話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ローズのにわ

ローズのにわ

作・絵: ピーター・レイノルズ
訳: かとう りつこ
出版社: 主婦の友社

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年11月
ISBN: 9784072723883

23×19cm 判 40 ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

この作品も、きっと紅茶が使われてますね

 レイノルズさんの「てん」が、水彩絵の具と“紅茶”で描かれたことを知り驚きました。
 この作品も、きっと紅茶が使われてますね。
 
 ティーポットを船にして、世界中を旅する夢をかなえたローズ。
 行く先々で、訪れた記念に花の種を集め旅をし、種がいっぱいになり自分の庭を作ろうと思っていた時に立ち寄ったコンクリートだらけの大きな町。 
 ぽつんと土がむき出しになっている色のない場所を見つけ、・・・。

 えっ、こんな場所に?
 もっと良い場所はたくさんあるんじゃないの?
 なんて、読み進めていたら、花の種までアクシデントに見舞われて、ハラハラドキドキでした。

 種が芽を出すのを辛抱強く待つローズの花への信頼と愛。
 紙の花を差し出すこどもたちの愛。
 そして、本物の開花。
 
 花の色が加わっていく後半は、読者の心を動かすこと間違いありません。

 紙の花も本物の花も見分けがつかない美しさです。
 きっとそれは、どちらも“愛”だからでしょうね。
 そう、全てが“愛”でした。

 ローズは素敵な終の棲家を見つけ、自分の庭を作ったのですね。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,430円
1,210円
1,430円
9,900円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

660円
1,650円
3,300円
2,640円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ローズのにわ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら