ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  人気シリーズ 最新刊(2023年11月 新刊&おすすめ絵本)

連載

2023年11月 新刊&おすすめ絵本

連載トップへ

絵本紹介

2023.11.21

  • twitter
  • Facebook
  • line

人気シリーズ 最新刊(2023年11月 新刊&おすすめ絵本)

目次

わーい、待ってました!
思わず期待が声に出てしまう、大人気のシリーズ最新刊が続々と登場です。

まずは子どもから大人まで共感に共感を呼んだ大ヒット作品の第2弾『大ピンチずかん(2)』、ピンチの研究はさらに進化しているそうで、気になりますね。あの黄色い人たち、いやネコたち、「ノラネコぐんだん」シリーズにも新刊が! 今回の舞台はキャンプ、たまらなくおいしそうでおもしろそうな匂いがします。「〇〇ません。」シリーズ3作目は『とびません。』、「とべない」ではなく「とばない」ペンギンが主役です。タイトルからすでに強固な意志が伝わってきます……。

まだまだ! 20年にわたるロングセラー、いとうひろしさんの「ルラルさんのえほん」シリーズや、たかいよしかずさんの「ようかいむら」シリーズ。ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズには、中野真典さん、平澤朋子さんが絵を担当した最新刊2冊が仲間入り。どんな賢治ワールドを見せてくれるのでしょうか。

クリスマスのギフトにもぴったり、むしろ自分への贈り物にもしたくなるラインナップばかり。どうぞお見逃しなく!

ベストセラー絵本第2弾が進化して登場!『大ピンチずかん(2)』「大ピンチグラフ」でピンチの原因を解明、これでピンチに備えられる……?!

  • 大ピンチずかん(2)

    出版社からの内容紹介

    大ピンチグラフ採用で大ピンチが丸わかり!

    子どもが大ピンチに陥ってしまったとき、その大ピンチの理由がわかれば、そんなにおそれることはない。進化した『大ピンチずかん2』では、子どもが陥りやすい大ピンチを、大ピンチレベルの順に掲載するのはそのままに、新たに採用した「大ピンチグラフ」で、6つの要素からその理由を解明する。さてきみの大ピンチの原因はなんだろう?ドキドキ?イライラ?それともつらい?


    【編集担当からのおすすめ情報】
    ベストセラー絵本『大ピンチずかん』の第2弾が、満を持して登場。その名も『大ピンチずかん2』!・・・ふつうだ。しかし内容はやっぱり期待を裏切らない。親子で一緒に楽しめる、大爆笑に満ちている!
    きみはごはんつぶをふんだことはあるかな?外でズボンのゴムが切れたことは?大ピンチは日常の生活の中で、ふとした拍子に突然やってくる。『大ピンチずかん』を知っているきみたちはもうあせったりしない。今回新たに採用された大ピンチグラフで、このピンチは何が原因か考える。そしてきみたちは気づくはずだ。そう、この時点でこれはもうピンチですらないことを。そんな『大ピンチずかん2』。いつも手元に置いて、突然の大ピンチに備えてほしい。

この書籍を作った人

鈴木 のりたけ

鈴木 のりたけ (すずきのりたけ)

1975年、静岡県浜松市生まれ。会社員、グラフィックデザイナーを経て、絵本作家に。『ぼくのトイレ』(PHP研究所)で第17回日本絵本賞読者賞、『しごとば東京スカイツリー®』(ブロンズ新社)で第62回小学館児童出版文化賞、『大ピンチずかん』(小学館)で第6回未来屋えほん大賞・第13回リブロ絵本大賞・第15回MOE絵本屋さん大賞を受賞。また2022年に第2回やなせたかし文化賞を受賞した。ほかの作品に『おしりをしりたい』(小学館)、『す〜べりだい』(PHP研究所)、『ねるじかん』(アリス館)など多数。

インコ、カバ、カメレオン、モモンガ……しかけをめくると動き出す! 特徴や鳴き声まで動物のこともよくわかる『ふしぎな!どうぶつパーク』

  • ふしぎな!どうぶつパーク

    出版社からの内容紹介

    ふしぎな動物たちが大集合! しかけをめくると動物たちが動き出すよ。本作では、いんこ、かば、かめれおん、かんがるー、しまうま、となかい、はりねずみ、ももんがが登場します。 動物の特徴や、すんでいる場所もひと目でわかります。読み聞かせしやすい鳴き声やオノマトペも盛りだくさん! 動物園に行く前、行った後に読むのもおすすめです。

「どうぶつしかけえほん」シリーズ

この書籍を作った人

いしかわ こうじ

いしかわ こうじ (いしかわこうじ)

1963年千葉県市川市生まれ。絵本作家。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。 大学在学中よりイラストレーターとして活動。広告や雑誌、キャラクターデザインなどで作品多数。 2000年頃から、紙で作った小さな犬「ペーパーわんこ」と世界を旅して撮影するプロジェクトを展開。 「世界を旅するペーパーわんこ」等、工作絵本を3冊出版。 2006年「どうぶついろいろかくれんぼ」出版を機に絵本作家となり、約60冊の絵本を出版。 ユニークな発想と、暖かな色彩の造形で、芸術性とポピュラリティを両立した絵本を数多く生み出している。 第9回講談社童画グランプリで大賞受賞。イタリア・ボローニャ国際絵本原画展で入選。「たまごのえほん」が第44回造本装幀コンクール・日本書籍出版協会理事長賞。 「おめんです」が第1回積文館グループ絵本大賞。 「どうぶついろいろかくれんぼ」かたぬき絵本シリーズ(現在13作品)は、累計250万部を超えるロングセラー。 主な絵本に「どうぶついろいろかくれんぼ」「のりものいろいろかくれんぼ」「くだものいろいろかくれんぼ」 「どうぶつもようでかくれんぼ」「うみのいきものかくれんぼ」「むしいろいろかくれんぼ」 「ハロウィンのかくれんぼ」「クリスマスのかくれんぼ」「ふねくんのたび」「つみきくん」 「つみきくんとつみきちゃん」「パンダくんのおつかい」「あかちゃん にこにこ」 「あかちゃん はーい」「どうぶつくみたてパズル」「ペーパーわんこ絵本 コタロウ」(以上ポプラ社)、 「たまごのえほん」「はなのさくえほん」「りくののりものえほん」「そらののりものえほん」 「はたらくのりものえほん」「おはようのえほん」「おやすみのえほん」(以上童心社)、 「おめんです」「おめんです2」「まほうつかい」(以上偕成社)等があり、 フランス・台湾・中国・ベトナム・韓国・ロシアなど海外でも翻訳版が数多く出版されている。 読み聞かせ会等で活躍する、大型版絵本を出版多数。 講演会やワークショップも、国内各地・海外で精力的に行なっている。

キャンプにやってきたワンワンちゃんたち、背後に忍び寄るきいろい影は……新キャラクターも登場! 大ヒットシリーズ11作目『ノラネコぐんだん ぺこぺこキャンプ』

  • ノラネコぐんだん ぺこぺこキャンプ

    出版社からの内容紹介

    累計300万部突破の大ヒットシリーズ。
    11作目にして、初めて「しごとが おやすみ」のワンワンちゃんたちが、キャンプにやってきました。
    おいしそうなホットケーキを焼いています。
    でも背後には、今回もやっぱり忍び寄る、黄色い影…!?
    かっこいい新キャラクターの登場や、びっくり&ほっこりの新展開も♪
    2023年11月刊

「ノラネコぐんだん」シリーズ

「ノラネコぐんだん」グッズはこちら

この書籍を作った人

工藤 ノリコ

工藤 ノリコ (くどうのりこ)

1970年、横浜市生まれ。女子美術短期大学卒業。絵本作家、漫画家。絵本に『センシュちゃんとウオットちゃん』(小学館)『セミくん いよいよ こんやです』(教育画劇)『寿限無』(ほるぷ出版)『フローリアとおじさん』(白泉社)『ペンギンきょうだい れっしゃのたび』(ブロンズ新社)『ピヨピヨ スーパーマーケット』『ピヨピヨ メリークリスマス』『ピヨピヨ もりのゆうえんち』(佼成出版社)、読み物に『letters レターズ』(偕成社)『マルガリータとかいぞく船』(あかね書房)、マンガに『さすらいの就職犬!ワンワンちゃん』(白泉社)など多数。

鳥なのに、仲間がいっしょに飛ぼうと誘ってるのに、ペンギンは空を『とびません。』その理由は? 人気コンビ「◯◯ません。」シリーズ第3弾

  • とびません。

    出版社からの内容紹介

    ペンギンは鳥だけど、空を飛ばなくたっていいんです

    鳥なのに空を飛ばないペンギン。鳥の仲間がいっしょに飛ぼうよと誘っても飛びません。飛行機に乗ったゴリラや、気球に乗ったパンダがあらわれても飛びません。空を飛ばないのには、ちゃんと理由があるんです。『うごきません。』のコンビによるユーモア絵本。

この書籍を作った人

大塚 健太

大塚 健太 (おおつかけんた)

埼玉県出身。絵本や紙芝居のおはなしのほかに、 脚本なども執筆している。絵本作品に「いちにちパンダ」 「よるだけパンダ」「カピバラせんせいのバスえんそく」(以上小学館)、 「おにゃけ」「でんにゃ」「虫にんじゃ」(以上パイインターナショナル)、 「フンころがさず」(角川書店)など。

この書籍を作った人

柴田 ケイコ

柴田 ケイコ (しばたけいこ)

1973年、高知県生まれ。奈良芸術短期大学ビジュアルデザインコース卒業。2002年より広告全般、出版物など、イラストレーターとして高知県で活動中。2009年、第10回ノート展準大賞を受賞。2016年『めがねこ』(手紙社)で絵本デビュー。2児の母。おいしいものが大好き。

ロングセラーシリーズ第10作目『ルラルさんのえほん(10) ルラルさんのたきび』キャンプに行き、料理をしたいルラルさん。ためしに焚き火にチャレンジしたら……!

  • ルラルさんのえほん(10) ルラルさんのたきび

    出版社からの内容紹介

    ロングセラー絵本シリーズ、記念すべき第10作目。
    ――小さな焚き火からはじまる、大きな冒険の旅へ!

    ページをめくるたび、わくわくする展開が楽しめるお話。

    キャンプに行って、料理をしたいルラルさんは
    ためしに、焚き火をしてみようと思いました。
    「もっと まきを くべましょうよ」
    庭のみんながやってきて、
    焚き火に薪をどんどんのせていきます。
    煙がもくもく、もくもく。あたりは一面真っ白に……。
    ルラルさんの、焚き火をめぐる冒険のはじまりです。

    〜10作目によせて 作者のいとうひろしさんからメッセージ〜
    ルラルさんは、生まれた時からおじさんでしたが、30年たった10作目でも、おじさんのままです。でもルラルさんは、わがままな子どもに見えたり、がんこな年寄のようだったりします。いろいろな顔を持つルラルさんだからこそ、多くの人に楽しんでもらえたのでしょう。ルラルさんは、これからもずっとこのまま、おじさんです。――いとうひろし

「ルラルさんのえほん」シリーズ

この書籍を作った人

いとう ひろし

いとう ひろし (いとうひろし)

1957年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。独特のユーモラスであたたかみのある作風の絵本・挿絵の仕事で活躍中。おもな作品に 「おさるのまいにち」シリーズ(講談社刊、路傍の石幼少年文学賞受賞)、「ルラルさんのにわ」シリーズ(絵本にっぽん賞受賞)「くもくん」(以上ポプラ社刊)、「あぶくアキラのあわの旅」(理論社刊)、「ごきげんなすてご」シリーズ、「ふたりでまいご」「ねこと友だち」「マンホールからこんにちは」「アイスクリームでかんぱい」「あかちゃんのおさんぽ@A」「ねこのなまえ」(以上徳間書店刊)など多数。「ふたりでまいご」の姉妹編、「ふたりでおるすばん」が徳間書店から11月に刊行予定!

妖怪がっきーはどう見てもお年寄り。なのにようかい神社に七五三のお参りにやってきた?!「ようかいむら」シリーズ『ようかいむらのめでたししちごさん』

  • ようかいむらのめでたししちごさん

    出版社からの内容紹介

    どうみてもおとしより、がきのようかいのがっきーが、ようかい神社にやってきました。ようかいむらでは3歳、5歳、7歳、そして753歳の節目をみんなでお祝いします。がっきーは、どんな七五三をむかえたのでしょうか。

「ようかいむら」シリーズ

この書籍を作った人

たかい よしかず

たかい よしかず (たかいよしかず)

大阪府堺市生まれ。魚座。大阪芸術大学デザイン学科卒業。(株)京田クリエーション入社。2001年、2003年、2006年、2011年ボローニャ国際絵本原画展入選。明治「マーブル チョコレート」キャラクターの「マーブルわんちゃん」、兵庫県西宮市観光キャラクター「みやたん」など、多くのキャラクターデザインを手がけるとともに、イラストレーターとしても活躍している。その他の主な作品に、『怪談レストラン』シリーズ(童心社)の装丁・挿し絵、『おはなし・くろくま』シリーズ『わくわく・くろくま』シリーズ(ともにくもん出版)、エッセイ集『キャラクターデザインの仕事』(大日本図書)『うごくくるまえほん 』(ミキハウス)など。見た人を元気にする作品づくりがモットー。

画かきに連れられて林に入った清作が目にしたものはーー月夜の晩の幻想的な物語を中野真典さんが描く『かしわばやしの夜』「宮沢賢治の絵本」シリーズ

「宮沢賢治の絵本」シリーズ

この書籍を作った人

中野 真典

中野 真典 (なかのまさのり)

1975年兵庫県生まれ。大阪芸術大学卒業。保育士として勤務。のちに画家、絵本作家として本格的に活動を開始する。主な絵本に、『おもいで』(文・内田麟太郎)、『おはなしトンネル』(以上イースト・プレス)、『もういいかい』(BL出版)、『かかしのしきしゃ』(理論社)、そのほか紙芝居絵本『あなのはなし』(童心社)。高山なおみとの共作に『どもるどだっく』(ブロンズ新社)、『たべたあい』(リトルモア)、『ほんとだもん』(BL出版)、『くんじくんのぞう』(あかね書房)などがある。

天の川から海底まで平澤朋子さんによる美しい賢治ワールド『双子の星』「宮沢賢治の絵本シリーズ」第40弾は賢治童話初期の傑作

「宮沢賢治の絵本」シリーズ

この書籍を作った人

平澤 朋子

平澤 朋子 (ひらさわともこ)

"1982年、東京に生まれる。武蔵野美術大学卒業後、フリーのイラストレーターとしてさまざまな媒体で活動。装画、挿画を手がけた主な児童書に、『トメック』『ハンナ』『緑の模様画』『ニルスが出会った物語』シリーズ(以上福音館書店)、『わたしのしゅうぜん横町』(ゴブリン書房)、『アギーの祈り』(偕成社)、『青矢号』(岩波少年文庫)、『赤い髪のミウ』『あしながおじさん』『クロックワークスリー』(以上講談社)、『きんいろのさかな・たち』(くもん出版)、『緑の精にまた会う日』(徳間書店)、『ならの木のみた夢』(アリス館)などがある。東京都在住。おはなしとあそびを届けるユニット「ピピオ」としても活動中。http://casa-pipio.jp/好きな事:映画を見る 散歩をする 旅行をする 辛いものを食べる"

この書籍を作った人

宮沢 賢治

宮沢 賢治 (みやざわけんじ)

1896年岩手県花巻市に生まれる。盛岡高等農林学校農芸化学科卒業。十代の頃から短歌を書き始め、その後、農業研究家、農村指導者として活動しつつ文芸の道を志ざし、詩・童話へとその領域を広げながら創作を続けた。生前に刊行された詩集に『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』がある。彼の作品の殆どは没後に高く評価され多数の作品が刊行された。また、何度も全集が刊行された。1933年に37歳で病没。主な作品に『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』『ポラーノの広場』『注文の多い料理店』『どんぐりと山猫』『よだかの星』『雪渡り』『やまなし』『セロひきのゴーシュ』他多数。

【動画公開中】冬を迎える準備をはじめよう 絵本・児童書22選

文:竹原雅子 編集:木村春子

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】
入園入学の準備はこちらから♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット