新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

BEN

パパ・30代・新潟県、女5歳 女3歳

  • Line

BENさんの声

87件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 印象的な絵柄  投稿日:2006/03/11
おおかみと七ひきのこやぎ
おおかみと七ひきのこやぎ 作: グリム童話
絵: フェリクス・ホフマン
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
今さら説明はするまでもないほど有名な「おおかみと七ひきのこやぎ」。
でも外国の作家によるこの絵本は絵がとても印象的。
日本だったら絶対描かないような可愛くない絵柄で
子供が見たらどーなんだろう?と思っていたのですが
そんな事は子供には全然関係なく楽しく読んでいました。
小さい頃に色々な絵を見せてあげるのも、
子供の感性を伸ばしてあげるのにいいと思います。
あとグリム童話は残酷なものも多いのですが、
これも最後に「おおかみ死んだ おおかみ死んだ」と
やぎたちが踊るのですが、あまりにも直接的な言葉に思わず笑ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しいゆうれいに大笑い  投稿日:2006/03/11
ゆうれいとなきむし
ゆうれいとなきむし 作: くろだかおる
絵: せな けいこ

出版社: ひかりのくに
せなさんの絵本は「おばけ」が有名ですが、
これはちょっと変わっていて「ゆうれい」です。
ゆうれいが虫歯の子供を、お化けの歯医者に連れて行ってあげるお話なのですが、
そのやりとりがとっても楽しいんです。
泣き虫の子供をなだめながら、おんぶ?したりぶらさげたりと、
このゆうれいがとっても優しくて親切!
そして出て来た歯医者さんに逃げ出す子供に大笑い。
裏表紙で虫歯の治った子供がゆうれいと仲良く
とうもろこしを食べている姿もとっても素敵。
おすすめの1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う スピード感抜群!  投稿日:2006/03/11
きょうはみんなでクマがりだ
きょうはみんなでクマがりだ 再話: マイケル・ローゼン
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: 山口 文生

出版社: 評論社
絵本にはよく「くまさん」が出てきますが、
これは家族で「熊狩り」に出かける珍しいお話です。
見開きのページに、テンポ良く同じフレーズが6回も繰り返されるので
子供もすぐに覚えちゃいます。
でも本当に面白いのはその後のクマが登場してから。
大慌てで逃げる家族に、それを追いかけるクマ。
ページの構成もここで一挙に数コマで描かれていて
スピード感も抜群!
読んでいるこちらも自然に早口になっちゃいます。
最後に家に入れなかったクマが帰って行くのですが
肩を落とした後姿がちょっぴり寂しそう。
きっとただ一緒に遊びたかったんだね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなのヒーローがらがらどん  投稿日:2006/03/11
三びきのやぎのがらがらどん
三びきのやぎのがらがらどん 作: (ノルウェーの昔話)
絵: マーシャ・ブラウン
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
うちの娘が「がらがらどん」を知ったのは園の発表会。
お姉さん組の子が「オペレッタ がらがらどん」を
可愛く踊っていたんです。
なので、以前からこの本を知っていた自分は
あまりのイメージとのギャップに驚くかも?なんて心配してしまいました。
だって絵は可愛くないし、目を串刺しにしたり結構残酷だったりするから。
でもそんな心配は全然要りませんでした。
娘にはトロルをやっつけちゃう「大きいがらがらどん」はヒーロー。
「すごーい、すごーい」と大喜び。
大人の先入観って子供には通用しないんだな〜って、痛感させられました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 定番中の定番絵本  投稿日:2006/01/09
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
絵本の定番中の定番「ぐりとぐら」。
自分は子供の時に読んだ記憶はないのですが、
うちのカミさんは大好きだったとか。
又、先日も病院で置いてあった本を見たよそのママさんが
「懐かしい〜〜〜!」と声を上げるのを聞いて
長く愛されているんだなと実感しました。

食いしん坊の娘も、食べるのが大好きな「ぐりとぐら」が大好き。
読み終わると
「今度一緒に大きいカステラ食べようね」と言っています。
又動物がたくさん集まってくるページでは
誰々がどーしてるだの、何匹いるか数えたりと楽しく読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「夢の競演」!  投稿日:2006/01/09
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのおきゃくさま 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
「夢の競演」とでも言いましょうか。
ぐりとぐらのお家にやってきたお客様は・・・というお話です。

自分たちの家に続く足跡の正体は?
しかも家の中に入っているし!
という訳で初めて読んである時はスリル満点。
でも次からは読んでる途中で
「サンタさんの足跡〜!」
と嬉しそう。
「サンタ」の言葉は出てはこないのですが、
ぐりとぐらの大好物のカステラを作ってくれるなんて
さすがサンタさん!
ますますサンタさんが好きになる1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読むたびに色々な発見がある絵本  投稿日:2005/12/23
14ひきのあさごはん
14ひきのあさごはん 作: いわむら かずお
出版社: 童心社
すご〜く精密で細かい所まで描かれている作品。
文章も短いし、話自体はとってもシンプルなのですが、
この本の楽しみは絵の方に隠されています。

色々なところに出てくる昆虫を探したり、
指にトゲを刺して手当てをしてもらうろっくんや、
ページごとに場所が変わるぬいぐるみを見つけたり。
文字には出てこないたくさんのお話が描かれていて
読むたびに色々な発見があります。
又、ネズミ目線の構図も素晴らしく
これはまさに「見る」絵本ですよ。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 大爆笑間違いなし!  投稿日:2005/11/22
すっぽんぽんのすけ
すっぽんぽんのすけ 作: もとした いづみ
絵: 荒井 良二

出版社: 鈴木出版
「すっぽんぽんのすけ」なんて名前から想像出来るように
単純明快、勧善懲悪の親子で大笑いできる楽しい絵本。

お風呂上りにすっぽんぽんで家を飛び出した男の子が
すっぽんぽんのすけに変身して、悪者忍者から
猫のみぃちゃんを助け出します。
必殺技は相手をすっぽんぽんにしちゃう
「すっぽんぽんのすけ、かえしのじゅつ〜!」

風呂上りに裸で逃げ出すぽんのすけに、娘は自分みたい〜と大喜び。
そして悪者もみんなおちんちん丸出しで大爆笑。
時代劇風の言葉もテンポ良く、あっというまに読み上げると
「もう1回」「もう1回」の繰り返しで
きっと何度も読まされる事間違いありません!
でもこの時期に「ぽんのすけごっこ」だけはしないでおくれ〜。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しく虫たちの生態が分かっちゃいます  投稿日:2005/11/22
てんとうむしのてんてんちゃん
てんとうむしのてんてんちゃん 作: 高家 博成 仲川 道子
出版社: 童心社
娘が保育園から借りてくる絵本の中でも、お気に入りの1冊です。
園でも人気があるらしく、何回も借りていく子が多いとか。

てんとうむしのてんてんちゃんが、仲間と遊んでいると
カナヘビがやってきて、パクッと食べられちゃいます。
絶体絶命、どうするてんてんちゃん!?

珍しく子供の絵本で「ど〜なるんだろっ?」なんてこっちもハラハラしてしまいました。
足から苦い汁を出して逃げ出すのですが、そんな昆虫の生態がおかしく描かれていて楽しい絵本です。
(自分もそんなの知らなかったな〜)
あと「ぽちぽちくん」や「クロちゃん」なんてネーミングも可愛らしく、子供達に人気があるの納得しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一緒にうたおう、あのうたを!  投稿日:2005/11/22
めっきらもっきらどおんどん
めっきらもっきらどおんどん 作: 長谷川 摂子
絵: ふりや なな

出版社: 福音館書店
正直この絵本が紹介されていた時は、絵柄で無理!なんて思ってました。
ところが店頭で目にして読んでみた所、「こいつは面白い!」
娘がもう少し大きくなったら買ってあげようと思っていたのですが、
先日娘が保育園から借りてきたのがコレでした。
早速読んであげると、案の定でたらめのうた「ちんぷくまんぷく〜」に大爆笑。
そして遊んでくれないと泣き出す妖怪たちを、大の怖がり屋の娘も一発で気に入ってしまいました。
そして借りている間に何回も読まされ、最後にかんたが忘れたあのうたをすぐに覚えて一緒に歌っています。
あと最初読んであげる前に、是非読む練習した方がいいかもしれませんよ。
(そうしないと、こっちがこんがらっちゃいそう?)
参考になりました。 0人

87件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット