新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

しまりすさん

じいじ・ばあば・60代・福岡県

  • Line

しまりすさんさんの声

66件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい しわをのばしたら・・・  投稿日:2017/11/18
トンダばあさん
トンダばあさん 作・絵: 北村 裕花
出版社: 小さい書房
わかります!しわを伸ばしたいおばあさんの気持ちが。私だって、伸ばしたーい!気持ちは若い頃と変わらないのに、いつの間にかしわが多くなったこと、体力の衰えを痛感しています。しわを伸ばすとこんな風になるとは、知りませんでした。どこにでも飛んで行けるのですね。それも楽しいけど少し困るかもしれませんね。でも、年だからと言って家に籠ってていたら、ますます心のしわが増えますね。顔のしわは無理でも、心のしわは、いつだってその気になれば伸ばせます。私も、心のしわを伸ばして、飛んでみます!おばあちゃん世代にぜひ読んで欲しい絵本です!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こんなおふろ屋さんに行きたい  投稿日:2017/11/12
おふろでなんでやねん
おふろでなんでやねん 文: 鈴木 翼
絵: あおき ひろえ

出版社: 世界文化社
「なんでやねん」とつっこみを入れるより、「こんなおふろやさんに行きたーい!」と大爆笑しながら読みました。おふろ屋の扉を開けたらハワイなんて最高だし、シャワーからラーメンが出てきて、食べながらお風呂に入れるなんて、すごい!楽しそうです。私は子供時代、家族と家の近くのお風呂屋さんに行っていました。広い浴槽気持ち良かったな。そうそう、お風呂上がりのフルーツ牛乳美味しかった。家族と過ごした子供時代を思い出しました。今、お風呂屋さんを知らない子供も多いのではないでしょうか?ぜひ、連れて行って欲しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わくわくしてきた  投稿日:2017/11/12
メリー メリー クリスマス!
メリー メリー クリスマス! 作: 岡村 志満子
出版社: くもん出版
この絵本を読んでいると、大人の私でもわくわくして来ます。自分が子供の頃のクリスマスのこと、母親になって娘たちと過ごしたクリスマスのことを懐かしく思い出しました。「クリスマスおたすけたい」って、良いですね。この日は、大人もサンタさんもてんてこ舞いです。ぜひ、我が家にも来て欲しかったな。たくさんのサンタさんを一人ずつ見るのも楽しかったです。今年のクリスマスは、じいじとばあばだけですが、飾り付けして、ケーキを準備して、サンタさんに来てもらおうと思いました。気持ちが暖かくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しめました。  投稿日:2017/11/09
とびだせ! ちんあなご! ゆうえんちはおおさわぎ
とびだせ! ちんあなご! ゆうえんちはおおさわぎ 作: ウタトエスタジオ
出版社: マイクロマガジン社
「ちんあなごって何?」と思い、調べてみると「あっ、水族館で見たことある!」他にも色々な魚が出てくるので、全部調べたくなりました。魚図鑑で調べながら絵本を読みたかったです。1ページずつじっくりと絵を見ながら読み進むので、寒い日にこたつに入って読みたい絵本だなと思いました。これからの季節にはぴったりですね。クリスマスプレゼントにも良いかもしれませんね。孫と一緒にゆっくりおしゃべりしながら読みたいと思いました。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う こんな仏様初めてです  投稿日:2017/11/08
だいぶつさまのうんどうかい
だいぶつさまのうんどうかい 文: 苅田 澄子
絵: 中川 学

出版社: アリス館
こんな仏様初めて、見ました。仏様が運動会をするなんて、びっくりしました。仏様も勝ちたいのでしょうか?でも、最後は、大仏様のピラミッドで仏様たち大満足なので、本当は勝敗は関係ないのでしょうね。さすが、仏様!今の子供たちは、仏様に接する機会も少ないので、身近に感じることが出来て良いと思います、仏様たちがこんなにたくさんいらっしゃることも、自然に知ることができますね。色使いも綺麗で、絵もゆっくり見ながら読みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 忘れていた宝物  投稿日:2017/11/08
おうさまの たからもの
おうさまの たからもの 絵・文: 糟谷 奈美
出版社: 至光社
この絵本を読むまで、忘れていました。私の宝物の事を。日々の生活の中で、時間がなく、自分に余裕がなくなると、つい忘れてしまいます。
毎日の家事をしても、誰からも感謝されず当たり前と思われると、宝物を忘れて、箱の中が空っぽになります。私の箱の中にも、宝物があった事を思い出させてくれました。97歳の父が元気な時に、この絵本を読んでいたら、私が持っていた宝物を思い出して、もっと優しくできたのにと思いました。素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う りきみすぎ  投稿日:2017/11/04
ホームランを打ったことのない君に
ホームランを打ったことのない君に 作: 長谷川 集平
出版社: 理論社
 野球には全く縁のない私ですが、共感する部分が多い絵本です。野球に限らずここぞという時に、りきみ過ぎ空振りすることは、日常でも多いものです。変に力が入ってしまうのです。自然にすれば上手くいくのに、失敗します。あれこれ考え失敗します。いざという時、力を抜き自然体でいる事は、とても難しいと思います。そのためには地道な努力が必要なのですね。力を入れるより、力を抜くことの方が難しいことを思い出させてくれた絵本でした。私もスポーツをしたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夏の野菜がいっぱい  投稿日:2017/08/25
ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 作: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
 ばけたくんと ぽんたくんが、化けるのは、おいしそうな夏の野菜。次々に出てきます。この本を読んだ子供たちは、ばけたくんのように、化けられるかもと思って絵本に出てきた野菜たちを食べたくなるのではないでしょうか?ご飯の時間が楽しくなりそうですね。
 化ける時の呪文もリズミカルでとても楽しいです。ばけたくんのお友達(?)の小さなお化けくんの表情が、読んでいる子どもたちにとって、わかりやすく良かったです。
 今日の夕飯の時、なんだか呪文を言ってみたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たくさんの「シンデレラ」のお話ができそう  投稿日:2017/08/20
シンデレラが語るシンデレラ
シンデレラが語るシンデレラ 絵: 柴田 ケイコ
文: クゲユウジ

出版社: 高陵社書店
 一人称に変えただけで、色々な事を想像しながら、お話が読めるという事に驚きました。「なぜ、お父さんは再婚したのか」「継母は、二人の娘を連れてお父さんと、なぜ再婚したのか?」「シンデレラは本当に継母たちと、仲良くしたかったのか?」色々な疑問を考えながら読みました。今までは、あまり考えなかったことです。最後の「あなただったら。」の問いかけが面白かったです。子供たちの答えを聞いてみたいです。物語は、読んだ人の数だけ存在すると思います。一人ずつの受け止め方が違うのですから。それを思い出させてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 出てくる出てくる!  投稿日:2017/08/15
おべんとうばこの なかから
おべんとうばこの なかから 文: 中川 ひろたか
絵: 岡田 よしたか

出版社: 世界文化社
 お弁当箱の中から、次々に食べ物たちが飛び出してきます。それも、しりとりになってです。次は、何が出てくるのか、しりとりを考えながら、ページをめくると楽しいですね。好きな物、嫌いな物、どんどん出てきます。こんな風にお弁当箱から、嫌いなものでも、飛び出してきたら、思わず食べてしまいそうです。きつねくんが、横で一緒になって、動いているのもとても可愛いです。子供たちも、きっと、真似するでしょうね。楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

66件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット