新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  2022年2月 注目の新刊&おすすめ 〜3・4・5歳向け絵本〜

連載

2022年2月の新刊&おすすめ絵本

連載トップへ

絵本紹介

2022.02.24

  • twitter
  • Facebook
  • line

2022年2月 注目の新刊&おすすめ 〜3・4・5歳向け絵本〜

いろんな事に興味しんしんの3・4・5歳の子どもたちにおすすめの、おはなし絵本やしかけ絵本、生活習慣を身につけられる絵本など、バリエーション豊かな作品を集めました!

おはなしだけでなく、探し物遊びや言葉遊び、しかけ遊びも楽しめる工夫がいっぱいの絵本がそろいましたので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

「ババーン!」とねこが出てくる絶大なインパクトが癖になる絵本『ねこいる!』意外な場所にもねこがいます

  • ねこいる!

    出版社からの内容紹介

    ねこがいるのか、いないのか。ただそれだけ!

    バケットやリコーダーなどの思わぬところから、ただ、ただ、ねこが現れる絵本です。シンプルな展開と言葉の繰り返しが、子どもたちの笑いのツボを刺激します! 斬新すぎるラストにも注目です。

    作者は『ぱんつさん』(ポプラ社)で日本絵本賞を受賞した、たなかひかるさん。『サラリーマン山崎シゲル』(ポニーキャニオン)の著者としても知られています。

    神出鬼没なねこがクセになる、著者渾身の「頭は良くならない絵本」です。

妖怪だけどかわいいトンちゃんに夢中になる♪『ばけねこ ぞろぞろ』浮世絵みたいな迫力の絵も魅力

  • ばけねこ ぞろぞろ

    みどころ

    妖怪好き、猫好きよっといで〜。
    とんでもない「ばけねこ」たちが競演する最高にクールな絵本の登場だぜ!

    ある晩、主人公のオレは「ばけねこ」と化した飼い猫のトンに忠告されちまう。いつも猫をいじめてるオレにみんな怒って襲いかかるっていうんだ。なんでも猫はみんな本当は化け猫なんだっていうじゃないか。

    「このままだと やばいぜ。
     おれに ついてこい。」

    大きな満月をバックに緑のスカーフをなびかせ、オレにそういうトンはとんでもなくカッコいい。なんだかわからないけど、化け猫トンのあとについて外にでてみると・・・

    でた、でた、でた〜。
    化け猫がでるわ。でるわ。でるわ。次から次へ。

    でっかいピンクの肉の塊みたいな「ぬっぺふほふ」ならぬ「にゃっぺふほふ」から「ぶるぶるねこ」、「うみぼうず」じゃなくて「ねこぼうず」。観音開きのページを開けば、『画図百鬼夜行』『百怪図鑑』のような妖怪絵巻からとびだした妖怪たちが練り歩いてるからおったまげたよ!

    しかもみーんな猫バージョンの妖怪たち。そこへ睨まれただけで失神しそうな黄色い大きな目がギョロリ!!とうとう、「ばけねこ」たちを牛耳ってる親玉に見つかっちまった。オレ、どうする?どうなる?大、大ピンチのオレの前にトンが勇敢にも飛び出した!

    なんともユニークな妖怪絵本。
    正確には妖怪化け猫絵本?石黒亜矢子さんが描くスタイリッシュで刺激的な絵本です。歌川国芳を彷彿とさせる浮世絵のような、迫力があるのに繊細な和のタッチ。開いたページは、海外のグラフィックノベルを思わせるパンチのきいた構図で、まるで切り取られた一枚絵を思わせる美しさ。和洋折衷の表現が新しくも懐かしい不思議な気持ちを呼び起こします。そして、「ばけねこ」の時も普通の猫の時も愛くるしいトンちゃんにすっかり虜なってしまうのです。

この書籍を作った人

石黒 亜矢子

石黒 亜矢子 (いしぐろあやこ)

1973年、千葉県生まれ。絵描き。絵本作家。妖怪や創造生物、動物を描く。著書に『ばけねこぞろぞろ』(あかね書房)、『いもうとかいぎ』(ビリケン出版)、『えとえとがっせ』(WAVE出版)、『どっせい!ねこまたずもう』『ねこまたごよみ』(以上、ポプラ社)、『おろろんおろろん』(偕成)、『おおきなねことちいさなねこ』『つちんこつっちゃん』(以上、好学社)『こねこのきょうだいかぞえうた』石津ちひろ・文(BL出版)。挿絵には『ショローの女』著:伊藤比呂美 (中央公論新社)などがある。国内外で、個展も開催。愛猫家。爬虫類好き。

間違い探しで遊びながら観察力が身に付いちゃう!『くらべるえほん たべもの』

  • くらべるえほん たべもの

    出版社からの内容紹介

    二つの似ている食べ物。よーく比べて見てみると…。同じように見えるものでも、よく見比べると必ず違いが見つかる。正解は一つではありません。じっくりと観察して、自分なりの違いを見つける、考える力を育む絵本。

この書籍を作った人

ちかつたけお

ちかつたけお (ちかつたけお)

イラストレーター、画家、デザイナー。「チカツタケオ」名では写実的なタッチで国内外の装画や挿絵を手がける。2006年9月から1年半、絵を描くことに専念するため南仏Aix en Provenceに滞在。東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)会員。07年玄光社ザ・チョイス年度賞優秀賞、09年第8回TIS公募金賞を受賞。『ぬにゅ〜ぽんぽん』(KADOKAWA)が絵本デビュー作となる。

「ふろふき(風呂吹)だいこん」ならぬだいこんぶろ!? 『だいこんさんおふろにはいる』お風呂あがりに出来上がるお料理に「なーるほど!」と感心

  • だいこんさん おふろに はいる

    みどころ

    「おふろ はいって きれいになろ」

    そう言ってお風呂場に向かっているのは、大根のきょうだい達。
    小さいの、ひょろ長いの、でかいの、太っているの。
    見るからに個性的な4兄弟は、入る前に葉っぱを取ってもらい、タオルを頭にかけて。

    彼らは今日、お料理をしてもらう日なのです。
    かけ湯をして、体をしっかり洗い、みんなで仲良く湯船に入ります。
    鼻唄なんて歌いながら、すごく平和な光景です。

    なんだ、なんだ、この感じ。
    岡田よしたかさんの描く食べ物たちは、いつも目や鼻なんて付いていないのだけれど。
    足も手もはえていないのだけれど。
    ものすごく、生きている!
    体の向きを変えるだけで、会話まではずんじゃって。
    おまけに湯船にはブリやくしカツさんまで入ってきて…!?

    はしゃいでいた彼らは、そのまま自然にぶり大根にお料理されていくのです。
    あんなに豊かな体の4兄弟、美味しいに決まってます。

    「ぼくらが おかずやがな」
    「あ、そやったな」

    そこにあるのは大いなる違和感、だけど自然体でほのぼのしてて。
    おまけに関西弁がしっくりきていて笑ってしまう。
    『くしカツさんちは まんいんです』『はずかしがりやの バナナくん』に続く、岡田よしたかのユーモア絵本シリーズ第3弾も、やっぱりかなりクセになる面白さです。

この書籍を作った人

岡田 よしたか

岡田 よしたか (おかだよしたか)

1956年 大阪生まれ。著書に、『おーい ペンギンさーん』『特急おべんとう号』(福音館書店)、『ちくわのわーさん』『こんぶのぶーさん』『うどんのうーやん』(ブロンズ新社)、『ハブラシくん』(ひかりのくに)などがある。奈良県在住。2012年『ちくわのわーさん』(ブロンズ新社)で、第3回リブロ絵本大賞を受賞。

「PHPわたしのえほん」シリーズ

こわがり屋とこわいもの知らずコンビの、初めての冒険『ゆうきをだしてよ、ローガン!』ふたりの友情にほっこり

  • ゆうきをだしてよ、ローガン!

    出版社からの内容紹介

    おうちが大好きでこわがりやなウサギのローガンと、ぼうけんが大好きでこわいものしらずのルナ。ある日ローガンは、ルナと仲直りするために生まれてはじめてのぼうけんに出かけることに。おそるおそるふみ出したおうちの外は、ワクワクとドキドキがあふれていました。

自分が住んでいる地域のお土産を見つけよう♪『にほんのにんきもの』世界のお友だちの視点から日本を楽しむ企画も充実

  • にほんのにんきもの

    みどころ

    日本の名所やおいしい名物、だれもが知ってるあれやこれ。ぜんぶをめぐるぜいたく旅行に、友だち連れていざ出発!

    みんなを案内してくれるのは、ジンベエ羽織ってゲタを履く、白い犬のふじまろくん。アメリカ、スイスにフランス、ロシア……それぞれの国の衣装を着たかわいいおともだちといっしょに、日本中を飛び回ります。

    「ずーっと にんきもの」の章では、日本一の山、富士山や、相撲が見られる両国国技館。「がいこくの ひとが いきたいところ」では、大阪の道頓堀や、厳島神社などなど。それぞれのテーマに沿った日本の名所が、かわいらしいイラストで紹介されています。

    ほかにも、「なんでも かえる かいもののくに」や、「かわいい どうぶつに あいたい」なんてテーマも! いったい日本のどこが紹介されているか、わかりますか?

    そして、忘れちゃいけないニッポンみやげ!
    「やっぱりうちの県はコレだよね」
    「いやいやもっと良いものあるよ!」
    全国47都道府県を代表するおみやげの品々が、ずらりとならびます。

    海外の人々から見ると、日本にはどんな魅力があるのか? ユニークな視点から自分の住む国をひもとく一冊です。

「コドモエのえほん」シリーズ

「どこどこ?」と言いながらしかけをめくって探し物遊び!『めくってパタパタしかけえほん たまごどこどこ?』海外での受賞経験もあるLaZOOの注目絵本

  • たまごどこどこ?

    出版社からの内容紹介

    ニワトリさんのたまご、どこ行っちゃったの?リスさん、タコさん、モグラさん、シロクマさんのおうちやお店を訪ねながら、しかけをめくってたまごを探そう!色鮮やかな絵の中に、たくさんのめくりしかけがついた「めくってパタパタしかけえほん」。カバーつきの上製本で、プレゼントにもおすすめです。

この書籍を作った人

LaZOO

LaZOO (らずー)

絵本を中心とした、企画・編集・デザインチーム。「あそびのおうさまBOOK」シリーズ(学研プラス)でボローニャ国際児童図書ノンフィクション賞を受賞。手掛ける絵本に、「てあそびおうたえほん」シリーズ(学研)、『みて みて おてて』(作:北川チハル 写真:三原 由宇/アリス館)「Sassyのあかちゃんえほん」シリーズ(監修:Sassy/DADWAY/KADOKAWA)などがある。

ボール遊びをしていたら、ボールがどこかに行っちゃった!『めくってパタパタしかけえほん ボールどこどこ?』よくあるシチュエーションから始まる探しもの絵本

  • ボールどこどこ?

    出版社からの内容紹介

    キャッチボールをしていたら、ボールが飛んでいっちゃった!パン屋さん、海辺、だんご屋さん…、いろいろな場所を巡って、ブタさんたちのボールを探そう!色鮮やかな絵の中に、たくさんのめくりしかけがついた「めくってパタパタしかけえほん」。カバーつきの上製本で、プレゼントにもおすすめです。

「めくってパタパタしかけえほん」シリーズ

五感を使って遊びながら子どもの力を伸ばす『モンテッソーリ知育こうさくワーク』

< 2022年1月新刊&おすすめ

> 2022年3月新刊&おすすめ

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット
全ページためしよみ
年齢別絵本セット