新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
どっちがへん?

どっちがへん?

  • 絵本
作・絵: 岩井 俊雄
出版社: 紀伊国屋書店

税込価格: ¥990

「どっちがへん?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784314010061

14×13cm

関連
「どっちがへん? スペシャル」

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いわいとしおさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

【おかしなところ みつけよう!】
どっちがへん♪どっちがへん♪と軽快に歌いながら、
2枚の絵をピッと見せて、子どもにどっちがへんか聞いてみます。

ベストレビュー

実生活から生まれた遊び絵本

「6歳の子に読んだ感想」としましたが、
11歳〜6歳までの3人の娘たちと楽しみました。

作者である岩井さんご自身が一人娘のロカちゃんと出かけた時に
退屈して不機嫌になったロカちゃんをあやすために思いついたのが、
この【どっちがへん?】だったのだそうです。

たとえば、次のような感じ。
左のページでは、歯磨き粉のチューブから歯磨き粉が出ていて
右のページでは、歯磨き粉のチューブからヘビが出ています。(笑)

これを、リズミカルにどっちが変か、尋ねるのです。
「どっちが変? どっちが変? どっちがどっちが変♪」という風に。
(中表紙に『どっちがへん?』の遊び方が載っています。)

正しい読み方は、1ページずつ順にページをめくるのではなくて
パッと開いたページを楽しむようです。
娘たちと楽しんでいるうちに「オリジナル版が作りたいね〜♪」と話しています。
『いわいさんちの どっちが?絵本』シリーズは3冊あります。
『どっちがへん?』『どっちがどっち?』『どっちがピンチ?』で
各(税込)525円とお財布にも優しいのが嬉しいです。

約13cm四方のハンディサイズの絵本なので
小さなお子さんを連れてお出かけする時に活躍してくれること、
間違いなしですよ♪
私の所属する読み聞かせの会でも各学年で大人気なのですが、
サイズが小さいので、児童の皆さんがかなり本に近づいて見にくそうです。
この作品の大型版の発行を、少なからぬ人が心待ちにしていますよ♪
(YUKKOさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子9歳、女の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
2,970円
1,320円
990円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,640円
880円
880円
880円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

どっちがへん?

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら