ぼくは くまですよ ぼくは くまですよ
作: フランク・タシュリン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
深く、広く考えるって、とっても大切!

hime59153さんの公開ページ

hime59153さんのプロフィール

ママ・40代・三重県、男の子7歳

hime59153さんの声

693件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 何事も楽しむのが重要かも  投稿日:2019/02/05
日本名作おはなし絵本 こぶとりじいさん
日本名作おはなし絵本 こぶとりじいさん 作: 市川 宣子
絵: 石井 聖岳

出版社: 小学館
陽気で楽しいお話・・・と思えるのは、やはり最初に出てくるおじいさんが、ほがらかな人だから。
楽しい気持ちが先に立って、天狗のことも怖くなくなるってなかなかですよね。
だからこぶを取ってもらうという、ラッキーなことが起こったのかもしれません。

それにひきかえもう一人のおじいさんはアンラッキーでしたが、気分が乗ってくる前に焦って飛び出したから失敗したのでしょう。

何事も楽しむのが重要。
そんな風に思えてしまいました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 卒業式がメインのお話です  投稿日:2019/02/05
わたし、もうすぐ 2ねんせい!
わたし、もうすぐ 2ねんせい! 作: くすのき しげのり
絵: 江頭 路子

出版社: 講談社
もうすぐ2年生になる息子に読んでみました。

もうすぐ2年生!と言いつつ、舞台は卒業式。
息子の学校ではないシチュエーションなので、共感しにくいかなと思いました。
そして、内容的にもお姉ちゃんの方が主役級で、みさとちゃんが2年生になる話はちょっとだけでした。

みさとちゃんが幼稚園児のように見える挿絵だったのも、我が家的にはイマイチかなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 姿を変える水  投稿日:2019/02/05
しずくのぼうけん
しずくのぼうけん 作: マリア・テルリコフスカ
絵: ボフダン・ブテンコ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
ひとしずくの水が、雲になったり雨になったり、水道の蛇口から出てきたり・・・と、姿を変えて、あちこちを旅しています。

最初の方にばい菌が多いとか、クリーニングは出来ないとかいうのは、ちょっと分かりにくいのでいらないかなと思いました。

全体的には姿を変えながら、水が循環している様子を何となくとらえることが出来ると思いますが、親が少し解説してやった方が良い部分もあると感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う テンポよく読めます  投稿日:2019/02/01
いいね!
いいね! 作: 筒井 ともみ
絵: ヨシタケシンスケ

出版社: あすなろ書房
子供(特に小学生)あるあるを集めた20編。
大人が読むとちょっと眉をひそめたくなったりするようなことも(自分も子供の頃にあったり思ったりしたようなことですが)、子供だっら全然OK! 
物事をポジティブにとらえていて、悪く思ったり否定したりしない。
自己肯定感が高くなる考え方ってこういうのなのだなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さな姿が可愛い  投稿日:2019/01/28
うまれたよ!ヤドカリ
うまれたよ!ヤドカリ 写真: 武田 晋一
構成: ボコヤマ クリタ

出版社: 岩崎書店
ヤドカリの生まれたての姿がエビみたい!と親子で興味津々でした。
ヤドカリが自分で貝を作らないのは知っていましたが、一生懸命お気に入りの貝を見つけるために歩き回っているところが、何だか楽しそうに見えました。
本当は命がけかもしれないのですが・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 結構本格的なおばけ話  投稿日:2019/01/28
おばけのはなし 2
おばけのはなし 2 作: 寺村 輝夫
絵: ヒサクニヒコ

出版社: あかね書房
おばけの本が大ブームの息子のために選びました。
私も子供の頃に読んだ、今読み返しても結構覚えている、大変懐かしい一冊でした。

今どきのコミカルなおばけ話ではなく、各地の伝承を元にしたような結構怖いお話です。
けれど本来おばけ話というのは、こういうものだなぁと改めて感じます。
内容はよくよく考えると怖い感じのするものですが、挿絵が楽しそうな感じなので、怖さを緩和している感じです。

40年近く前に書かれたものですが、色褪せていない、今でもとっても楽しめる作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しい自然と絶滅危惧種  投稿日:2019/01/28
ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナ 著: 江口 欣照
出版社: 小学館
沖縄の美しい自然とその地に生きる美しいヤンバルクイナの姿が存分に見られる一冊です。

ひなが成長する様子や木の上で眠る写真は野性的で興味深いです。

やんばるの森に道路が造られても、それなりに融和して生活しているように見えるのですが、偉大なる自然に人間が入り込むことで、交通事故が増えたり、猫やマングースの被害が増大したりと、ヤンバルクイナには生きづらい世界になっている現実は、人間と自然の調和ということがどんなにか難しいかというのを感じさせました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 足の裏を見ちゃいます  投稿日:2019/01/28
あしのうらのはなし
あしのうらのはなし 作・絵: やぎゅう げんいちろう
出版社: 福音館書店
足の裏の役割の基礎の基礎の話です。
動物と比較して、足指の形の違いとその理由や、支えられる体重の違いなど、思わず「なるほど〜」となります。

子供にも分かりやすくて、つい足の裏を見てみたくなる、楽しい内容です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 身近な昆虫  投稿日:2019/01/28
うまれたよ!コオロギ
うまれたよ!コオロギ 写真: 中瀬潤
文・構成: 小杉 みのり

出版社: 岩崎書店
私が子供の頃は庭や畑に普通にいたコオロギ。
最近は鳴き声は聞くように思っても、姿を見る機会はめっきり減ってしまいました。
子供の虫取り熱は主に夏なので、秋口に登場するコオロギは、なかなか見るチャンスがないのかもしれませんね。

そんなコオロギが卵から出てきて幼虫時代が見られるこの本は、本当に貴重です。
パッと見アリのようにも見えてしまうのですが、後ろ足の力が強くて跳べるところは、小さくてもやっぱりコオロギなのだなぁと感心です。
滅多に見ることの出来ない、小さい頃の姿が見られるのは、凄く良いなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さくて可愛らしい姿  投稿日:2019/01/28
うまれたよ!メダカ
うまれたよ!メダカ 写真: 松沢 陽士
構成・文: 小杉 みのり

出版社: 岩崎書店
自然の田んぼや川や池に棲むメダカは、減ってきたとよく言われていますが、そんな自然に生きるメダカの力強い姿が写真に収められています。
体の色が薄くて、あまり目立たない小さな生き物ですが、泳ぐ姿を見ていると和みますよね。
どんな風にだんだんと成長しているかが見られるので、とても貴重だと思います。
参考になりました。 0人

693件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット