季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ばば けんいち(ばばけんいち)

ばば けんいち(ばばけんいち)

お気に入りの作家に追加する

ばば けんいちさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

10件見つかりました

表示

夢金

夢金

文:立川 談春  絵:寺門 孝之  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2017年01月20日  ISBN:9784251095107
だんご屋政談

だんご屋政談

作:春風亭 一之輔  絵:石井 聖岳  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2016年12月31日  ISBN:9784251095091
モモリン

モモリン

作:立川 志の輔  絵:いぬんこ  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2016年11月22日  ISBN:9784251095084
とのさまと海

とのさまと海

作:三遊亭白鳥  絵:小原 秀一  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2016年09月  ISBN:9784251095077
ぬけすずめ

ぬけすずめ

文:桃月庵白酒  絵:nakaban(ナカバン)  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2016年05月  ISBN:9784251095060
りきしの春

りきしの春

作:春風亭昇太  絵:本 秀康  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2016年02月  ISBN:9784251095053
王子のきつね

王子のきつね

文:柳家 三三  絵:原 マスミ  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2016年01月  ISBN:9784251095046
ふどうぼう

ふどうぼう

文:林家 たい平  絵:大畑 いくの  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2015年11月  ISBN:9784251095039
ろじうらの伝説

ろじうらの伝説

作:柳家 喬太郎  絵:ハダ タカヒト  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2015年10月28日  ISBN:9784251095022
ねっけつ! 怪談部

ねっけつ! 怪談部

作:林家 彦いち  絵:加藤 休ミ  編:ばば けんいち  出版社:あかね書房  税込価格:¥1,650  
発行日:2015年04月10日  ISBN:9784251095015
  ためしよみ  全ページためしよみ

10件見つかりました

ばばけんいちさんの作品のみんなの声

  • 人情あふれる

    古典落語『初天神』の改作にあたるこの作品。 親が子を見守る、大事さあたたかさが描かれた 人情味あふれる作品になっています。 大岡越前も登場し いいスパイスになっています。 絵柄が 一旦・・・続きを読む

  • 化かすつもりが化かされて・・

    狐が出てくる落語では 私は、しちどぎつねが大好きなんですが こちらも、狐が出てくるお話。 タイトルの「王子」は地名で、東京の王子のことです。 狐が神様としてあがめられている様子など ひと・・・続きを読む

  • こわい・・

    最後まで怖かったです・・。 お話は、都市伝説というエッセンスが聞いていて (口裂け女とか、つちのことか・・) ちょっと昭和のノスタルジーを感じるし サゲもほっこりしてるのに なんか絵柄が・・・続きを読む

  • びっくりが楽しい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、女の子7歳

    のっぺらぼう〜と出てくるおばけに「先生が書いてやる!」と言い、23年前に死んだ幽霊には、「スカート長すぎ!足を出せ」と一喝するすごく頼もしい顧問の先生。無敵やん!おばけって気付いてないのかな〜。と、め・・・続きを読む

  • 落語だけれど

    落語としてきちんとした作品であるようですが、このお話を読んでいる限りでは、絵を一緒に見ていないと、話の展開やオチが分かりにくいように感じました。 籠の話もどこか唐突な感じがします。 お話がどこかぬ・・・続きを読む


4月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット