新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
紙芝居 おとうさん

紙芝居 おとうさん

作: 与田 凖一
絵: 田畑 精一
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,090

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1968年06月
ISBN: 9784494075959

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

南の島にひとりぼっちで住んでいた、魔物のマンガラン・グリーン・ベクーは、川で水あびをして遊んでいたお父さんとぼうやをみて、二人がうらやましくなります。ふしぎな呪文をとなえてお父さんそっくりに化けたマンガラン・グリーン・ベクーは、自分が本当のお父さんだと、ぼうやを連れていこうとします。どちらが本物のお父さんか見分けがつかないので、島の王様に相談することになりました。王様はお父さん二人に、交代でぼうやをたいこに入れて山のぼりをするよう命じますが……。

ベストレビュー

おとうさんって、どうして隙があるの?

  スマトラ民話だそうです。絵もスマトラっぽくて、個人的には大好きです。
  あんまり紙芝居を読むのがうまくなくても、とてもうまい脚本なので、それだけでも読む価値あります。
 
  南の島に住む魔物が、つぶやきます。
 「おとうさんっていいな、ぼうやがいて孤独じゃない」と。
 
  だから、お父さんに化けて子供を誘拐。
  でも、本当のお父さんとばったりでくわすのです。
  ここからが、結構面白いです。
  
  さあ、本当のお父さんは???どっち?
  お父さんでいるのもつらいよ、と魔物は心底思うのです。

  お父さんの権力(?)を復活させたい家庭には(?)ぜひ読んでほしいです。
(セルバさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
2,090円
1,650円
1,650円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

385円
1,980円
385円
385円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

紙芝居 おとうさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら