話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
生野 幸吉(しょうのこうきち)

生野 幸吉(しょうのこうきち)

お気に入りの作家に追加する

生野 幸吉さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

10件見つかりました

表示

赤ずきん

赤ずきん

作:グリム  絵:バーナディット・ワッツ  訳:生野 幸吉  出版社:岩波書店  税込価格:¥880  
発行日:1976年  ISBN:9784001151275
クリスマスのものがたり

クリスマスのものがたり

作・絵:フェリクス・ホフマン  訳:生野 幸吉  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,430  
発行日:1975年10月  ISBN:9784834004557
大雪

大雪

作:ゼリーナ・ヘンツ  絵:アロイス・カリジェ  訳:生野 幸吉  出版社:岩波書店  税込価格:¥1,980  
発行日:2018年11月26日  ISBN:9784001126761
赤ずきん(大型絵本)

赤ずきん(大型絵本)

作:グリム  絵:バーナディット・ワッツ  訳:生野 幸吉  出版社:岩波書店  税込価格:¥1,870  
発行日:1978年07月  ISBN:9784001105803
もじゃもじゃペーター

もじゃもじゃペーター

作:ハインリヒ・ホフマン  訳:生野 幸吉  絵:飯野 和好  出版社:復刊ドットコム  税込価格:¥2,200  
発行日:2014年02月10日  ISBN:9784835450339
もじゃもじゃペーター

もじゃもじゃペーター

作:ハインリヒ・ホフマン  絵:飯野 和好  訳:生野 幸吉  出版社:復刊ドットコム  税込価格:¥1,760  
発行日:2007年11月  ISBN:9784835443454
鏡の国のアリス

鏡の国のアリス

作:ルイス・キャロル  絵:ジョン・テニエル  訳:生野 幸吉  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,870  
発行日:1979年12月  ISBN:9784834003352
ふしぎの国のアリス

ふしぎの国のアリス

作:ルイス・キャロル  絵:ジョン・テニエル  訳:生野 幸吉  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,870  
発行日:1978年08月  ISBN:9784834002683
福音館文庫 ふしぎの国のアリス

福音館文庫 ふしぎの国のアリス

作:ルイス・キャロル  絵:ジョン・テニエル  訳:生野 幸吉  出版社:福音館書店  税込価格:¥660  
発行日:2004年06月  ISBN:9784834019841
福音館文庫 鏡の国のアリス

福音館文庫 鏡の国のアリス

作:ルイス・キャロル  絵:ジョン・テニエル  訳:生野 幸吉  出版社:福音館書店  税込価格:¥715  
発行日:2005年10月  ISBN:9784834021424

10件見つかりました

生野幸吉さんの作品のみんなの声

  • 思い出の木

    横長の絵本です。 少し大きなサイズだと思います。 表紙の絵を見た時、 あまりテンションがあがらず ちょっと怖い気もしました。 この2人は兄弟です。 兄のウルスリと妹・・・続きを読む

  • 何やらローマ字で書いてある

    子どもたちが小さい頃、一緒に楽しんだ絵本です。 久しぶりに読みたくなって、本棚から引っ張り出してきました。 あー、そうだそうだ。こんな感じに怖かったんだ。と読みながら思い出しました。 かつては、・・・続きを読む

  • 絵画のようです!!

    最近、日本や世界の名作をよみかえすのにはまっている、娘と私。 おたがい小さい頃から大好きな「赤ずきんちゃん」をいろんな絵本で読み比べてみました。 図書館で見つけた、こちらの大型絵本!! こちらの・・・続きを読む

  • アルプスの自然の厳しさと美しさ

    雪の本が読みたくて、手に取りました。 アルプスの山に住む、ウルスリとフルリーナの兄妹が主人公。 明日のソリ大会に向けて、ソリに飾る毛糸の房飾りを買ってこいと、フルリーナを雪の中、使いに出したウルス・・・続きを読む

  • 1968年、スイス発:けっこう現実的だ

    • 渡辺諦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    「岩波の子どもの本」シリーズ。 60年代にスイスで出版されたものを翻訳した「赤ずきん」。 森や山に囲まれ、本当に狼が出没していた「赤ずきん」の本場(?)の迫力が伝わる。 昔風の絵は、最近の「子ど・・・続きを読む


『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット