新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

おかあさんの顔

おかあさんの顔

  • 絵本
文: ロディ・ドイル
絵: フレヤ・ブラックウッド
訳: 石津 ちひろ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年10月
ISBN: 9784577041017

子どもからおとなまで
25×20cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

続きを読む
おかあさんの顔

出版社からの紹介

母から娘へ、そしてその娘へ…つながっていく親子の愛情!シボーンは、なくなってしまったおかあさんの顔をどうしても思いだせません。おかあさんの手のぬくもりや声はおぼえているのに…顔だけが思いだせないのです。ある日、公園で出会った女の人に、さびしさを伝えたシボーン。すると、「鏡を見ればいいのよ」と女の人。シボーンが鏡をのぞくと、そこにあらわれたのはいったい…!?

ベストレビュー

おかあさんの存在って大きいな

小さな頃、お母さんを亡くした、シボーンは、父と二人暮らし。お母さんの顔を思い出せないことを悲しく思っていました。
そんなある日、公園でひとりの女の人に会います。その人は、どうしたらお母さんの顔を思い出せるか教えてくれます。
月日がたち、シボーンは女の子を授かります。ある日、鏡を見ると自分の顔が、あの女の人にそっくりだと気付きます。あの人が自分の母だったのです。
それから、父は初めて、母についていろいろ話してくれました。
物語は淡々と進みますが、それがかえって、読者にいろいろなことを考えさせてくれるのかも知れません。
一見穏やかな暮らしをしている人も、心にいろいろな苦しみた悲しみを抱えているのかもしれません。
切ないけれど、ちょっと心が温かくなり、人に優しくできるようになれそうな素敵な絵本です。
絵も物語にぴったりで、柔らかく優しいタッチと色彩です。
(ほかほかぱんさん 40代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,540円
1,320円
1,320円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
715円
385円
275円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

おかあさんの顔

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 3
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら