新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ころころころ
プラチナブックメダル

『 ころころころ 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

ころころころ

  • 絵本
作: 元永 定正
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1984年11月
ISBN: 9784834001112

出版社のおすすめ年齢:2歳〜

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

みどころ

「ころころころ」

小さな色玉たちが、ころころと転がっていきます。カラフルなかいだん道、でこぼこ道、さか道、あらしの道……どんな道でも、ころころとページの左から右へ転がっていきます。

「ころころころ」

いったいどこまで行くのでしょうね。ふわふわ雲みたいな道を転がっていったかと思うと、すべりだいではずみをつけて、着いたところは「終点」です。

美術家として活躍されながら、『もこ もこもこ』『がちゃがちゃ どんどん』など、人気の赤ちゃん絵本もたくさん生み出されてきた元永定正さん。不思議な吸引力で赤ちゃんたちの心をつかんでしまうのです。

この絵本に登場する小さな丸も、転がっているだけなのに、なんだかまるで生きているみたい。子どもたちは目で追いながら、耳で感じながら、指でたどりながら、その動きを存分に楽しみます。大人の方も、感じるままに、色々な声で「ころころころ」を表現してみれば、また世界が広がっていくのかもしれませんね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ころころころ

出版社からの紹介

さまざまな小さな色玉たちが、ころころころところがっていきます。子どもたちが自分の体でその動きを感じ、鮮やかな色の世界を楽しむ画期的幼児絵本です。

ベストレビュー

「しゅうてーん」がお気に入り

娘が0歳のときに色がきれいなのに惹かれて購入しました。

「ころころころ」ときれいないろだまがいろんな道を転がっていくのですが、
大人から見れば人生のように見えるかも。。。

そんなことは気にも留めず、娘はテンポのいい文章と、いろんな色の
きれいないろだまに釘付けです。

それまで「ころころころ」とテンポよくスイスイ転がっていたのに、
最後「しゅうてーん」で締められているところが、
何とも小気味いいです。

娘も特に最後の「しゅうてーん」がお気に入りの様子。
一応、始めからページをめくるのですが、やっぱり「しゅうてーん」が
早く聞きたいらしく、途中を飛ばして無理やり終点に行かされます。

単純に文章のおもしろさ、色彩のきれいさを楽しめるのはもちろんですが、
色や丸、「さかみち」「かいだんみち」などの地形なども覚えられるので、
いろんな楽しみ方ができる絵本だと思います。
(ちゅばこさん 30代・ママ 女の子1歳)

関連記事

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら