まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

中川 千尋(なかがわちひろ)

中川 千尋(なかがわちひろ)

翻訳家として『ふしぎをのせたアリエル号』『おもちゃびじゅつかんでかくれんぼ』(徳間書店)『魔女のこねこゴブリーノ』(福音館書店)『せかいでいちばんつよい国』(光村教育図書)など多くの訳書を手がける一方、著書に『おえかきウォッチング 子どもの絵を10倍たのしむ方法』(理論社)、創作絵本や童話に『のはらひめ』『きょうりゅうのたまご』『たこのななちゃん』(徳間書店)、野間児童文芸賞を受賞した『かりんちゃんと十五人のおひなさま』(偕成社)、日本絵本賞読者賞を受賞した『天使のかいかた』(理論社)、『おじいちゃんちでおとまり』(ポプラ社)などがある。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

172件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  次へ→  最後のページ

表示

  • おたすけこびととおべんとう
  • きょうりゅうたちのおーっとあぶない
  • きょうりゅうたちもペットをかいたい
  • ひみつのビクビク
  • 物語 たくさんのお月さま
  • きみがいま
  • イギリス・スコットランドのむかしばなし ノロウェイの黒牛
  • いつか あなたが おおきくなったら
  • おおかみのおなかのなかで
  • クリスマスツリーをかざろう
  • そらはあおくて
  • 101ぴきのダルメシアン
  • プリンちゃんのハロウィン
  • あかちゃんがどんぶらこ!
  • ずっと
  • いっしょにおいでよ
  • ちっちゃい おおきい おんなのこ
  • たくさんのドア
  • まほろ姫とにじ色の水晶玉
  • きょうりゅうたちのクリスマス
  • サイモンは、ねこである。
  • ペペットのえかきさん
  • おたすけこびとのにちようび
  • ゆめみる ハッピードリーマー
  • きょうりゅうたちがけんかした
  • がっこうだって どきどきしてる
  • きょうりゅうたちのいただきます
  • にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち
  • ぶきみなよるのけものたち
  • ソーニャのめんどり
  • こころの おと
  • きょうりゅう きょうりゅう ミニブック(ボードブック)
  • ことりのおそうしき
  • おかしのくにのプリンちゃん(全4冊セット)
  • めいちゃんの500円玉
  • プリンちゃんとブラウニーとうさん
  • だいすきなパパへ
  • くろねこのロク空をとぶ
  • ことりのみずあび
  • 三つのまほうのおくりもの
  • サムとデイブ、あなをほる
  • ぷんぷんおばけ
  • まほろ姫とブッキラ山の大テング
  • ぼくつかまらないもん!
  • サンタクロースの おてつだい
  • おたすけこびととあかいボタン
  • あきちゃった!
  • もじゃもじゃ ヒュー・シャンプー
  • びじゅつかんへいこう
  • プリンちゃんとモンブランばあば

172件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  次へ→  最後のページ

中川 千尋(なかがわちひろ)さんの作品のみんなの声

  • 自分を分析する

    尾てい骨と覚えた骨を、尾骨と言うらしいことを考え考えページをめくっていくと、作者の強引とも思える自分解析に引きずりこまれてしまいました。 気づかない能力を兼ね備えている、自分は確かにスゴい存在なのだ・・・続きを読む

  • おしゃれで素敵な不朽の名作

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    原書の初版が60年前ということで、当時こんなにおしゃれで素敵な絵本が存在していたことが、驚きです。 すきな物、おいしい物、楽しみにしていることなど、現代の日本でも変わりがなく、なんだかうれしくなりま・・・続きを読む

  • 長すぎる

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    コブタくんがおばあちゃんのお誕生日に「特別な郵便」を届けてもらうお話でしたが、郵便のプロセスが長くて、私は読んでいて飽きてしまいました。 もう少し、コンパクトにお話がまとまっていたほうが良かったと思・・・続きを読む

  • ひな人形達が動いたら...

    • あさのこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子8歳、男の子6歳

    6歳と8歳の子供と読みました。 文章もページ数も多いため、一人で読むには難しいですが、お話を聞くぶんには2人とも楽しめた様子でした。 主人公かりんを含む、女の子3人のお雛様を巡るお話。それぞれ・・・続きを読む

  • 三原色

    『COLOR DANCE』が原題。 子どもたちが色の布を持って舞い、混色の原理を教えてくれます。 この発想、素敵です。 注目は、配分によって、さらに細かく色があるということ。 途中加入の男の子・・・続きを読む


あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット