新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

TOP500

ピンクちゃん

ママ・40代・広島県、女の子13歳 男の子6歳

  • Line

ピンクちゃんさんの声

1423件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 素敵な1冊  投稿日:2024/06/07
おめでとう!
おめでとう! 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
すごく素敵な1冊だと思いました。誰かを祝うためのおめでとう、ではなくて他の物を祝うおめでとう。確かに子供たちにとっては初めての感覚かもしれませんね。でもこういったことを思い浮かべいろいろなものに対して想いを寄せ考えて何をしてあげたらいいか。子供たちに絵本を通してイメージできて、自分自身でこれから先考えられるようになる、素敵な1冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ダイナミック  投稿日:2024/06/07
おへやだいぼうけん
おへやだいぼうけん 作: ほりかわりまこ
出版社: 教育画劇
絵がとてもダイナミックでいいなと思いました。こんなお部屋だったら毎日退屈でつまらないなど思うこともなさそうですね。この本を読むとイメージが膨らみ、普段の生活にももっとワクワクと楽しみが増えそうな、そんな気がしました。普段のお部屋もこんな風にしてイメージを沸かせればもっと子供たちが喜ぶのかな。と思いました。おすすめ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろい  投稿日:2024/06/07
のびるのび〜る
のびるのび〜る 作・絵: 深見 春夫
出版社: 教育画劇
発想が面白いですね。文章はとてもシンプルであっという間に読み終えてしまうのですが、どこに伸びていくかが楽しくなってきます。子供たちはきっと想像を膨らまして楽しんでくれると思います。幼稚園くらいの子にピッタリな1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい  投稿日:2024/06/07
くらげのりょかん
くらげのりょかん 作: やぎ たみこ
出版社: 教育画劇
なんだか不思議だけどとっても楽しめる内容だし、なんといってもうちの子の大好きな感じの絵が魅力的でした。このくらげの雰囲気、うちの子はきっと大喜びしそうです。文章の長さもちょうどよく、絵も素敵で内容も楽しめるので、ちょっとした読み聞かせにピッタリだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいい  投稿日:2024/06/07
モリくんのおいもカー
モリくんのおいもカー 作: かんべ あやこ
出版社: くもん出版
お芋が好きな子ならこの絵本、間違いなしの1冊だと思います。しかも、発想がたのしい!お芋も食べたくなってしまうのはきっと私だけではないと思います。きっとこの絵本を読む誰もがお芋が食べたくなってしまうと思うので、この絵本は秋にとってもおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 良いかも  投稿日:2024/05/30
下村式 唱えて覚える カタカナ アイウエオ
下村式 唱えて覚える カタカナ アイウエオ 著: 下村昇
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
これは覚えやすいかもって思いました。確かにひらがなよりカタカナは子供たちにとって覚えにくいのも確かですよね。でもこれならリズミカルに楽しく覚えてもらえそうな気がします。うちの子に1冊買いたくなりました。なかなか覚えてくれないので。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほのぼの絵本  投稿日:2024/05/30
こぐまのトムトム ぼくのなつやすみ
こぐまのトムトム ぼくのなつやすみ 作・絵: 葉 祥明
出版社: 絵本塾出版
ほのぼのとした内容の絵本で落ち着いて読めて良いですね。子供たちの寝る前の読み聞かせにもピッタリだと思いました。絵は比較的シンプルですが、お話の内容が本当にほのぼのしているのでピッタリかも、と思います。安心して子供たちに読んであげられる1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりきゅうり。  投稿日:2024/05/29
かっぱのかっぺいとおおきなきゅうり
かっぱのかっぺいとおおきなきゅうり 作・絵: 田中 友佳子
出版社: 徳間書店
なんかやっぱり、かっぱといえばキュウリですよね。でもこんなに大きなキュウリ。本当にあったら食べてみたいような、見たくないような。。。大きすぎてちょっと。でもかっぺいにとっては待ってました!って感じですよね。期待を裏切らない面白さがある、楽しい1冊でした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 分からないかも  投稿日:2024/05/29
ダットさんうみをはしる
ダットさんうみをはしる 作・絵: こもり まこと
出版社: 教育画劇
絵はとても素敵だなと思ったのですが、内容がいまいちわかりずらくて残念でした。せっかくこれだけの絵があるのに分かりずらいともったいない気がしました。誰がどの会話をしているのか、わからないままでした。ちょっと残念。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な1冊  投稿日:2024/05/29
とびだせにひきのこぐま
とびだせにひきのこぐま 作・絵: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版
春が楽しくて仕方ないこぐまたち。確かにそうかもしれませんね。子供たちも寒い冬より暖かくなり虫がいて、お花があって、という春の方が表情が違いますよね。この本を読むと母親のあるべき姿というのを考えさせられてしまいました。じっと何も言わず見守ることも大切なのかも。
参考になりました。 0人

1423件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット