しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

hime59153さんの公開ページ

hime59153さんのプロフィール

ママ・40代・三重県、男の子7歳

hime59153さんの声

763件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 楽しく読めます  投稿日:2019/03/11
かたつむりののんちゃん
かたつむりののんちゃん 作: 高家 博成 仲川 道子
出版社: 童心社
このシリーズは、卵からかえった赤ちゃん虫が成長していく様子を描いたものが多いのですが、この本に関しては、結構成長が進んだかたつむりの生活を描いているようです。
他の虫とこんなに関わりがあるのかな・・・とは思いますが、楽しく読めるので良いかなと思います。
水たまりくらいなら歩けるとありましたが、どの位の深さなら大丈夫なのか、気になります(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 実話が元になったお話です  投稿日:2019/03/11
介助犬レスキューとジェシカ
介助犬レスキューとジェシカ 文: ジェシカ・ケンスキー パトリック・ダウネス
絵: スコット・マグーン
訳: よしい かずみ

出版社: BL出版
そして大怪我を負い、義足をつけることになったジェシカ。
介助犬というパートナーを得て、生きる力を与えられたことへの希望が綴られています。

このお話は実話が元になっていますが、あまりにも痛ましい事件のため、本文中には、ジェシカが怪我をした理由は出てきません。
けれど大事なのは怪我を乗り越えて、介助犬と共に新しい生活を送るという部分なので、若干抽象的に感じられる部分もありますが、伝わってくるものがありました。

ただ、介助犬がどんな訓練を受けているかとか、介助犬の仕事がどんなものなのかということは具体的にはあまり多くは出てこないので、介助犬という仕事の紹介という点では、物足りないかと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 意外と深いお話です  投稿日:2019/03/11
チョコレートのまち
チョコレートのまち 作・絵: 深見 春夫
出版社: 佼成出版社
着ている物や化粧などで、いつもと違う自分になった気持ちになれるように、チョコレートで出来た顔が変わると性格も変わっていく・・・というのは、とても納得出来る設定でしたし、実際に言動が変わっていく様子は、「ああ、分かる・・・」という感じでした。

設定こそ「チョコレートで変えられる顔」という楽しいものですが、内容としては子供同士のやり取り、ケンカやいじめなど、子供の心に響くものがあり、仲良くしていくにはどうしたらいいのかを考えるきっかけになる内容ではないかと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 身近な昆虫  投稿日:2019/03/11
こがねぐも
こがねぐも 作: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店
家の周りで一番見かける蜘蛛・・・かと思います。
これを作者が「飼ってみる」というところが、まず一番の驚きでした(笑)

こがねぐもの生活を丹念に追い、オスとの違いや、卵を産み付けるところの描写も詳しくて、興味深いです。
エサとして刺身をやったところは、凄く面白かったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う お洒落ですが難しい  投稿日:2019/03/11
すてきなロウソク
すてきなロウソク 著: 長田 真作
出版社: 共和国
全体的にモノクロで、紙の表面にホワイトで幾何学的な模様。
一見するととてもお洒落な本なのですが・・・
凄く暗くて分かりにくいお話・・・でした。

一応パロムを中心としたストーリー展開があるのですが、物凄く抽象的で、何を言いたいのか、子供には多分分からないと思います。
大人なら、言葉の断片から、ストーリーを自分の好きなように空想して、「こういうお話なんだろうなぁ・・・」と膨らませることが出来ると思います。
ちょっと大人向けの絵本なのかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 深いお話です  投稿日:2019/03/11
とうめいのサイ
とうめいのサイ 作: くすはら 順子
出版社: 文研出版
自己否定を感じる、寂しげな出だし。
自分の姿に自信を持てなくなったのは、自分の思い込みなのか、誰かに何かを言われたからなのか、凄く気になってしまいます。

けれど、同じサイに出会い、その姿が素敵だなぁと思えたり、自分のそばにいつもいてくれた友達の存在に気付いたり・・・

自己否定から自己肯定へ。
いじめのお話にも通じるような内容に思えました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 考えさせられるお話です  投稿日:2019/03/08
ぼくは くまですよ
ぼくは くまですよ 作: フランク・タシュリン
訳: 小宮 由

出版社: 大日本図書
のんびりと冬眠していた筈なのに、外に出てみたら人間の世界!
くまの筈なのに、「人間だ」と怒られ続けてしまっている様子が、だんだん可哀想になってきました(笑)。
あれだけ言われ続けたら、自分がくまだという自信、確かになくなりそうです。
これが「洗脳」ということなのかもしれませんね。

他人がどう見るかによって、自分自身がどう考えているかは関係なく、自分というものが変わってきてしまう・・・という、ちょっと怖い気がするお話でした。

児童書タイプの装丁ですが、中は文字数が少なめなのでさくさく読み聞かせ出来る本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 設定のチョイスが良い  投稿日:2019/03/05
おばけがこわいことこちゃん
おばけがこわいことこちゃん 作・絵: 田中 清代
出版社: ビリケン出版
夜、怖くてトイレに行けない。
そしてお化けの本が好き・・・
まるで我が家の息子のためにあるような設定の絵本でした(笑)

お化けのドロンのぬいぐるみ、とても表情が可愛い。
でも拾ってきたものを洗って自分のものにするのはナシですよねぇ・・・
そこだけはちょっとなぁ・・・と思いました。

でもドロン(についてきたお化け?)のおかげで、夜のトイレを克服出来るくだりは、息子も共感出来たようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 真夜中にお仕事をする人達  投稿日:2019/03/05
まよなかのせんろ
まよなかのせんろ 著者: 鎌田 歩
出版社: アリス館
日中、人を沢山乗せて電車が走る。
それが出来るように、真夜中に線路を点検する人達。
見えないところで働く人達のお仕事を紹介する本です。

電車のお仕事というと、運転士さんや駅員さん、清掃員さん位しか見かけることがありませんが、電車の整備士さんや、線路を整備するお仕事の人もいる。
見えないところでも、電車の安全を守るお仕事に全力を注いでいる人達がいるから、普段から安心して利用することが出来る。

マルチプルタイタンパーという耳慣れない機械が、線路をどんな風に点検するかを紹介する本ではありますが、働く人達の力があってこそなのだということも、感じ取ってもらえたらいいなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さいけれど大きな赤ちゃん  投稿日:2019/03/04
こんにちは、 キリンのあかちゃん
こんにちは、 キリンのあかちゃん 写真: 公文 健太郎
文: 高岡 昌江

出版社: ほるぷ出版
表紙をめくると、赤ちゃんが生まれるシーンから始まります。
背の高いお母さんキリンが立ったまま赤ちゃんを出産・・・ 高いところから落ちる赤ちゃん・・・ 大丈夫?
でもしばらくするともう立ち始めて・・・

小さいけれど、やっぱり人間より背の高いキリンの赤ちゃん・モモタが、動物園の中で飼育員さんに見守られ、お母さんキリンに大切に育てられている様子が、写真で観察出来ます。

こうやって見ていると、大人と子供では顔が違うのだなぁというのが分かったりして、とても興味深く読めました。
参考になりました。 0人

763件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット