宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

hime59153さんの公開ページ

hime59153さんのプロフィール

ママ・40代・三重県、男の子7歳

hime59153さんの声

947件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 何だか共感出来ます  投稿日:2019/08/05
おれたちはパンダじゃない
おれたちはパンダじゃない 作: サトシン
絵: すがわらけいこ

出版社: アリス館
パンダって本当に人気なのですねぇ・・・

だからパンダに変装したクマさん達。
実際にパンダになったフリをして感じた、パンダの大変さ。
差し入れもあんまり嬉しくなかったし(笑)

隣の芝生は青いという訳ではありませんが、自分の境遇を振り返る良い機会になっているところが、クマさん達の哀愁とあいまって、とても面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 結構面白いです  投稿日:2019/08/05
かっぱとひょうたん
かっぱとひょうたん 作: 若林 一郎
絵: 西山 三郎

出版社: ほるぷ出版
田んぼに水を入れるために、かっぱと娘を結婚させる・・・なんて、考えただけでも恐ろしいことですが、昔話としては、神に供物として若い娘を捧げるというようなものだったのかもしれませんね。

悲壮感を感じる難題を末娘の知恵で軽やかに痛快に解決するところが、すっきりしていていいなぁと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しく取り組めます  投稿日:2019/08/05
かんたんたのしいはじめての切り紙
かんたんたのしいはじめての切り紙 著: 石川 眞理子 たけうち ちひろ
出版社: 日本ヴォーグ社
見ているだけでも楽しい気分になれる本です。

実際に切ってみると・・・ちょっと難しいけれど、練習すれば出来るかな?という感じ。

実際に切ってみたものを見ていると、うまく出来ているなぁと感心してしまいますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白かった!  投稿日:2019/08/05
あめふりうります
あめふりうります 文: 平田 昌広
絵・原案: 野村 たかあき

出版社: 講談社
顔を洗うのもめんどくさいというぐうたらなねこが、誰かの噂話に聞き耳を立てて、ぴーんとひらめく。
そして商売繁盛のお店をやって・・・

その変わり身の早さが凄い!
本当にあのぐうたらねこなの?という位の変わりようですね。
ちょっと嫌なことがあると、すぐに商売をやめてしまう諦めの良さには、何か納得ですが(笑)

諺をうまく組み入れて、お話を作り上げているのですが、何だか笑いがこみあげてしまう仕上がりで、とても面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 次から次へと起こる危機に・・・  投稿日:2019/08/05
かいけつゾロリ(28) かいけつゾロリぜったいぜつめい
かいけつゾロリ(28) かいけつゾロリぜったいぜつめい 作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社
きのこ料理が美味しい!で、すごく楽しそうだったのに、一転してからのドタバタのスピード展開。
やっぱりゾロリですね(笑)

次から次へと迫る危機に、笑っちゃうようなテで乗り越えたり、想像を超える展開だったりで、笑ってしまいました。

子供に愛され続けるだけのシリーズだなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 穏やかな気持ちになります  投稿日:2019/08/05
くすのきだんちは10かいだて
くすのきだんちは10かいだて 作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひかりのくに
くすのきだんちシリーズの第一作目。
私も息子も大好きなシリーズのお話です。

くすのきだんちでは、みんなが支えあい、穏やかな時を過ごしているのが感じられます。
その穏やかな場所へ、ヘビが・・・ 怖い!
そんな場面でも、管理人のもぐの機転で乗り越えていきます。

優しい気持ちになれるので、とてもお勧めです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当に行ってみたくなります  投稿日:2019/08/03
いそのなかまたち
いそのなかまたち 出版社: ポプラ社
海水浴に行ったりすることがないので、海にはあまりなじみのない息子ですが、大の生き物好き。
小さな海辺の生き物を見る度に、「磯を探しに行きたいなぁ」と目を輝かせていました。
磯に行けば、必ず生き物が見つけられるという訳ではないと思いますが、小さな魚やタコ、カニなど、見つけられた面白いでしょうね。
そんなわくわくを感じさせる本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 分かりやすいです  投稿日:2019/08/03
ちのはなし
ちのはなし 作・絵: ほりうち せいいち
出版社: 福音館書店
体の仕組みなどを知るのも大好きな息子。
自分でよく知っている血の話とあり、真剣に聞き入っていました。
でもちょっと簡単だったかも・・・?
初めてで、体について興味を持たせてみたいという方には、ぴったりだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当にあったらいいな  投稿日:2019/08/03
ひみつのカレーライス
ひみつのカレーライス 作: 井上 荒野
絵: 田中 清代

出版社: アリス館
みんな大好きなカレーライス。
ある日、カレーライスの中から種を見つけて・・・

絶対にありえない展開なのですが、だんだんとカレーの木が生長していくのを見ると、凄く気になりますね〜(笑)
近所の方達が、においに惹かれて集まってくる気持ち、分かります。
カレーって本当に惹きつけられるにおいですものね(笑)

そしてみんなで楽しくカレーパーティ!
ラストを見て、エンドレスで続いていきそうなところに、くすっと笑ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛いし楽しい  投稿日:2019/08/03
おばけのぺろぺろ
おばけのぺろぺろ 作: 乾 栄里子
絵: 西村 敏雄

出版社: フレーベル館
おばけのぺろぺろがどんないたずらをするのかな・・・と思ったら、だんだん楽しくなってきた!
ぺろぺろの方も、怖がらせたいのかそうでないのかの境目がなく、調子に乗って楽しんでいる様子が良かったです。

おばけという題材ですが、可愛いし怖くないですね(笑)
参考になりました。 0人

947件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット