新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
おにの子こづな

おにの子こづな

  • 絵本
作: 木暮 正夫
絵: 斎藤 博之
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,595

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1991年
ISBN: 9784593562299

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

じさまとむすめが畑しごとをしていると、赤鬼ののった、黒い雲が近づいてきて、むすめをさらっていってしまった。何年かして、じさまがむすめをさがしにいくと……。

ベストレビュー

息子大満足!

じさまと暮らしていた娘が鬼にさらわれ、
男の子が生まれます。
この男の子がこづな。

そして娘を探しにでかけたじさまは、
はたおりの音のする一件の家にたどり着きます。
そして小さい子供が出てきます。

この場面で息子は「あっ!もしかして!」と声をあげました。
そう、こづなと娘と鬼が暮らしている家です!

昔話があまり好きでない5歳の息子も、
小さい男の子が主人公で、
親近感が沸いたのか、
途中から話に吸い込まれるように絵本に見入っていました。

そしてこづなの提案で逃げる三人。
じさまとお母さんを助けるために、
自分のお父さんである鬼と奮闘しますが、
お尻を出してペンペンする場面、
とっても子供らしい作戦で、
読んでた息子も大満足!

昔話で絵もとっても昔風なのに、
今の子供とおなじようなこづなの行動に、
とっても親近感が沸いている息子。

読み終わった後は「面白かったねー!」と
大満足したようでした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,595円
1,650円
1,485円
1,430円
1,602円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,320円
418円
2,178円
2,200円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

おにの子こづな

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら