どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

こしだ ミカ

こしだ ミカ

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

14件見つかりました

表示

ナマコ天国

ナマコ天国

作:本川達雄  絵:こしだ ミカ  出版社:偕成社  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2019年05月21日  ISBN:9784034372708
  ためしよみ
いつか、太陽の船

いつか、太陽の船

作:村中 李衣  絵:こしだ ミカ  出版社:新日本出版社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2019年03月  ISBN:9784406063371
ひげじまん

ひげじまん

作:こしだ ミカ  出版社:小学館  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2017年10月02日  ISBN:9784097267447
  ためしよみ  全ページためしよみ
ドンのくち

ドンのくち

作:こしだ ミカ  出版社:佼成出版社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2016年01月15日  ISBN:9784333027248
  ためしよみ  全ページためしよみ
宮沢賢治の絵本 カイロ団長

宮沢賢治の絵本 カイロ団長

作:宮沢 賢治  絵:こしだ ミカ  出版社:三起商行(ミキハウス)  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2015年10月  ISBN:9784895881340
でんきのビリビリ

でんきのビリビリ

作・絵:こしだ ミカ  出版社:そうえん社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2015年07月  ISBN:9784882645580
ねぬ

ねぬ

作:こしだ ミカ  出版社:架空社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2014年01月  ISBN:9784877521615
有松の庄九郎

有松の庄九郎

作:中川なをみ  絵:こしだ ミカ  出版社:新日本出版社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2012年11月29日  ISBN:9784406056519
天游−蘭学の架け橋となった男−

天游−蘭学の架け橋となった男−

著:中川なをみ  画:こしだ ミカ  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2011年11月  ISBN:9784774320106
  ためしよみ
いたちのてがみ

いたちのてがみ

作・絵:こしだ ミカ  出版社:福音館書店  本体価格:¥390+税  
発行日:2010年11月
くもの もいち

くもの もいち

作・絵:こしだ ミカ  出版社:福音館書店  本体価格:¥362+税  
発行日:2008年09月
ほなまた

ほなまた

作・絵:こしだ ミカ  出版社:農山漁村文化協会(農文協)  本体価格:¥1,333+税  
発行日:2008年03月  ISBN:9784540072529
太陽とかわず

太陽とかわず

文:小川 未明  絵:こしだ ミカ  出版社:架空社  
発行日:2006年11月  ISBN:9784877521424
アリのさんぽ

アリのさんぽ

作・絵:こしだ ミカ  出版社:架空社  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2005年01月  ISBN:9784877521363

14件見つかりました

こしだ ミカさんの作品のみんなの声

  • 最初はあまり面白くないかな?と思って手に取りました。 でも、これが面白い! 「ナマコ天国」のタイトル通りナマコのことばかりの絵本です。 かなり詳しく説明されています。絵本と言うより、ナマコ図鑑と・・・続きを読む

  • ビリビリ

    「ビリビリ」って言う言葉がピッタリでちょっと触ったら怖いなあと言うイメージがあるから、電気に触らないでいいのかなあと思いました。2歳4ヶ月の孫は、テレビを壊してしまったから、当分この「ビリビリ」は、効・・・続きを読む

  • 犬はそうだね

    全ページ試し読みで読ませていただきました。 食べるのが遅い私は、一瞬で食べることができる犬のドンに興味を持ちます。どうしてそんなに早く食べれるのか。ドンを観察し、真似もしてみます。結局、早く食べられ・・・続きを読む

  • 電気の基本の基本

    電気についての基本の基本について描かれています。 いろいろな電化製品があって、電気が通っていると動いて・・・というのが分かり、就学前位の子だと面白く読めるのではないかと思います。 表現はかなり抽象・・・続きを読む

  • 迫力ある

    絵が迫力がありとても豪快です。表紙からインパクト抜群。 物語も楽しい。なんども吹っ飛ばされるナマズさんがおかしくて子供にも好評です。 なかなか失礼だけど、自分大好きなナマズのキャラクターも個人的に・・・続きを読む


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット