新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる
新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

アンナ・ウォルツ(Anna Woltz)
Photo by Carli Hermès

アンナ・ウォルツ(Anna Woltz)

1981年、イギリス、ロンドン生まれ。オランダ、デン・ハーグで育つ。15歳で学校生活のコラムをオランダの全国紙フォルクスクラント紙に連載し注目を集めた。ライデン大学では歴史学を学び、在学中の2002年、『わたしの犬を助けて!』(未邦訳)で児童文学作家としてデビュー。以後、意欲的に活動を続ける。2012年、『まだ、飛べない』(未邦訳)で「テアベックスマン賞」受賞。2016年、『ギプス』(未邦訳)で「金の石筆賞」受賞。2015年、『100時間の夜』(フレーベル館)で、オランダ「ニンケ・ファン・ヒフトゥム賞」受賞、同作で2016年にベルギーの「フランドル児童YA審査団賞」受賞。 そのほか日本での邦訳作品に、『ぼくとテスの秘密の七日間』『おいで、アラスカ!』(ともにフレーベル館)がある。

お気に入りの作家に追加する

著者からのメッセージ

Hello Japanese readers! It's so special for me to know that halfway across the world you're reading the stories I wrote. Every book I wrote is dear to me (I've written 24 already!), but my favourite books are exactly the ones that have been translated in Japanese. I really hope you enjoy my books and I hope you are all safe and healthy. We're far apart, but right now with the corona crisis, we're experiencing the same challenges and share the same hopes and fears... Lots of love to you all, Anna Woltz
日本の読者の皆さん、こんにちは! 私の書いた物語が遠い国で読まれていると知るのは、とても特別なことです。 自分が作品はすべて愛おしいけれど(すでに24冊書いています!)、なかでも私が好きなのは、まさに日本で翻訳されているものです。皆さんが私の本を楽しんでくれることを願っています。そして、皆さんが安全で健康でありますように。私たちは遠く離れていますが、今、コロナ危機によって同じ困難を経験し、同じ希望と恐れを共有しています。たくさんの愛をこめて。アンナ・ウォルツ (訳:絵本ナビ編集部)

アンナ・ウォルツさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

おいで、アラスカ!

おいで、アラスカ!

作:アンナ・ウォルツ  訳:野坂 悦子  出版社:フレーベル館  税込価格:¥1,540  
発行日:2020年03月23日  ISBN:9784577048405
ぼくとテスの秘密の七日間

ぼくとテスの秘密の七日間

作:アンナ・ウォルツ  訳:野坂 悦子  絵:きたむら さとし  出版社:フレーベル館  税込価格:¥1,540  
発行日:2014年09月  ISBN:9784577042182
  ためしよみ
100時間の夜

100時間の夜

作:アンナ・ウォルツ  訳:野坂 悦子  出版社:フレーベル館  税込価格:¥1,595  
発行日:2017年03月  ISBN:9784577044902

3件見つかりました

アンナ・ウォルツさんの作品のみんなの声


松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット