話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
話題
2歳 シールであそぼう 〜どうぶつ・おみせやさん・ひらがな・ちえ〜

2歳 シールであそぼう 〜どうぶつ・おみせやさん・ひらがな・ちえ〜(学研)

おうち時間もお出かけも、この1冊で楽しく過ごせる!ハンディサイズのワークブックです!

  • 学べる
  • 役立つ
松野 正子(まつのまさこ)

松野 正子(まつのまさこ)

1935-2011 早稲田大学でコック文学を専攻。のちコロンビア大学大学院図書館学科に留学、児童図書とのかかわりをもち、創作活動に入る。主な作品に『思い出のマーニー』『時の旅人』『ギルガメシュ三部作』(いずれも岩波書店)、『ふしぎなたけのこ』(福音館書店)、『りょうちゃんとさとちゃんのおはなし』(大日本図書)などがある。

お気に入りの作家に追加する

松野 正子さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

54件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

  • なきたろう
  • にわとり城
  • ちゃいろいつつみ紙のはなし
  • 特装版 思い出のマーニー
  • まっててね
  • よくきたね
  • あるくのがきらいな王さまのはなし
  • こうさぎけんたのへんそう
  • ヒヨドリのピピのおはなし
  • 岩波少年文庫 118 モファット博物館
  • かみなりのちびた
  • 岩波少年文庫 思い出のマーニー  上
  • 岩波少年文庫 思い出のマーニー  下
  • しあわせを もってきた シャベル
  • こうさぎけんたのたからさがし
  • 岩波少年文庫 531 時の旅人
  • 岩波少年文庫 511 農場にくらして
  • くつなおしの店
  • すえっこメリーメリー
  • うさぎうさぎ なにたべてるの
  • ビリーはもうすぐ1ねんせい
  • かんすけさんとふしぎな自転車
  • ギルガメシュ王ものがたり  全3冊セット
  • ギルガメシュ王 さいごの旅
  • となかいはなぜサンタのそりをひく?
  • ギルガメシュ王のたたかい
  • こぎつねキッコ あめふりのまき
  • ギルガメシュ王ものがたり
  • おちちをくっくっ
  • まめっこまめことおじいさん
  • ゴリラが1ぴき
  • かさ
  • おしょうがつ
  • がらくたひめ
  • こわがりのはしごしゃ
  • 紙芝居 こぎつねコンとこだぬきポン
  • こぎつねキッコ うんどうかいのまき
  • こぎつねキッコ えんそくのまき
  • いばりんぼうのカラス
  • フォア文庫 こぎつねコンとこだぬきポン
  • たつくんのおみせばん
  • たつくんの たんじょうび
  • 森のうそくいどり
  • こぎつねキッコ
  • りんご
  • 紙芝居 おばけとやっちゃん
  • 町にきたドラゴンたち
  • こぎつねコンとこだぬきポン
  • なきたろう
  • こうさぎのクリスマス

54件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

松野正子さんの作品のみんなの声

  • ぐんぐん伸びてく!

    公文の教材にも載っているおすすめ教材。やまのおくの、おくのむらの、むかしむかしのお話です。最終的にはたけのこがある村には海がなく、たけのこができた先の湖を池と勘違いしてしまいます。なめてみてびっくり、・・・続きを読む

  • しあわせを掴んだトム

    シャベルがしあわせを運んできたわけではないですよね。 シャベルは掘る道具、シャベルの使い道はトムが決めるもの、シャベルを売って楽をしようと思ったお兄さんたちは、出発点から間違っています。 シャベル・・・続きを読む

  • 赤だけじゃないりんご

    絵本に出てくるりんごは赤が殆どですが、確かに赤だけじゃないもんね、と気づかされました。 知らない間に子供たちは、りんご=赤と思い込んでいたようで、黄色いりんごを見て、梨!と言っていました。黄色いりん・・・続きを読む

  • おしゃれな絵本

    大好きなアリソン.アトリーさんの作品に、殿内真帆さんの絵。 赤地に白い雪の結晶が散りばめられた見返し。頁をめくると、このおはなしの主人公、ちゃいろいつつみ紙か現れます。新聞屋さんの絵には新聞がコラー・・・続きを読む

  • 迫力のある絵本

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    ある男の子が家の裏山へたけのこを採りに行ったら、突然ぐんぐん伸びるたけのこに、体を持って行かれてしまいます。竹の子の成長が、縦に横に、斜めに力強く描かれています。 山奥の村のご馳走には魚も昆布もない。・・・続きを読む


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット