話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

TOP500

hime59153

ママ・50代・三重県、男の子12歳

  • Line

hime59153さんの声

2397件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 現実的で怖い・・・  投稿日:2024/04/23
ストップ! SNSトラブル(1) 炎上、誹謗中傷はどうして起こる?
ストップ! SNSトラブル(1) 炎上、誹謗中傷はどうして起こる? 著: 小寺 信良
出版社: 汐文社
まず、自分が知らないSNSツールがあるというのを知り、最新のものに敏感な子供達が、知らない間に使い始めそうだなと思うと、そこから心配になってしまいました。

SNSでトラブルがあるというのはよく聞く話ですが、実際の事案を例に、こんなトラブルがある!というのを見て、本当に怖くなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 慈愛と自立  投稿日:2024/04/23
小学館版 学習まんが人物館<第二期> マザー・テレサ
小学館版 学習まんが人物館<第二期> マザー・テレサ 出版社: 小学館
子供達はあまり知らない方かもしれませんが、大人は知っている人も多いであろうマザー・テレサ。
慈愛に溢れて、でもとても芯の強い女性だということを感じます。
なかなか真似出来ることではありませんが、この本を読んで、誰かのためになることとはどういうことなのかを少しでも感じて欲しいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 力強さを感じます  投稿日:2024/04/23
学習まんが 世界の伝記NEXT 北条義時
学習まんが 世界の伝記NEXT 北条義時 絵: 野間 与太郎
原作: 三上 修平

出版社: 集英社
源頼朝とともにある半生がメインになっている内容ですが、平氏打倒のためのエネルギッシュな展開が分かりやすく描かれています。
ただ、義時に前髪があるので、良く言えば若々しいのですが、童顔な印象が拭えず、いつ頃の話なのか判断しにくいかなというのは感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 強い信念を持った行動  投稿日:2024/04/22
小学館版 学習まんが人物館<第二期> 杉原千畝
小学館版 学習まんが人物館<第二期> 杉原千畝 出版社: 小学館
第二次世界大戦下がメインのお話なので、かなり重い空気が漂うシーンが続くのですが、コミカルタッチなのでかなり読みやすく、また、千畝さんの温かな人柄がとてもよく伝わってきます。

自分の行動が国という大きな機関にどう思われるのか、一方で目の前にいる人達にどう影響するのかという緊迫した状況の中で、勇気ある行動に移すことが出来たその心の強さは、読む人に強く訴えかけるものがあるのではないかと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい テーマのある旅行  投稿日:2024/04/22
新しい観光のかたちとは? テーマをもった観光を知ろう
新しい観光のかたちとは? テーマをもった観光を知ろう 著: 小林 寛則
監修: 岩田 隆一

出版社: ミネルヴァ書房
観光、旅行というと、観光名所を巡ったり、その土地の美味しいものを食べたり・・・というものになりがちですが、この本ではその次に試してみたくなる「テーマのある旅」を紹介しています。
例えばスポーツを楽しむ、山村漁村で体験するなどの、体験型のものや、自然環境保護をテーマにしたエコツーリズムなどです。
テーマのある観光というのも、その土地をよく表しているものだと思うので、なかなか興味深そうだなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食品ロスをなくすために  投稿日:2024/04/22
今日からなくそう!食品ロス?わたしたちにできること(3) 食品ロスとSDGs
今日からなくそう!食品ロス?わたしたちにできること(3) 食品ロスとSDGs 監修: 上村 協子
出版社: 汐文社
食品ロスというとご飯の食べ残しや食品加工品などの作り過ぎをイメージしますが、最も身近なところに「買い過ぎ」というロスがあるのだと、改めて痛感しました。
使おうと思って買っても量が多過ぎたり、奥にしまい込んで賞味期限が切れたりと、やらかしてることがありますね・・・

セカンドハーベストなどに提供するのは良い取り組みだと思いますが、自分が持ち込める範囲にあるのかどうかが分かりません。
少量を持ち込むのでも良いのかも分かりません。

無駄をなくすという取り組みをもっと広げるには、適切な情報の提示も必要なのだろうと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 海に漂うごみについて  投稿日:2024/04/22
海がどんどんこわれていく
海がどんどんこわれていく 著: 保坂 直紀
編集: こどもくらぶ

出版社: 岩崎書店
海を漂うゴミの理由にはいろいろあって、震災後の津波によって大量のゴミが海に流れていってしまったというニュースもありましたね。
でもそれだけではなく、きちんと処理されていない大量のゴミが漂っているのだろうと想像に難くありません。
太平洋を回遊するゴミの流れに「太平洋ごみベルト」なんていう、空恐ろしいものまで名前がついていているのですね。
ごみの問題を世界規模で考えなければならないのだということが、よく分かります。
ゴミについて議論されている国も多いと思いますが、ごみや汚染問題が後回しになっている国も多いと思うので、もっと話し合っていかなければならないのでは・・・と考えさせられました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供が疑問に思う事  投稿日:2024/04/16
学校では教えてくれない大切なこと(3) お金のこと
学校では教えてくれない大切なこと(3) お金のこと 編: 旺文社
イラスト・マンガ: 関 和之

出版社: 旺文社
とっても身近にある「お金」。
お父さんとお母さんはどうやってお金を手にしているのか?
どうやって使ったり、貯金したりしていくのか?
などなど、子供が素朴に疑問に思いそうなことをいろいろと紹介しています。
ギャグマンガタッチなので、好みは分かれそうですが、きっと勉強になると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しめます  投稿日:2024/04/15
おうちで楽しむ科学実験図鑑
おうちで楽しむ科学実験図鑑 著: 尾嶋好美
出版社: SBクリエイティブ
一つ一つは見たことのある実験・・・が多いです。
幾つかの本の総集編のような本かもしれません・・・

でも現代の子供に合わせて、カラフルで、楽しくなるような実験になっているので、読んでいるだけでも楽しいし、実際にやってみたくなるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今まさに読むべき内容  投稿日:2024/04/15
SNSにひそむ危険
SNSにひそむ危険 監修: 遠藤 美季
出版社: 金の星社
スマホを低学年から持っている子供が多い中で、この本に書かれているようなトラブルについて理解しているのだろうかと疑問に思う事が多々あります。
スマホの使い方を自分だけで決められない環境にあるのは、子供にとっては大変なことなのだろうと思います。
だからこそ、この本のようにネットトラブルについて学んで欲しいし、学校でももっと話し合って欲しい。
もちろん、親がまずどんなトラブルが起き得るのかを知って、子供と話し合うべきで、そういうきっかけになる内容だと思います。
参考になりました。 0人

2397件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット