LOVE すべては あなたの なかに LOVE すべては あなたの なかに
文: マット・デ・ラ・ペーニャ 絵: ローレン・ロング 訳: 小川 仁央  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
詩のような文章と美しいイラストで「愛」を謳う絵本

ジョージ大好きさんの公開ページ

ジョージ大好きさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子9歳

ひとこと
絵本を探すとき、じっくりみて確認するのではなく、パッと選んであえてお話の内容は確認しません。ペラペラ〜っと絵だけを確認してます。

そのほうが親子一緒に「初めて」読めるからです。時には好みじゃないタイプのものに遭遇することもありますが、それも出会い。

調べこんでから探すと、新しい出会いはありませんから。

おかげで幅広い種類のお話に出会いました。
ブログ/HP
みなさんに絵本の良さを知ってほしいため、ブログをはじめました。
感想を書いたり、その作者の情報などを載せたりしています。
忙しいママさんたちでも簡単に読めるよう、簡潔にまとめてますから
ぜひ見てくださいね。

ジョージ大好きさんの声

3883件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う すごい贈り物  投稿日:2018/10/19
へびのクリクター
へびのクリクター 作・絵: トミー・ウンゲラー
訳: 中野 完二

出版社: 文化出版局
爬虫類の研究をしている息子から

誕生日にへびをプレゼントされた。

そこだけ聞いたら驚きですが、

どんどん成長していって

このへびは大活躍します。

泥棒を捕まえて、

銅像までたててもらって

最終的にはそのへびの公園まで

出来ちゃうんですから、すごいですね。

へびのプレゼント、悪くないですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みずたまり  投稿日:2018/10/18
みずたまり
みずたまり 作: 殿内 真帆
出版社: フレーベル館
水たまりが空の景色などを

みているなんて、想像したら

面白いですね。

でも確かに鏡のように

いろんなものが映りますから。

どんどん日が経つにつれ

小さくなっていく水たまり。

雨がふったらまた会おうなんて

ずいぶんかっこいいこと言うなと

思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な気分になります  投稿日:2018/10/18
ハンカチさがし
ハンカチさがし 作: 森山 京
絵: 岡田 千晶

出版社: 文溪堂
お母さんと今年も別荘にいったユリ。

でもこの別荘はまもなく人手に渡ります。

いろんな思い出があった場所ですが、

ここで思い出を作っていたのは

人間だけではなく、動物もそうだったようです。

そんな動物たちを発見したユリは

自分たちが使っていて物を

動物たちが使っていたことを

初めて知ります。

知らないところで同じ時間を

過ごしていたんですね。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大活躍ですね  投稿日:2018/10/17
エミールくんがんばる
エミールくんがんばる 作・絵: トミー・ウンゲラー
訳: 今江 祥智

出版社: 文化出版局
たこのエミールくんは

あることをきっかけに

地上で住むことになります。

何でも器用にこなすエミールくん。

とても大活躍していました。

でも本来は海の生き物だから

やっぱり海に帰りたかったんですね。

でも人間も海に行くことはできますから、

また会えますよ。

シュールなお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 気に入りました  投稿日:2018/10/17
バスガエル
バスガエル 作: 戸田 和代
絵: シゲリ カツヒコ

出版社: 佼成出版社
カエルの絵がリアルで

とてもかわいいです。

足が大きくてくつもかわいい。

このお話はバスガイドになる

カエルのお話です。

カエルの世界ではバスガイドが

人気のようです。

「バスガエルはきみだ」と

社長に声をかえてほしくて

みんな必死です。

親子のやりとりの部分が好きです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 静かな時間です  投稿日:2018/10/17
もりのえほん
もりのえほん 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
文字がない絵本です。

森の絵が描かれていますが

その絵の中にいろんなものが隠れています。

最初はただ森の絵を穏やかな気持ちで

見ていましたが、途中で

んっ?と似ているものを発見しまして

それでそういう絵本だということに

気付きました。

どこに何が隠れているかは

一番最後のページにかかれています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ん〜・・・  投稿日:2018/10/17
まさかさかさま 青の巻
まさかさかさま 青の巻 作・絵: 伊藤 文人
出版社: サンマーク出版
楽しいです。

楽しいと思いますが、

少し無理があるかなと思います。

正常にみた絵は理解できます。

が、さかさにみえ絵は

文章を読んでそういう絵だったんだと

言い聞かせないとその絵に見えません。

だからさかさにも見えないこともないけど

でもそう見えないかもね・・・というレベルでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いいですね  投稿日:2018/10/15
ねんねのおとがきこえるよ
ねんねのおとがきこえるよ 作: きたやまようこ
出版社: 白泉社
寝かしつけにいいと思います。

家の中のいろんなものが

どんどん眠っていきます。

これを読み終わるときには

一緒に眠くなると思います。

主役のリスの名前はみんとちゃん。

ミントからきてるんでしょうね。

落ち着いて眠れそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いまいちでした  投稿日:2018/10/15
みどりのトカゲと あかいながしかく
みどりのトカゲと あかいながしかく 著: スティーブ・アントニー
訳: 吉上 恭太

出版社: 徳間書店
きちんと意味があるんだと思いますが、

いまいちよくわかりませんでした。

みどりのとかげとあかいながしかく?

一体なにを表してるのでしょうか。

ただ最後は話し合いで平和になりました。

もしかしたらそこに意味があるのかも

しれませんね。

無意味な戦いは必要ないと

いうことですね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まさに水族館  投稿日:2018/10/15
おでかけすいぞくかん
おでかけすいぞくかん 文: 阿部 浩志
絵: 北村 直子
監修: 荒井 寛

出版社: 学研
実際に水族館に

行った気分になります。

魚のことがくわしく描かれています。

途中で見開きでバーンと

水槽の絵もあり楽しいです。

最後の方に水族館のお世話をする

仕事の内容が紹介されています。

それもおもしろいと思いました。
参考になりました。 0人

3883件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット