猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

きみーさんの公開ページ

きみーさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県

きみーさんの声

150件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う なかない  掲載日:2018/4/19
ジロがなく
ジロがなく 作・絵: 山下 ケンジ
出版社: 講談社
はじめてみた印象は、なんと味のある絵なんだろうと思いました。
いじめられていたジロは、だんだん強くなっていき、仲間が増えていきます。
群れとなってボスになります。
最初の友達がなくなった時も、常にジロはなきません。
マダラの子犬が撃たれそうになったときに、初めてなきました。
なぜなかないか、理由がわかりましたが、仲間を守るためにないたジロがすばらしいと思いました。
最後、群れをはなれたジロにマダラの子犬がついていくシーンがなんともいえないです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まめうしくんの一日  掲載日:2018/4/19
まめうし
まめうし 作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所
小さいことを楽しむ、まめうしくん。
ねずみにのったり、葉っぱで川をくだったりと、毎日大冒険。
皆のおかげで楽しくすごしています。
逆に、小さいことを利用して、背中をかいたり、探し物をしたりと・・・
皆がお互いを思いやっていて、とてもほっこりします。
たとえ小さくても発想の転換で、小さいっていいなと思わせてくる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うたがある  掲載日:2018/4/19
みんな みんな いない いない ばあ
みんな みんな いない いない ばあ 文: 今村 葦子
絵: 斎藤 隆夫

出版社: あすなろ書房
定番の「いないいないばあ」絵本。
登場する動物達がばあの時に、何かしら手に持っているのが、印象に残りました。
絵本の内容が歌えるのは素晴らしいことです。
ただ、恥ずかしながら私は楽譜が読めないので、読めない人向けのフォロー(出版社に紹介動画を掲載など)が欲しいです。
子供へは、正しい旋律で歌ってあげたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う コップに興味を  掲載日:2018/4/17
コップちゃん
コップちゃん 作: 中川 ひろたか
絵: 100%ORANGE

出版社: ブロンズ新社
中川ひろたかさんの他の作品が、とてもよかったうえに、子供にコップへ興味を持って欲しくて、読んでみました。
シンプルな絵が、キュートです。
コップの「いないいないばあ」のシーンで、子供も大喜び。
ジュースをそそぐ音にも、興味深々の様子。
でも、コップへの興味を持つもはまだ先になりそうです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 服、きれるかな  掲載日:2018/4/16
おててがでたよ
おててがでたよ 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
林明子さんの他の絵本がとてもよかったので、手に取りました。
この絵本は、服を着る過程が、かわいく丁寧にかかれています。
子供もこんな風にお着替えするようになるのかなと思いながら、子供に読んでみましたが、反応はイマイチ。
自分でお着替えする意欲がわく頃に、もう一度読んであげるととてもよいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うたえほん、3巻め  掲載日:2018/4/16
うたえほん 3
うたえほん 3 作・絵: つちだ よしはる
出版社: グランまま社
うたえほんの1、2冊目がとてもよかったので、手に取りました。
個人的に、3巻目の収録曲は、なじみのない曲が多い印象です。
曲も1冊目に比べると、ちょっと長く、ちょっと難しいかなと思いました。
外国の子守唄があって、歌は日本語訳ですが、原曲を聞いてみたいです。
歌について勉強が必要だなと感じました。
やはり、収録曲のCDが欲しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろいろな動物たち  掲載日:2018/4/16
ママだいすき
ママだいすき 作: まど・みちお
絵: ましま せつこ

出版社: こぐま社
表紙を見て、ぞうさんのお話かな?と思っていましたが、違います。
いろいろな動物たちの、いろいろな行動がかかれています。
子供には、定番のいないいないばあのシーンがうけました。
いろいろな動物を知るのに、とてもよいです。
また、動物の親子の姿にとても癒されます。
パパの登場がないので、パパもだしてあげるともっとよかったと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おおきいくまさんのぎゅう  掲載日:2018/4/16
ぎゅう ぎゅう ぎゅう
ぎゅう ぎゅう ぎゅう 文: おーなり 由子
絵: はた こうしろう

出版社: 講談社
スキンシップの絵本です。
おててやおなか、おふとんなどに「ぎゅう」としていきます。
読みながら、子供にぎゅうとしていたのですが・・・
個人的に、大きいくまさんのぎゅうに注目。
お店でしか見たことのない大きいくまのぬいぐるみの「ぎゅう」がうらやましいです。
おおきいくまさんどころか、おおきいぬいぐるみもないので、ママぎゅうでごまかしました。
この絵本にはパパも登場します。
親子のぎゅうがとてもいいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すべてをみていた小鳥さん  掲載日:2018/4/16
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
絵がとてもかわいく、有名な作品なので、読んでみました。
表紙のうさぎさんが主役ではありませんが、お話の中心であるどうぞのいすをつくったのがうさぎさんです。
次に、どうぞのいすを最初にみたロバさんが主役?っとおもったのですが・・・
最初、どこかのページで小鳥さんがいるのに気が付きました。
2、3回、読んでいるうちに、違うページにも小鳥さんがいることに気づきました。
注意して小鳥さんを探しながら読みましたが、常に小鳥さんがいます。
すべてをみていた小鳥さん。裏の主人公だなぁと思ってしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あたたかいお話  掲載日:2018/4/12
ぼくのしろくま
ぼくのしろくま 作: さえぐさ ひろこ
絵: 西巻 茅子

出版社: アリス館
題名から、どんなお話か想像つきませんでした。
しろくまが、こういう理由で欲しいという男の子。
その話を聞いて、女の子は現実的に質問します。
ある日、女の子は子猫を拾ってきて、押し付けます。
でも、押し付けだけではなく男の子のしろくまへの思いを、どうにかしたかったのかなと思いました。
子猫を飼うことで、実際男の子は成長していきます。あたたかいお話です。
参考になりました。 0人

150件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット