新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

もりくいクジラ

もりくいクジラ

  • 絵本
文: 川村 たかし
絵: 赤羽 末吉
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年03月20日
ISBN: 9784776408901

30×22p 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

月日が流れ、かつてでんじのもりを背に受けた子クジラが、群れを率いる大クジラとなった。村人から”もりくいクジラ”と呼ばれるこの因縁のクジラに、でんじの後継者、若きそうだゆうが果敢にいどむ。

1972年に発行された作品を復刊しました。

ベストレビュー

クジラとりの男たち 壮大な戦い クジラもすごい!

昔の話 紀伊の国
和歌山県の太地で クジラトリの男たちの 壮大な 海の男の戦いがありました

もりくいと呼ばれた クジラの主は かしこい! 
くじらも必死に生きている みんなを誘導していたのは もりくいと呼ばれたクジラ
ひよりじいさんは こどもたちに 語ってくれました

村一番のクジラとり いえもんと そうだゆうと言う若者を先頭に たくさんの海の男たちが もりくいをしとめる壮大さ!

赤羽末吉さんの 迫力のある絵に 圧倒されました!
荒れ狂う海で   クジラも必死です

そうだゆうは クジラに飛び乗り 包丁を突き立て クジラの急所を刺した

もりくいは とうとう 大勢の海の男たちにしとめられたのです

ひよりじいさんは つみもないくじらを捕ることのかなしみを語りました
でも・・・・ くじらを捕ることで 生計を立てている クジラとりたちも生きるためなのだと・・・・・ 涙が出ました

生きると言うことは みんな こうして 命を頂いていると言うことなのですね!

長い話でしたが 迫力に引き込まれ 迫力の絵に引き込まれました
すごい!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,430円
1,870円
1,100円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,840円
2,640円
385円
1,430円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

もりくいクジラ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら