べるがなる べるがなる べるがなるの試し読みができます!
さく・え: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
NHK「おかあさんといっしょ」のエンディングテーマが絵本になりました!

こりこりこさんの公開ページ

こりこりこさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子5歳 女の子2歳

チェック済

公開

こりこりこさんの声

278件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大切なテーマをほっこりあたたかく  掲載日:2018/4/19
おさるのかわ
おさるのかわ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
おさるシリーズ大好きです。
今回は、ただ楽しい!ほのぼの!だけでなく、
川のながれのはじまりとおわりをたどることで
川の始まりは岩間と、川の終わりは海と繋がっている
こと、おわりと始まりはおなじであること、
川の流れはおさるたちの一生とも共通している部分が
あるということ、なかなか深いテーマを
取り扱っているな!という印象です。
5歳の息子は、あれ、おじいちゃんのおじいちゃんは
どうしちゃったの?と不安そうな表情を見せたり、
なんとなくおさるの一生と人間の一生とを重ねたのか
いつもよりものすごく静かに聞いていましたが、
途中でクスッと笑ってしまう挿し絵が
挟んであったり、いつものおじいちゃんとおさるの
微笑ましいシーンに戻ったりするところに助けられ
ました。まだまだこの内容は早かったかな?とも
思いましたが、表現の仕方はとても素敵だとも
思いました。息子がどこまで理解して、どんな想像を
膨らませたのかはわかり得ないところもありますが
これからも長く読み聞かせてあげたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ペネロペとふたごちゃんのやりとりがほほえましい  掲載日:2018/4/19
ペネロペとおむつのふたごちゃん
ペネロペとおむつのふたごちゃん 文: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
もうすぐ3歳になる、少しづつトイレの練習を
はじめている娘にメインで読みました。
もともとペネロペはよく読むシリーズですが、
ちっちゃなふたごちゃんがでてきたのがツボだった
ようで、シリーズの中でもお気に入りの話になった
ようです。
パンツのよさを伝えようとするペネロペお姉ちゃんと
オムツのままでいいもん!と反論する
ふたごちゃんたちのやりとりが、ほほえましくて
楽しくて。ふたごちゃんたちおむつをするくらい
小さいのに、馬に乗ってたり、二人だけで
シーソー乗ってたりと、5歳の息子はそこが
楽しかったようで、絵に突っ込んで笑ってます。
ペネロペたちのやりとりだけでおわらずに
最後はママが3人を優しく包み込んでくれるところも
大好きです。楽しいだけで終わらずに、
子供達に受け止めてほしいメッセージがたくさん
つまってる素敵な絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アニメ映画を見ているようです  掲載日:2018/4/10
ほねほねザウルス5
ほねほねザウルス5 作・絵: ぐるーぷ・アンモナイツ
監修・原案: カバヤ食品株式会社

出版社: 岩崎書店
今回は、いつもの冒険に加え、
善悪がはっきりしていたり、
子供を守ろうとする親の姿があったり
小さな命の勇気があったり、
戦うときの作戦も子供にわかりやすくて、
見所がいっぱい、子供もワクワクしながら
いろんなことを感じて読んでいるようです。

シリーズで出ている本ですが、前作を
知らなくてもついていける内容だし、
フェニックスがでてきたりと、
恐竜好きな子供でなくても、楽しく
読めると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こちょこちょ親子で遊び出してしまいます  掲載日:2018/4/10
ノンタンこちょこちょこちょ
ノンタンこちょこちょこちょ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンは2歳の娘が大好きにメインで
読み聞かせしてますが、5歳の兄も未だに
大好きで、一緒に聞きにくるので、
本当に長く使えるシリーズだと思います。
ねこじゃらしを使って、いつものみんなに
こちょこちょのイタズラをするノンタン。
読みながら、親子同士でのコチョコチョが
はじまるのが定番です。
最後の『ぶたさんこちょこちょぶたじゃらし』
と順番にみんなの名前を言っていくところで
子供の名前も加えて読むと、毎回のことなのに
大喜びして聞いてくれます。
外でのシーンがメインのお話で、いつもとは
ちょっとちがう虫さんが載っているところも
子供達はお気に入りのようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な絵本に出会えました!  掲載日:2018/2/26
おへんじください。
おへんじください。 作: 山脇 恭
絵: 小田桐 昭

出版社: 偕成社
相手のことを思いながらおてがみをかくこと
おへんじが届くまでのワクワクそわそわした気持ち
おへんじが届いたあとのうれしさ
また、すぐにおへんじを書きたくなってしまう
おてがみの魅力。
手紙のやりとりをしたことがある子なら
誰でも共感できそうな、気持ちの高まりを
ねこちゃんたちのいとおしい会話や行動で
伝えてくれます。
おてがみを書いたことがない子供も
おてがみってなんか楽しそう!かいてみたい!
って思うきっかけになりそうです。
息子も、返事がすぐに届かない姿に、そんなに早くは
無理だよー!と笑ったり、
たわいもない文章のやりとりに、笑いながらも
わかるわかる、といったような表情。
すごく幸せそうな顔で聞いてくれるので、
こちらも幸せな気持ちで読ませてもらってます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 明るい!前向き!  掲載日:2018/2/18
こまったときのねこおどり
こまったときのねこおどり 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
昔話にありそうな展開のおはなしが、ポップに
描かれています。なにをやってもうまくいかない
主人公のネコちゃん。ネズミさんにもやっぱり
騙されてしまうけど、それがきっかけで
思わぬ才能に目覚め、、、?!
自分にもまだ気づいていない得意なことがあるのかな、
それにいつで会えるのかはだれにもわからない!
という、前向きな気持ちを、絵本を楽しみながら
感じられる本なのではないのかと思います。
ネズミの捉え方など、かわいらしいタッチでなかなか
ブラックなイラストが描いてあるところも
子供はビックリしながらも、笑っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 寝る前の本の定番になりそう  掲載日:2018/1/10
ほねほねザウルス(17) はっけん!かいていおうこくホネランティス
ほねほねザウルス(17) はっけん!かいていおうこくホネランティス 作・絵: ぐるーぷ・アンモナイツ
原案・監修: カバヤ食品株式会社

出版社: 岩崎書店
児童書とマンガが合わさったような本。
文体も、物語の本に比べると砕けています。
5歳の息子は、恐竜好きなので、題材に
惹き付けられ、最後までワクワクしながら
じーっと聞いてます。大人は読み聞かせを
しにくいと思いますが、世界に入り込んでいる
子供にとっては、違和感はないようです。
深海のほねほね生物もでてきたり、
古代生物をモチーフにした潜水艦がでてきたりと
夢中になるポイントがいっぱいで、
このシリーズが大好きになったようです!
話の途中に『詳しい話はシリーズ◯巻に載ってるよ!』などとかいてあるので、次に読みたい本も
決まったみたいです(笑)
最近は寝る前に読んでほしいと持ってくることが
増え、話の途中で寝ることもあります。
きっと楽しいほねほねの夢を見ているのでしょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろーい!  掲載日:2018/1/10
すてきなバスケット
すてきなバスケット 作: 小沢正
絵: 佐々木 マキ

出版社: 福音館書店
佐々木マキさん×ぶたの組み合わせの本は
これまでも読んだことがあるからか、
きっとユーモアたっぷりな話なんだろうと
期待いっぱいの目をして、聞いていた息子。
話が進む前から既に笑っていて、
『次はこうじゃない?』
『えー!?』と大きな声をあげながら
親子で盛り上がりました。
おもしろくって想像力が広がりそうで、
先読みして展開が読めたと思ったら、
予想しなかった結末が待っていて。
こんなバスケットがほんとにあったら
とっても楽しい!自分だったら何を出そうかな。
やっぱり自分だけのものにしたくなっちゃうよね。
そして、当然、そんなにうまい話はころがって
なかった!!
起承転結がはっきりしていて、
話のテンポもとてもよくて、一冊のお話のなかで、
たくさん楽しませてくれます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵の隅々までイキイキしていて魅力的  掲載日:2018/1/6
コウモリとしょかんへいく
コウモリとしょかんへいく 作・絵: ブライアン・リーズ
訳: 西郷容子

出版社: 徳間書店
コウモリが主役の本という珍しさに惹かれました。
夜の図書館に入ってきて、本を楽しむコウモリたちの
姿がイキイキと描かれています。
物語の世界に入り込む姿はファンタジーに溢れていて
コピー機で遊んだり、本を逆さまに読む姿は
ユーモラスで、コウモリも大きさが違ったり
種類も違うような子もいて、絵を見るだけでも
かなり楽しめます。
コウモリにとって、楽しいことや遊び方が
人間のそれと似てかかれているところも
おもしろくて笑ってしまいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やっぱり楽しい♪  掲載日:2018/1/6
おさるがおよぐ
おさるがおよぐ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
幼年童話にすこしづつ触れさせてますが、
なかなか絵本からのシフトがうまくいかず。
息子はユーモア本が大好きなので、
急に物語っぽくなるとおもしろさが半減するし
好きそうなテーマの物語だと急に
対象年齢があがって、理解できなかったり。
ユーモア優先にするとマンガっぽいものに
なってしまうし。
そんななかでの『おさる』シリーズは
絵本以上に文字が大きくて文字数も少なく
ゆるーい絵が各ページにかかれていて
ユーモアもたっぷり。息子は毎回大ウケ。
一度見出したら、2回りは読み返してます。
他のシリーズにも似ているシーンやフレーズが
でてくるから、それを比較するのも楽しいようです。
絵本と童話の間に挟んで読むのに
ちょうどよく、重宝してます。
参考になりました。 0人

278件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット