話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

TOP500

えるるうちゃ

ママ・50代・千葉県、女の子22歳 男の子14歳

  • Line

えるるうちゃさんの声

335件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う クリスマスのプレゼントに!  投稿日:2014/01/30
愛蔵版 クリスマスの12日
愛蔵版 クリスマスの12日 作・絵: ロバート・サブダ
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
この手の絵本は高い事もあり、自分用に買うには躊躇します。だからこそ、とっておきのクリスマスプレゼントとして、如何でしょうか?クリスマスシーズンに、素晴らしい切り絵の飛び出す絵本のぺージが、そのままインテリアのデコレーションとして使えるんです。期間限定なので星一つマイナスしましたが、見ているだけでうっとりします。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う なめこフアン限定  投稿日:2014/01/28
世界のなめこ図鑑
世界のなめこ図鑑 出版社: KADOKAWA
11歳の娘がなめこのゲームをやり始め、なめこが大好き、はまっていたので購入してあげました。私的にはなめこのフアンではないので評価低めですが、フアンにはたまらない本だと思います。まぁ、フアンでなくても癒やされるというか、なんとなく最後までじっくり読んでしまう、不思議なキャラですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 初めての図鑑  投稿日:2014/01/27
3さいからのずかん きょうりゅう
3さいからのずかん きょうりゅう 著: 有本秀雄 林重信
出版社: ひかりのくに
3歳からの、の通り、3歳児にピッタリです。代表的な恐竜が出てきて、解説も易しくて小さい子供にも理解できるように書かれてます。この本がきっかけとなり、息子は大の恐竜フアンになりました。恐竜入門編なので、今は物足りなくなり、本物の図鑑を眺めていますが。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 恐竜好きなら、ぜひ。  投稿日:2014/01/27
恐竜大すごろく
恐竜大すごろく 作・絵: 黒川みつひろ
出版社: 小峰書店
恐竜好きの息子のお気に入り双六。これは値段が高いと思うのですかど、紙も厚めで大きいからかな。色んな恐竜の絵が描かれてます。駒を進める度に数を数える練習にもなるので、双六って古臭いけど、未就学児にはとても良いです。祖父母とも一緒に遊べるし。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カラフルでハッピー  投稿日:2014/01/27
Elmer(ぞうのエルマー)
Elmer(ぞうのエルマー) 作・絵: デビッド・マッキー
出版社: HarperCollins Publishers
日本で有名な話とは知っていながら、実は日本語版は読んだ事がありません。このカラフルな表紙からインパクト大じゃないですか?出てくる英語、英単語は中学生程度かな。ちょっと日本語訳を交えながら読んであげています。色だけでなく、絵も、そしてハッピーエンドで、何度読んでもウキウキさせられます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しいしかけ絵本  投稿日:2014/01/27
パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって! 作: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
はらぺこあおむしの作者なんですね。イメージがちがうので、あれ?っという感じを受けました…。

モニカのお願いを聞いて、月を取りに行くパパも素敵だし、見事な仕掛け、そして絵がとても美しいです。子供向けだけど、大人も魅了される絵本。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 恐竜好きにオススメの図鑑  投稿日:2014/01/27
フレーベル館の図鑑ナチュラ4 きょうりゅうとおおむかしのいきもの
フレーベル館の図鑑ナチュラ4 きょうりゅうとおおむかしのいきもの 総監修: 無藤 隆
監修: 濱田 隆士

出版社: フレーベル館
3歳の息子が恐竜にはまっていて、字はまだ読めないのですが、とても気に入っている図鑑です。最初の見開きページには好きな恐竜達が全部のってるからかな。解説は5歳位でないと、多分難しいです。恐竜の図鑑ですが、恐竜だけでなく、恐竜絶滅後に現れた哺乳類なども紹介されているのも良いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 珍しいコンセプト  投稿日:2014/01/27
まるまるまるのほん
まるまるまるのほん 作・絵: エルヴェ・テュレ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ポプラ社
単純だけど、インターアクティブでとても面白いです。まるをクリックすると、次のページで増えたり、色が変わったり、最後のページまで遊べます。3歳くらいまでの子供には絶対受けます、最初は。うちの息子は何回かやったら、次に何が来るか分かってしまい、あきてしまったようですが、珍しいコンセプトの本なので必見です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 社会で勉強する前にオススメ  投稿日:2014/01/27
はじめての日本地図絵本
はじめての日本地図絵本 作・絵: にしもとおさむ
出版社: 世界文化社
学校で日本の地理を勉強する前に是非とも読んで欲しい本です。絵もかわいいし、勉強と感じさせないで、日本の地理に興味を持ってもらい、概要だけでも頭に入ることうけあいです。少なくとも学校で習う時に、苦手意識はなくなるのでは?幼児から…と、いうことで、内容は分かりやすく書かれていますが、未就学の子供では興味を持つまではいかないような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 図鑑ではなく、物語です  投稿日:2014/01/27
図説 恐竜の時代
図説 恐竜の時代 出版社: 岩崎書店
最近、BBCの番組の再放送をテレビでみたのですが、内容は一緒でした。図書館で図鑑かと思って借りたら、恐竜達の物語。小学6年生の娘は、テレビの方は問題なかったのですが、この本を読むのは難しくて、途中で挫折。大人の私は逆にはまってしまい、読破しました。何度も読むタイプの本ではありませんが、絵も写真も時々出てくる解説などもとにかく興味深いです。
参考になりました。 0人

335件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット