話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

東京さんぽ絵本

東京さんぽ絵本

  • 絵本
作: 阿部 行夫
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年12月04日
ISBN: 9784799902387

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
263×212mm 44ページ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

新緑鮮やかな神宮の森、夏の夜空を彩る花火、秋空にうかびあがる神田明神など。東京が季節ごとに見せる顔を詩情豊かに描いた絵本。家にいながら、東京のあちこちを散歩した気分になります。見開き毎にある豆知識もまた一興です。

ベストレビュー

東京へはもう何度も行きましたね          

街にはそれぞれの街なりの表情があって、きっと誰にも自分のお気に入りの街があるにちがいない。
 中でも、東京。
 日本の首都であることはいうまでもないが、街としてもとっても素敵だところだと思う。
 なんといっても、たくさん楽しめるところがある。
 観光地としても有数だろう、一日で回れるはずもない。
 ましてや、「さんぽ」なんて。
 でも、何故か東京には「さんぽ」という言葉が似合っている。
 それは多分、ちょっと歩けば(電車に乗れば)別のいいところに行けるからではないだろうか。

 この絵本の作者である阿部行夫さんはアニメーションの美術監督として多くの作品に携わってきた。だから、街の表情がとても生き生きとしている。
 単に写実というのではない。街の特長をうまく組み合わせて、読者の目の前に街を再現させてくれる。
 阿部さんが描いた東京は、まずは雪の東京駅。しかも上空からの俯瞰。
 続いて、冬の夜の銀座。アメ横、上野公園、皇居、と続く。
 もっと歩こう。
 明治神宮、新宿御苑、お台場では花火を見よう。
 カッパ橋に御茶ノ水、神保町とくれば専門店の街。おっと、秋葉原は「おたく文化の聖地」。
 といった具合に、まだまだ続く。
 この絵本に紹介されていない、東京の見どころスポットはまだまだある。

 東京。好きだな。
(夏の雨さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,200円
693円
880円
770円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,760円
2,035円
2,860円
2,475円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

東京さんぽ絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら