話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

きつねのきんた

きつねのきんた

  • 絵本
作: かこ さとし
絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年12月
ISBN: 9784323038919

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
31.0×22.9cm

出版社からの紹介

家族を人間に殺されたきつねのきんた。森の動物に見守られて幸せに暮らしていましたが、人に荒らされた森を追われ、ある屋敷に辿り着きます。そこで奥様の首元に巻かれた母さんぎつねに再会し…。

ベストレビュー

初めて読んだときから毛皮を着用している人に対する嫌悪感が

もちろん擬人化して書かれているのですが、切なすぎるお話です。厳しい動物の世界を優しい絵で描かれているからこそ、余計に切なく思いました。
ずっと以前、初めてこのお話を知った日から、毛皮姿の人や山を開発して造ったゴルフ場を見ると心の何処かで嫌悪感を抱くようになりました。人間が動物に、自然界にしたことに人間の、仏教で言う業を感じます。
お話の最後のかこさとしさんのメッセージがいいですね。きっとお空では強くて勇気があって子ども好きのお父さんも、花が好きで優しいお母さんも、元気でやんちゃで少し食いしん坊なあんちゃんもお月様と一緒にきんたの成長を見守ってくれているでしょう。私もと思いました。
(SNOWDROPさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
2,090円
1,430円
1,870円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,750円
1,320円
1,540円
9,218円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

きつねのきんた

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら