新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
じゅうにしものがたり

じゅうにしものがたり

作・絵: 瀬川 康男
出版社: グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,980

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784906195527

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 猫はどうして十二支に入れなかったのか、ネズミの視点から描かれています。この絵本の特徴はなんといっても芸術的な瀬川さんの絵。
装飾的でありながら生き生きとした動きも感じます。愛蔵版ですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ねこはなぜ十二支にはいらなかったのか?
瀬川康男が描く躍動に満ちた絵巻物語。

ベストレビュー

千代紙に使うような色合いが素敵。

少し前にも、別の十二支のお話を紹介しましたが、今回はせがわやすお氏の絵本を紹介します。
内容は同じ。ただ、こっちはあくまでもねずみを主人公として扱っています。
小さくて、弱い自分が、いち早く御殿へ着くには、どうするべきか。悩んだねずみは、神様の元へ向かう動物たちを次々と乗り継いで、最後は一番乗り。という、ストーリー。
物語はともかく、せがわさんのイラストは個性的で、素敵。
動物に独特の模様を描いているんですが(千代紙に使うような色合わせ)、これが、ものすごくいいセンスなんです。
小学生くらいになれば、十分読めるないようなので、機会があったら、ぜひ、読んでみて下さい。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
5,225円
10,780円
8,800円
10,450円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
440円
1,100円
3,300円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

じゅうにしものがたり

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら