たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。

hime59153さんの公開ページ

hime59153さんのプロフィール

ママ・40代・三重県、男の子7歳

hime59153さんの声

693件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 人間の強さと温かさを感じます  投稿日:2019/02/12
だいじょうぶ じゃない
だいじょうぶ じゃない 作: 松田 もとこ
絵: 狩野 富貴子

出版社: ポプラ社
住宅街でもきつねやいのしし、猿が来て畑を荒らしますから、山の方ではもっと被害が大きいだろうなというのは想像がつきます。
それでも動物達と共存して、何とかやっていこうという姿は、人間の強さを感じますね。

そしてそんなおばあちゃんを助けてあげたいという孫の優しさ、負けん気の強さも、愛おしく感じられました。

とても心温かになるお話です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 生まれ変わりのお話  投稿日:2019/02/12
100年たったら
100年たったら 文: 石井 睦美
絵: あべ 弘士

出版社: アリス館
輪廻転生を描いているお話だと思うのですが・・・
タイトルから感じた内容とは違いました。

内容が淡々としていて、膨らみが少ない。
生まれ変わりの話を何個も入れてくる必要もないように思います。

それに広い草原にライオンが一頭しか残っていない状態なら、生まれ変わっても人間がまだ生きている世界なのか疑問です。
設定に無理があるというか独善的で、違和感がありました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幸せそうだし楽しそうだし  投稿日:2019/02/12
おふくさんのおふくわけ
おふくさんのおふくわけ 作: 服部 美法
出版社: 大日本図書
おふくさんの続編!
もう鬼さんが、近所に住むやんちゃな男の子、という風にしか見えなくなってしまいました(笑)
おふくさん達も「あらあんた、また遊びに来たの?」という具合に、軽〜く対応していて、それがまた楽しそうでいいですね。

おにまんじゅうというのは東海地方によくある和菓子。
作者が三重県出身とのことで合点がいきました。
知らなかったら、作者が本に合わせて創作したお菓子のように思えてしまう位、本の内容にマッチしたチョイスだと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 森に出かけてみたくなります  投稿日:2019/02/12
アカゲラ キツツキの森へ
アカゲラ キツツキの森へ 文・写真: 嶋田忠
出版社: 新日本出版社
黒と白の羽根に赤い挿し色。
凄くお洒落な姿の鳥。
脚が強くて、クチバシもドリルのように木に穴を開けられるほど強い。
見た目の美しさとは裏腹の雄々しさに魅了されます。

そんなアカゲラの子育て奮闘記が、美しい写真で紹介されています。

卵がある巣の中の写真を撮ろうと試行錯誤しているところに、著者の伝えたい気持ちがぎゅっと詰まっていて、素晴らしいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当に見学しているようで楽しい  投稿日:2019/02/08
おさかないちば
おさかないちば 作: 加藤 休ミ
出版社: 講談社
お寿司屋さんで聞いた「タイラギ」という貝の本物を見に、魚市場を見に行きます。

市場の生き生きとした様子が楽しそうです。
挿絵はイラストだと分かりますが、魚の艶やかさ、ふっくらした感じがリアルで、引き込まれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きく見えて迫力あります  投稿日:2019/02/08
うまれたよ!アリ
うまれたよ!アリ 著: 山口 進 小杉みのり
出版社: 岩崎書店
アリの姿が結構精密に見えて、リアルな感じがちょっと怖いかも・・・
でも一生懸命食べ物を探して運んだり、卵の世話をしているところは、健気ですね。
生まれた時からアリの姿。
そしてすぐに女王アリの手伝いを始めるはたらきアリ。
虫の世界は厳しいなぁ。

でも大写し過ぎて、やっぱりちょっと怖いですが(笑)
参考になりました。 0人

ふつうだと思う テーマはすごく良いと思います  投稿日:2019/02/08
タンチョウは悪代官か?
タンチョウは悪代官か? 作: 竹田津 実
絵: あべ 弘士

出版社: 偕成社
裁判の話に入るまでが少々長くて、何の話なのか分かりにくかったです。
実際の裁判が始まっても、淡々としており、ちょっと緊迫感に欠けるというか、迫るものがないというか。
大人が読む分には、伝えたいことは分かるのですが、子供には淡々としすぎていてわかりにくいように思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 興味深い内容でした  投稿日:2019/02/08
もぐらはすごい
もぐらはすごい 作: アヤ井 アキコ
監修: 川田 伸一郎

出版社: アリス館
イラストはどちらかというと可愛い感じがするのですが、内容は本格的。
もぐらの生態がとても分かりやすく紹介されています。
もぐらの穴の掘り方や住処の大きさ、こうやって見ると面白いですね。
子供も興味をひかれて、自分で読み切り、大満足の一冊でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 渡り鳥の様子がよく分かります  投稿日:2019/02/07
わたり鳥の旅
わたり鳥の旅 作: 樋口広芳
絵: 重原美智子

出版社: 偕成社
人工衛星を使って、渡り鳥の観察を行った記録が紹介されています。
何日にどの辺りを通り、進路を変更してあちらへ・・・という、鳥の動きが結構詳細に分かるものなのだなぁと感心しました。
実際には天候なども加味して、もっと詳しく研究しているのだと思いますが、子供向けに分かりやすく描かれており、主に鳥の動きに焦点をあてている内容です。
それでも何故その地で長逗留するのかなどが説明されており、とても興味深く読むことが出来ました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 島の暮らし  投稿日:2019/02/07
ながしまのまんげつ
ながしまのまんげつ 原作: 林家 彦いち
文・絵: 加藤 休ミ

出版社: 小学館
創作落語の絵本ということですが、ごくごく普通に、島の生活が描かれている、という印象のお話です。
島の生活ってこんな感じなんだ〜というエピソードが随所に登場。
町の日常とは少し違う、島で暮らす不自由さ、でもおおらかで、楽しく過ごしているよ、というメッセージ性が感じられました。
参考になりました。 0人

693件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット