になっていくのは、ものづくりの流れを見ているようで面白いです。
また、お手伝いのお駄賃で作り上げられた新しい服を着るペレの誇らしげな感じが、とても可愛らしく感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぜひ試してみたい!  投稿日:2019/06/07
でんじろう先生の超ウケる実験ルーム
でんじろう先生の超ウケる実験ルーム 作: 米村伝治郎
出版社: 主婦と生活社
簡単に出来そうな実験や科学マジックの紹介が沢山!
原理についてもきちんと説明があるので、大人は納得。
でもこれを子供に説明するのは、少し難しいかもしれませんね。

それでも実験に対して「どうなるのだろう?」というワクワクと驚きは、子供の記憶に残ると思うので、ぜひ色々と試してみたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み応えありですね  投稿日:2019/06/06
安寿姫と厨子王丸
安寿姫と厨子王丸 絵: 須藤重
出版社: 講談社
いわゆる昔話とは一味違う、歴史的要素を感じる内容のお話ですね。

母、娘、息子としての家族愛、姉、弟としての兄弟愛が根底にあり、読む人に共感を与えるのではないかと感じました。

子供向けにソフトな感じの展開になっていますが、充分に重いテーマを感じる内容で、読みごたえがあると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 友情のお話  投稿日:2019/06/06
あかいはねのふくろう
あかいはねのふくろう 出版社: 復刊ドットコム
タイトルから受けた印象としては、『わたしはあかねこ』のような感じなのかと思いましたが、もっと温かみのあるお話ですね。

ねずみがふくろうと友達になるという時には、最後には食べられてしまうのでは・・・と心配しましたが、ふくろうとねずみは共に成長し、長い友情を築いていて、ほっと一息。

思っていた内容とは違うのですが、ちょっぴりファンタジック、でも温かみを感じるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 努力し続ける姿が素晴らしい  投稿日:2019/06/06
ライト兄弟
ライト兄弟 作: 鶴見正夫
絵: 徳田秀雄

出版社: ひさかたチャイルド
ソリが欲しいと子供達に言われ、図面をひいて、工夫をさせ、実際に作らせてみる。
これは並みの母親ではなかなか出来ないことですよね。
ライト兄弟が後々努力して、工夫し続ける姿勢を身につけることが出来たのは、ひとえに母親のあり方が良かったからではないかと感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 万華鏡の世界  投稿日:2019/06/04
万華鏡 KALEIDOSCOPE
万華鏡 KALEIDOSCOPE 作: 大熊 進一
監修: 日本万華鏡倶楽部

出版社: 文溪堂
万華鏡を作りたくて、この本を手に取ってみました。
外側がとても美しい作品が沢山紹介されており、万華鏡って進化してるなぁとうっとり。
肝心の作り方に関しては、ごく基本的なことは書かれていましたが、分厚い筒やフィルムケースをカッターで切ったりするのは無理ですね・・・
子供向けの本となっているようですが、製作工程に関しては大人の中級向けだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スピード感のある展開が面白い!  投稿日:2019/06/04
かいけつゾロリ(19) かいけつゾロリけっこんする!?
かいけつゾロリ(19) かいけつゾロリけっこんする!? 作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社
最近息子がゾロリにハマり出し、いろいろ読んでいるようなので、どんなものかと私も読んでみましたが・・・

何かスゴイ展開(笑)
目まぐるしく話が進んでいくので、ぐいぐい引き込まれてしまいますね〜(笑)
文字数なんて何のそので読んでいる息子の気持ちが分かります(笑)

子供の心を釘付けにするゾロリシリーズ、やっぱりスゴイ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 惑星の違いが楽しく読めます  投稿日:2019/06/03
惑星MAPS〜太陽系図絵〜
惑星MAPS〜太陽系図絵〜 著者: 宇宙兄さんズ
出版社: 誠文堂新光社
惑星の大きさや見た目、特徴などを観光ガイドのように紹介しているところが、わくわくしながら読めるので、楽しかったです。
ところどころに掲載されている実際の写真は、神秘的で迫力があり、ついついじーっと見入ってしまいます。

惑星ごとの大きさや重力の比較がとても分かりやすくて、子供にも説明しやすいところも良かったです。
参考になりました。 0人

838件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

全ページためしよみ
年齢別絵本セット