INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

silverbulletさんの公開ページ

silverbulletさんのプロフィール

ママ・40代・静岡県

silverbulletさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 素敵な…  投稿日:2020/05/28
あしたが きらいな うさぎ
あしたが きらいな うさぎ 作: 高橋久美子
絵: 高山 裕子

出版社: マイクロマガジン社
誰でも1つは悩みがあるよね。男の子のモジャラビット・ウールも自分のモジャモジャの毛に嫌気が…友達にからかわれ笑われて、明日が来なければいい!って思ってしまう。自分だけでは、明日が来なくなる方法が分からず、パパやママに聞く。しかし…明日は来る絵本。でも最後は…ありのままの自分を受け入れて…ウールはどうなったんでしょう?今の世の中に通じることがある絵本です。一度は読んでみてください。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 家族との時が再び刻まれる…  投稿日:2020/04/29
NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス)
NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス) 作: 石浦 克
出版社: JVCネットワークス
victorのマーク。目にしたことあるが、このような実話があり、円盤式蓄音機発明者ベルリナーを感動させて、その名画を商標としたそうです。
平穏な日々から突然の出来事。フォックステリアのニッパーも大好きなバラウドが天国に召されたことを感じてふさぎこむ日々。そんな時、蓄音機から聴こえてきた声。ご主人の声にけげんそうに、蓄音機をのぞきこむように画かれた。蓄音機はその懐かしい声でニッパーをまるでご主人の代わりのように優しく包み込みながら、これからの生活を後押しするかのように希望を持たせてくれました。ニッパーの落ち込む姿を描かれた場面はとても寂しそうで…家族の一員として大切にされて一緒に暮らし、ニッパーもご主人のことをとても愛していたんだなぁ…と感じました。最後は素敵な結末で終わりになっていてほっとしました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 今の世の中で忘れがちな最も大切な事に気付かされる絵本  投稿日:2020/04/25
くまくん、じゅんびは オーケーかい?
くまくん、じゅんびは オーケーかい? 作: デイビッド・バロー
訳: おびか ゆうこ

出版社: マイクロマガジン社
旅行!それは家族での楽しみなイベント!くまさんの忘れ物は子供ならではの忘れ物。パパくまのじゅんびはオッケーかい?って聞かれる度に忘れ物を1つづつ思い出して友達に話して返してもらう。伝える大切さとコミュニケーションの仕方が学べる絵本。そして最後に1番大切でありながらも忘れてしまいがちな存在に気が付いたくまさん。温かで幸せ家族愛に満ち溢れた絵本なので、皆さんに是非読んでいただきたいです。
参考になりました。 2人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット