新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ゆきひらの話

ゆきひらの話

  • 児童書
作: 安房 直子
絵: 田中 清代
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年02月
ISBN: 9784033134109

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
22cm×19cm・48ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

安房直子の傑作童話を田中清代が絵童話にしました。

病気のおばあさんをなぐさめるためにおなべのゆきひらくんがはりきってリンゴの甘煮を作ります。
安房直子の傑作童話が田中清代さんの手で童話絵本に!

ゆきひらの話

ベストレビュー

「和」のファンタジー

「ゆきひらをしっていますか」と、読者に語りかけるように始まるお話は、
うっとりするような「和」のファンタジー。
気持ちに沁み込んでくるような安房直子さんの文章に、
田中絹代さんの柔らかい絵が寄り添って
あぁ、日本語ってきれいだなぁ、日本人で良かったなぁ、と思ってしまいました。

「ゆきひら」とは、小さな茶色い陶器のお鍋(雪平鍋)のこと。
一人暮らしのおばあちゃんが熱で寝ていると、
古い家の台所から「ぼくは、おなべのゆきひらです。ちょっと、ここのとだなを、あけてください。」と元気な声が。
ゆきひらは何を作るでしょうか。

「ゆきひら ゆきひら ゆきのなか」
小さなお鍋の魔法のことばが印象的。
出来上がった「つめたいおかし」は、見開きいっぱいに描かれていて、
ため息が出るほど、きれいで、おいしそう。
読み終えて、すぐ巻末のレシピで作らされ(雪平鍋ではなく、小さなお鍋で作りました)、
息子達は冷めるのを待たずにたいらげました。

私が好きなのは、満たされて眠ったおばあさんが見た夢の場面。
挿絵の花のようにふわっと優しく、甘酸っぱくて、儚くて。
懐かしい、愛する人の記憶は
弱っているとき、自分自身を元気づける力をくれるのかもしれません。
このあたりは、大人の方がぐっとくるかもしれませんね。

コトコト煮込むゆきひらのように
じんわりじんわり沁みてくる素敵な作品。
小学生位のお子さん〜大人の方におすすめです。
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
880円
1,320円
1,870円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
385円
440円
385円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ゆきひらの話

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら