アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

きみーさんの公開ページ

きみーさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県

きみーさんの声

313件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う かわいいおばけ  投稿日:2018/09/20
おばけとおやすみ
おばけとおやすみ 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
絵が可愛いなと思ったら、新井洋行先生の絵本でした。
おばけって怖いけれど、新井先生の絵だとただひたすらかわいいです。
このシリーズは読んだことがなかったのですが、おばけ達が仲良くキュートで、他のおばけシリーズも読みたくなりました。
絵本の中の猫をなでたり、揺らしたり、歌をうたったりと、絵本の中からさそわれて、自然と一緒にできてしまいます。
ねんねの絵本として、とてもよいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 家族っていいな  投稿日:2018/09/20
ちいさなエリオット ひとりじゃないよ
ちいさなエリオット ひとりじゃないよ 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
前作も読みましたが、今回の作品も、胸を打つストーリーです。
子供だけでなく、大人の心にも響く、お話です。
ひとりぼっちはさびしい。ひとりじゃないのは、あたたかい。
当たり前の家族の大切さを、ひしひしと感じました。
また、同じねずみではなくても、孫の大切なお友達を、暖かく迎え入れて家族同然と受け入れるおばあさんねずみがかっこいいです。
こんな素敵なおばあさんになりたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物の親子  投稿日:2018/09/20
どうぶつのおかあさん
どうぶつのおかあさん 作: 小森 厚
絵: 藪内 正幸

出版社: 福音館書店
動物園でよく見かける動物達の、母親と子供がえがかれています。
絵は写実的で、写真とは違った、あたたかいぬくもりを感じます。
母親と子供の姿にほっこりします。
動物によって、抱っこしていたり、一緒に走ったりと、その動物ならではの姿がそのまま書かれていて、この絵本を読んだあとに、動物園に行きたくなります。
子供に、動物園へ行く前や行った後に読むと、とても喜ばれると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う トイレトレーニング  投稿日:2018/09/20
ひとりでうんちできるかな
ひとりでうんちできるかな 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
この絵本のシリーズは子供の反応がとてもよいです。
今回、トイレトレーニングにぴったりそうな題名だったので、どんな内容か気になり、手に取りました。
題名どおり、「うんち」を頑張るお話です。
しかけをめくると、立派な「うんち」が!
ビジュアル的には、絵本でも「うんち」なので、苦手意識はあります。
「うんち」に特化しているので、おしっこの訓練には向かないかもと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カラフルな動物たち  投稿日:2018/09/20
くまさん くまさん なにみてるの?
くまさん くまさん なにみてるの? 作: ビル・マーチン
絵: エリック・カール
訳: 偕成社編集部

出版社: 偕成社
「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールさんが、絵を担当していて、でてくる動物達がカラフルに描かれています。
英語の絵本について調べていたら、この絵本のいろいろなバージョンの絵本が出版されていることをしり、有名な作品なんだと思いました。
「なにみてるの?」に対して、見ているものを答えます。
次のページに見ていた物が登場します。
金魚のページでは、日本の屋台の金魚を思い浮かべてしまって、実際の絵とのギャップに驚きました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う バスごっこ  投稿日:2018/09/20
バスなのね
バスなのね 作: 中川 ひろたか
絵: 100%ORANGE

出版社: ブロンズ新社
同じシリーズの「コップちゃん」を読んだことがあり、子供の反応がよかったので、乗り物がテーマのこの絵本を手に取りました。
ごっこ遊びだったのに、段々と本物のバスになっていくのが面白いと思いました。
また、降りるときの合図はどうするのかと思ったら・・・この手できたかと思いました。
乗り物好きの子供にはとてもよいと思います。
他のシリーズも読んでみたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 身近な植物  投稿日:2018/09/20
たねがとぶ
たねがとぶ 作: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店
科学絵本というジャンルがあることを知り、評判のよかったこの絵本を手に取りました。
科学絵本は、対象年齢が高め(4歳ぐらい)なので、まだ子供は興味がなさそうでした。
この絵本は、身近にある草花を丁寧に描いており、図鑑ではなく絵本ならではの見せ方で、大人も楽しめる内容です。
個人的に、見たことがあるけれど、名前がわかならい草も載っているので、勉強になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 記憶の中のフルーツポンチ  投稿日:2018/09/20
フルーツポンチはいできあがり
フルーツポンチはいできあがり 作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子

出版社: ポプラ社
絵本のお菓子で、実際に作れる物は何があるか調べていた時に、ふいに思い出しました。
子供の頃、家にあり何度も読んだ本です。
この本で、フルーツポンチの存在を知りました。
大人になり、再度読んでみると、このようなストーリーだったんだなと懐かしくなりました。
カラーの挿絵の4つのフルーツポンチは、記憶どおりで、幼心に印象深かったんだなと思いました。
他にもたくさんシリーズがあるので、子供が大きくなったら、読みたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 地球誕生から人類まで  投稿日:2018/09/16
せいめいのれきし 改訂版
せいめいのれきし 改訂版 文・絵: バージニア・リー・バートン
訳: いしい ももこ
監修: まなべ まこと

出版社: 岩波書店
とある雑誌で、紹介されていたので、気になっていました。
改訂版があると知り、手に取りました。
生命の歴史を簡単に1冊にまとめています。
1冊にまとめているといっても、ページ数も多く、文書も長いです。
漢字にルビがふってありますが、内容を理解するのは、個人的に小学校中学年くらいではと思いました。
長い生命の歴史の中で、人類はまだ生まれたばかりですが、人類のページが割合的に多いような気がします。
人類の歴史ではなく、ある土地での生活を書いているので、人類史ではありません。
恐竜とかに興味がある子供には、とてもよいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 形がかわる  投稿日:2018/09/16
まり
まり 文: 谷川 俊太郎
絵: 広瀬 弦

出版社: クレヨンハウス
谷川俊太郎先生の作品だったので、手に取りました。
いろいろな挿絵の先生とタッグを組むので、その絵本絵本で、絵も楽しんでいます。
ボールをまりと表現していて、可愛いと思いました。
ころころころがったり、打たれて形が変わったりとユーモアたっぷりです。
子供も喜んで聞いてくれました。
頭を空っぽにして、音を楽しんだりしてリラックスして読めます。
参考になりました。 0人

313件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット