話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
野坂 悦子(のざかえつこ)

野坂 悦子(のざかえつこ)

1959年、東京都に生まれる。早稲田大学第一文学部英文学科卒業。オランダ、フランスでの滞在を経て、1989年『レナレナ』(ハリエット・ヴァン・レーク、2019年朔北社により復刊)で翻訳者デビュー。以降、オランダ語、英語、フランス語のすぐれた作品を翻訳する。2002年、『おじいちゃんわすれないよ』(金の星社)で、産経児童出版文化賞大賞を受賞。翻訳のみにとどまらず、オランダの文化を積極的に日本に紹介している。訳書に『フランダースの犬』(岩波書店)、『第八森の子どもたち』(福音館)他多数。紙芝居『やさしいまものバッパー』(童心社)などの創作もある。2001年、「紙芝居文化の会」の創立に加わり、海外統括委員もつとめるなど日本の文化としての紙芝居を海外に広める活動もつづけている。

お気に入りの作家に追加する

野坂悦子さんに関連する著者

野坂 悦子さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

127件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  次へ→  最後のページ

表示

  • ぼくといっしょに
  • ねえさんの青いヒジャブ
  • おいで、アラスカ!
  • レナレナ
  • ばらいろのかさ
  • ビーバのそらのたび せかいを ぐるっと いえめぐり
  • 映画ってどうやってつくるの?
  • ジバンシィとオードリー ―永遠の友だち―
  • ねずみのマウリッツ
  • クレーンからおりなさい!!
  • リスのたんじょうび
  • とんがりぼうしのオシップ
  • ようこそロイドホテルへ
  • 100時間の夜
  • 劇場ってどんなところ?
  • シラユキさんとあみあみモンスター
  • ミスターオレンジ
  • すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン
  • ちいさな かいじゅう モッタ
  • カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし
  • おしえて、レンブラントさん
  • だって、だって、だって 〜ぼくは ニコデム〜
  • ぼくのたいせつなぼうし
  • おたすけなみだとおじゃまなみだ
  • ぼくとテスの秘密の七日間
  • ちぐはぐソックス
  • あかい ほっぺた
  • ふたつのねがい
  • 美術館ってどんなところ?
  • ケープドリ ケープタワーのまき
  • ロロとレレのほしのはな
  • ぼくは ニコデム
  • ケープドリ はつめいのまき
  • リッキのたんじょうび
  • いつもいつまでもいっしょに! ポレケのしゃかりき思春期
  • ケープドリとモンドリアンドリ
  • でも、わすれないよベンジャミン
  • ローズ色の自転車
  • いつまでも ずっと
  • ネジマキ草と銅の城
  • ゆきだるまのスノーぼうや
  • たいせつなてがみ
  • アルノと サッカーボール
  • フィートは はしる
  • ケープドリ あらしのまき
  • ほしをめざして
  • ヒヤシンスひめ そらにうかんだおんなのこの あっとおどろくおはなし
  • あいつは トラだ! ベリゼールのはなし
  • 小さな可能性
  • かぞえてかぞえてたんじょうび!

127件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  次へ→  最後のページ

野坂悦子さんの作品のみんなの声


似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット