新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト

TOP500

お豆腐

ママ・40代・北海道、男の子16歳

  • Line

お豆腐さんの声

351件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい そそられるクイズ。  投稿日:2015/12/18
かいけつゾロリ(56) かいけつゾロリのクイズ王
かいけつゾロリ(56) かいけつゾロリのクイズ王 作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社
息子は、ゾロリのシリーズにはまっていて、ほとんど学校の図書室や市の図書館から借りたりして、読んでいるようですが、昨年でたこの本は、まだ図書館などにないようで、本屋さんで購入しました。

クイズの内容が大人も楽しいような雑学がいっぱいで、「シュークリーム」の「シュー」とはどんな意味?などとにかく面白いようです。

字の多い絵本も面白いということをはじめて知ったのが、この「かいけつゾロリ」のシリーズだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小学校の教科書に載っていました。  投稿日:2015/12/18
ふたりはともだち
ふたりはともだち 作: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
同じ作者の「ふたりはきょうも」を子供たちに読み聞かせをしたところ、とても面白くて、こちらの絵本も読みました。

しかも最後の「おてがみ」というお話は、子供たちの通う小学校の教科書にも載っていたこともあり、親しみやすかったようです。初回発行が1972年と書いてあり、びっくりしました。大ロングセラーの本。いままで知らなかったです。

挿絵も茶色と緑の淡い感じで、とてもなごみます。「がまくん」と「かえるくん」のやりとりが優しさがいっぱい感じられます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 仲良しのふたりのやりとりが楽しいです。  投稿日:2015/12/08
ふたりは きょうも
ふたりは きょうも 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
夜の読み聞かせにちょうどよい短編が何作か入った一冊です。

「がまくん」と「かえるくん」のやりとりがほのぼのとしていてとても楽しいです。先日、本屋さんでこの二人のぬいぐるみがおいてありました。

お友達の大切さを感じられる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お気に入りの一冊のようです。  投稿日:2015/12/08
なんでも!いっぱい!こども大図鑑
なんでも!いっぱい!こども大図鑑 監: 米村 伝治郎
出版社: 河出書房新社
いろいろな分野の興味深いことが、わかりやすく書かれている図鑑です。とにかく、いろいろなものに興味を示している時期におすすめだと思います。

息子は、毎日いろいろなページを広げてうれしそうに見ています。写真はきれいで、説明はとてもわかりやすいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きなトムとジェリーの絵本  投稿日:2015/02/08
トムとジェリーの昆虫ナンバーワン
トムとジェリーの昆虫ナンバーワン 作画: 大竹 健一
出版社: 河出書房新社
トムとジェリーが大好きで、テレビのアニメをみて大爆笑する息子に買いました。
漫画風に描かれていて、漫画の読み方もこの絵本で覚えたようでした。迷路や間違い探しがたくさんのっているので、楽しめる絵本です。
いろいろなナンバーワンの昆虫がでてきて、昆虫を楽しく学ぶことができます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きなトムとジェリーの絵本  投稿日:2015/02/08
トムとジェリーの海のいきものナンバーワン
トムとジェリーの海のいきものナンバーワン 作画: 宮内 哲也
出版社: 河出書房新社
本屋さんで、トムとジェリーの絵本はありますか?と聞いて案内された絵本です。子どもが大好きなトムとジェリーですが、案外絵本などは種類がないのか、この絵本のシリーズだけでした。

漫画風にかかれていて、大好きなトムとジェリーがたくさん登場します。一緒に海のいきものを探しにいく楽しい内容になっています。途中、間違いさがしや迷路がありとても楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2世代に渡って読みました。  投稿日:2015/02/08
ピッキーとポッキー
ピッキーとポッキー 作: あらしやま こうざぶろう
絵: 安西 水丸

出版社: 福音館書店
子供のころ読んだことのある「ピッキーとポッキー」。「ころろんろん、あさです。」「もぐらのフーちゃんはまだねています。」などの文章も覚えていました。
息子が3〜4歳のときに、おばさんがプレゼントしてくれました。

文章のリズムがとてもよく読みやすいです。色合いもほかにはない深みがあります。お弁当の中身を紹介するページがお気に入りで「きのみのジュース」がどんな味がするのか、飲んでみたくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 写真がすごくきれいです!  投稿日:2015/02/04
写真で知る!びっくり世界一
写真で知る!びっくり世界一 出版社: パイ インターナショナル
いろいろな世界一のものが載っている写真絵本です。その写真がすごくきれいで、迫力があります。見ていてとても楽しくて大人も子供も楽しめる本だと思います。説明文も短くわかりやすく書かれていて、漢字にふりかながついているので、小学一年生の息子でも一人でみていて楽しいようです。
世界は大きいので、まだまだ知らない場所がたくさんあると感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気持ちがわかる!!  投稿日:2015/01/29
ほんをよむのにいいばしょは?
ほんをよむのにいいばしょは? 文: シュテファン・ゲンメル
絵: マリー・ジョゼ・サクレ
訳: 斉藤 規

出版社: 新日本出版社
「ほんをよむのにいいばしょは?」というタイトルにひかれて息子と一緒に読みました。
タイトルにもあるように本を読むのにリラックスして静かに読める場所はとても大事だと思います。
電車の中や病院の待合室など時間を有効利用できる場所。
トイレの中の密室。
まったりと読める布団の中。
図書館の中。などなど人によってお気に入りの場所がきっとあると思います。

主人公のこねずみのニリィがかわいいです。森などの風景の絵もとてもきれいな色合いでとても癒される絵本です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 風邪の時期の読み聞かせによいかも。  投稿日:2015/01/29
はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ
はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ 文: 細谷 亮太
絵: つちだ よしはる

出版社: 童心社
小学校でインフルエンザが流行しているためか、図書館で目にとまり読み聞かせをしました。

内容は、風邪のバイキンのお話で「うがい」や「鼻をかむ」ことでバイキンをおいだすことができることがわかります。
7歳だともう内容が幼すぎたのか、あまり興味を示してくれませんでした。
風邪の時期に幼稚園や保育園などで読み聞かせをしてバイキンについて知るきっかけに良い絵本だと感じました。
参考になりました。 0人

351件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ

  • まめぞうのぼうけん
    まめぞうのぼうけん
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ひとりぼっちの 小さな まめぞうは、大きな海へ とびだしました! 繊細な切り絵の世界は素敵です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット