新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

つなのうえのミレット

つなのうえのミレット

  • 絵本
作・絵: エミリー・アーノルド・マッカリー
訳: 津森 優子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年03月28日
ISBN: 9784799900208

出版社のおすすめ年齢:6歳〜
28.3×22.1cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

続きを読む
つなのうえのミレット

出版社からの紹介

19世紀のパリ。旅芸人のベリーニが綱渡りするのを見た少女ミレットは、自分にも教えてほしいとベリーニに頼む。最初は、渋っていたベリーニだが、ミレットの情熱に負けて教えることになり、いつか二人の間には友情が芽生える…。

ベストレビュー

綱の上。新生と、再生と、絆の物語

 百年ほど前のパリの街、そこでの出会いと絆の物語。

 ミレットは、パリで一番の宿の娘。世界中からやってくる旅芸人がゆっくり寛げるよう、一生懸命に働きます。 ある日、この宿に沈んだ様子の男の人がやってきて滞在します。引退した綱渡り師と名乗ったその人は、中庭で綱渡りをしていました。その様子を見ていたミレットは足がむずむず・・・。自分も綱を渡りたくてたまらず、練習を繰り返し、教えを乞い、綱の上で宙返りができるまでになりました。

 男の人は「神業のべリーニ」と呼ばれたすごい綱渡り師でしたが、一度、綱の上で恐怖心を持って以来、ショーを行うことができないでいたのです。しかし、ミレットの期待に応えるために意を決したべリーニは・・・。そして、恐怖心をなんとか乗り越えようとしているべリーニの姿をみたミレットは、自分も綱の上におどり出ます。

 年の差や経験値を越えて、同士としての絆を感じるこの二人の綱渡りの場面では胸が一杯になりました。満天の星空の下、綱の上にいる二人の喜びと真剣さ。見ているものにとっても息詰まる時間です。この二人の綱渡りが成功したかどうか、その先どうなったかは、最終頁に描かれたポスターがすべて物語っています!

 1993年度コルデコット賞、1992年度ニューヨークタイムズ・ベストイラスト賞、受賞作品。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
1,650円
990円
1,100円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,850円
3,300円
385円
385円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

つなのうえのミレット

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら