季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

クリス・ヴァン・オールズバーグ(Chris Van Allsburg)

クリス・ヴァン・オールズバーグ(Chris Van Allsburg)

1949年、アメリカ・ミシガン州生まれ。ミシガン大学、ロードアイランドデザイン学校で彫刻を学ぶ。彫刻と絵画は、ホイットニー美術館や近代美術館に展示されている。絵本作品に、1986年度コルデコット賞受賞作『急行「北極号」』(あすなろ書房)、『ジュマンジ』(ほるぷ出版)、『西風号の遭難』(河出書房新社)など多数。

お気に入りの作家に追加する

クリス・ヴァン・オールズバーグさんに関連する著者

クリス・ヴァン・オールズバーグさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

18件見つかりました

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

クリス・ヴァン・オールズバーグさんの作品のみんなの声

  • ココアが飲みたくなる

    毎年、クリスマスのシーズンになると、必ず読む本です。 クリスマスの夜に、家の前に停まった蒸気機関車「北極号」に乗って、北極のサンタクロースを訪れるお話。 このお話は、映画『ポーラー・エクスプレス』・・・続きを読む

  • アリの世界に入れます

    原題は”TWO BAD ANTS”。 表紙のアリを見てください。 肩を組んで、いたずらっ気タップリ、得意げに笑っているアリ。 この小さな2匹が経験する大冒険と、その結末は…? オールズ・・・続きを読む

  • 不気味な感じが残ります

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    クリス・ヴァン・オールズバーグの絵本は 『ハリス・バーディックの謎』や、 『魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園』にしろ 不気味な感じが残ります。 ちょうど実家からイチジクが送られてきたばか・・・続きを読む

  • ミクロの世界の大冒険

    原題は、”TWO BAD ANTS”。 食べもの探しのアリがみつけてきた、キラキラ光るおいしい物に、みんなのお母さんである女王アリは大喜び。 アリたちは、お母さんを喜ばせたくて、みんなでキラキ・・・続きを読む

  • すごい迫力!

    ジュマンジが復刊されたので、続編のザスーラを読んでみました。 今回は舞台が宇宙だけあって、なんとも迫力があります!大人でもどきどきはらはらしつつ、ページをめくっていきました。兄弟のやりとりにもほっこ・・・続きを読む


2月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット