新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

えれふぁんてせんべい

ママ・40代・

  • Line

えれふぁんてせんべいさんの声

288件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 順に指さし  投稿日:2017/01/12
どれにしようかな
どれにしようかな 作・絵: つちだ のぶこ
出版社: Gakken
歌って読むと子どもがおもちゃを指さします。子どもの気に入るおもちゃが描かれていないと、子どもは怒ります。「どれにしようかな・・・」という一種の数え唄のメロディーは、現代の子どもにも親しみやすいようです。歌いながら絵本の世界には入りこみ、絵本の表紙から車のおもちゃが出てくることを期待した子どもは、読後、大泣きしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもに人気の作家さん  投稿日:2017/01/11
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
このシリーズで一番目立つ背表紙、子どもが迷いなく持ってくる絵本です。数字と絵が描かれていて、ひらがなの説明はないので、読み手が好きな言語で読めます。ゾウさんの表情、風船を飛ばしてしまいそうになるハプニング、どの数にも物語があって、楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 読み聞かせしにくい  投稿日:2017/01/11
あかのほん
あかのほん 著: 五味 太郎
出版社: 復刊ドットコム
フラミンゴ、消防車、ニンジンなど絵は可愛らしいし、絵に対応した文字の大きさも適切で、それだけなら0〜1歳向けだと思うのですが、絵に添えられた小さい文字の一文が2歳児に伝わらず、説明が必要でした。あの一文は3歳にならないと無理ではないでしょうか。ニンジンの絵が書いてあるページで「だいこんなら しろい本」って・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鉛筆を持ち始める前に使えました。  投稿日:2017/01/10
下村式 唱えて覚える カタカナ アイウエオ
下村式 唱えて覚える カタカナ アイウエオ 著: 下村昇
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
「たて はね」などの書き順の説明、濁点表記、文字の大きさ、絵本らしさなどいずれも考え抜かれています。0歳児から馴染んだ絵本であればイヤイヤ期にも素直に読むので、この絵本は0歳のうちに買っておいて良い本です。年齢に応じて2つの使い方ができます。まず、0歳からイヤイヤ期前までは、この絵本にかかれた書き順の説明を利用して、腕で空に文字を書く遊びを行います。物語につきあうようになったら、読み聞かせをすれば良いのです。物語がしっかりしているし、リズム感もあります。自信を持っておすすめしたい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 安らげる場所  投稿日:2017/01/10
ぼく、ドジオ。
ぼく、ドジオ。 著: いわい としお
出版社: 小学館
ドジオに自信を与えた家族の温かい眼差しが、懐かしさとともに伝わってきました。大人になると、他人におだてられて失敗する人など、本来の自分を見失って努力する人を見ることが多いものですが、この絵本では、ドジオらしさを肯定しながらドジオの向上心をひきだしていて、この家族の眼差しに救われた思いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色とりどりの秋  投稿日:2017/01/08
なんのおと あき
なんのおと あき 作: ビーゲン セン
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
秋の音、リンリン鈴虫、カサカサ葉っぱ、七五三、秋の風物詩が賑やかに展開されます。子どもと一緒に「なんのおと?」と言いながらページを開く楽しみ、親も飽きることない一冊です。虹色のお月見団子、子どもと一緒に作ってみます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 羽根つき、凧揚げ  投稿日:2017/01/08
なんのかたち ふゆ
なんのかたち ふゆ 文: ビーゲン セン
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
クリスマスやお正月を象徴するものが次々とあらわれます。「くみあわせると、なんのかたち」と聞いてページを開くと、クリスマスツリーや羽子板のかたちになるのですが、組み合わせ前の絵が少し難しいので、理解できるのは年中さんくらいかなぁ、と思います。「みつけよう!ふゆ」や「なんのおと ふゆ」と一緒に揃えたい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夏休みがやってきた!  投稿日:2017/01/08
なんのかたち なつ
なんのかたち なつ 作: ビーゲン セン
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
朝顔、カブトムシ、短冊、出目金、ヨット、海、砂浜、浮き輪、「くみあわせるとなんのかたち?」と子どもに聞きながらページをめくると夏の風物詩があらわれます。ポチがこれっきり出てこないのが気になります。子どもはアイスクリームの絵が気に入っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 春の陽気  投稿日:2017/01/08
なんのおと はる
なんのおと はる 作: ビーゲン セン
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
ヒヤシンス、春一番に、笛、太鼓、お出かけ日和、駆け出したくなる春の音、子どもに読み聞かせたら、ムーくんと一緒に「このおとは なんのおと?」と声に出します。ハムスターのチッチとクックも初登場、春風が吹き抜けるかのような絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 【再投稿】冬の風  投稿日:2017/01/08
なんのおと ふゆ
なんのおと ふゆ 作: ビーゲン セン
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
ぺったん餅つき、サラサラ降る雪、冷たい空気が伝わってくる一冊です。ムーくん、お姉ちゃんのアッちゃん、プードルのツンツンが可愛らしい。子どもが大好きなムーくんの語りで冬の音と風物詩が学べます。知育絵本としておすすめしたい絵本です。
参考になりました。 0人

288件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ

ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット