新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
のせてのせて
プラチナブックメダル

『 のせてのせて 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

のせてのせて

  • 絵本
文: 松谷 みよ子
絵: 東光寺 啓
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥770

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1969年07月
ISBN: 9784494001064

出版社のおすすめ年齢:0歳〜

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


500万部突破!編集長インタビュー

みどころ

赤いジープみたいなかっこいい車をまこちゃんが運転しています。「まこちゃんのじどうしゃです。はしりますよ。ブブー」そこへ「ストップ!のせてのせて」。うさぎが手をあげています。うさぎといっしょ、びゅーん。そしたら「ストップ!のせてのせて」。今度は2匹のくまが手をあげています。10匹の子ねずみとおかあさんも!
みんなをのっけたじどうしゃはびゅーん、トンネルに入ります。「トンネル トンネル トンネル トンネル」「まっくら まっくら まっくら まっくら」この4回ずつ繰り返すリズムと真っ暗なページ、まるで本当に「通過中」の体感マジックです。「でた!おひさまだ!」みんなのうれしそうな顔、顔、顔。
みどころは、言葉のリズムはもちろん、表情豊かな動物たちと疾走感、個人的には最後の絵も(風景のなかを車が走っていく)。長きにわたり愛されてきた本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

松谷みよ子の赤ちゃんのほんのシリーズの一冊。どのお話にも共通する優しく暖かい眼差し。
この「のせてのせて」もまこちゃんとくるまにのりたがる動物達のやりとりの愛らしさがたまりません。
まこちゃんのじどうしゃが、はしります。ブブー。のせて、のせて。うさぎ、くま、ねずみもいっしょ。

ベストレビュー

何度読んでも良い!

私がこどもの頃から好きな一冊です。
年が離れた弟に読み、そしてついにわが子に読む時が来るとは!
一冊の絵本が時代を繋いでくれている感じがします。
まこちゃんの自動車に乗りたくてたまらなかった事を、鮮やかに思い出しました。トンネルをくぐっておひさまに出会えた感動!!
「さあ いくぞ びゅーん」というラストに、いまでも背中を押してもらっている気がします。
(ひぃままんさん 30代・ママ 女の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

770円
990円
770円
990円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
418円
8,360円
2,750円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

のせてのせて

みんなの声(171人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら