宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

バージニア・リー・バートン(ばーじにありーばーとん)

バージニア・リー・バートン(ばーじにありーばーとん)

1909年8月30日、アメリカのマサチューセッツ州ニュートンセンター生まれ。父はマサチューセッツ工業大学の学監、母はイギリス生まれの詩人で音楽家。バートンはカリフォルニアの美術大学で絵の勉強をするかたわらバレーも学び、1931年にボストンで絵の教えをうけた彫刻家ジョージ・ディミトリオスと結婚。以後、海べの小さな村フォリー・コーヴに住み、画家として、デザイナーとして、また絵本作家として活躍した。1968年没。
 最初の絵本『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』は、長男アーリスのため、第二作『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』は次男マイケルのために描かれたもの。その他主な作品に『ちいさいおうち』『せいめいのれきし』『名馬キャリコ』(以上、岩波書店)、『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』(福音館書店)ほか多数。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

16件見つかりました

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

バージニア・リー・バートン(ばーじにありーばーとん)さんの作品のみんなの声

  • 新鮮

    バートンがアンデルセンのお話に絵をつけているのを知りませんでした。時間差で描いているところとか、バートンらしい、細かく繊細に描きこまれた絵が素敵!よく知ったお話が新鮮な印象になりました。1949年に描・・・続きを読む

  • やはり面白いのでしょう

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    絵本だけれど、気楽に読もうという気になれないほど ページも文字も多く、 気力も体力も要ります。 でも、やはり面白いのでしょうね。 「まだ半分あるし、今日はここまでにしようか」 と子どもに・・・続きを読む

  • 色が付いている??

    白黒の絵なんですが、色が付いているように見えてくる不思議な絵本でした。三歳の子に読んだので、内容としては話が長く感じた様子で途中途中飽きたように感じましたが、読み聞かせを最後まで続けました。ちゅうちゅ・・・続きを読む

  • 子どもには難しい本でした。

    バージニア・リー・バートンは私も息子も大好きです。 この本は、難しいいかなと思いつつ、至るところでオススメされています。 息子が5歳くらいのとき、試しに読んでみました。 やはり途中で「もういい」・・・続きを読む

  • 満足げ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    読んでも読んでも終わらない。 長かったです。 でも、6歳児は悪党たちが馬車の中で転げまわるところから 笑いだし、最後のハッピーエンドに満足げでした。 せたていじさんの訳は面白いのですが、・・・続きを読む


絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット