新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

スティーヴィーのこいぬ

スティーヴィーのこいぬ

  • 絵本
作: マイラ・ベリー・ブラウン
絵: ドロシー・マリノ
訳: まさき るりこ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784751525432

サイズ: 18.6×21.6
ページ数: 58頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある朝、庭に迷いこんだ小犬を見つけたスティーヴィー。かわいくて、大事に世話をしていましたが、。突然飼い主があらわれて・・・。『ベンジーのもうふ』の作者コンビが描く、心あたたまる絵本。

スティーヴィーのこいぬ

ベストレビュー

ドロシー・マリノの描く仕草がいい!

この作品もドロシー・マリノが絵を描いています。
やっぱり日本での邦訳は2011年ですが、本書自体がアメリカで出版されたのは1961年(たぶん)と、かなり古い作品です。
でも、時代に関係なく、迷子の子犬とぼうや(スティーヴィー)とその両親や近所の友だちなどの関わりありが、すごく自然に表現されていて、読んでいても聞いていても優しい気持ちになってきます。

なんといっても、作品を微笑ましくしてくれているのは、ドロシー・マリノの描いてくれている目線やスティーヴィーの仕草ではないでしょうか?
個人的には、友達のキャシーが自分のイヌを少し離れて所に繋いでから、スティーヴィーが抱いている迷子の子犬の所に飛んでくるシーンが可愛くて好きです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,210円
1,045円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
385円
440円
385円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

スティーヴィーのこいぬ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら